1

 阪神OBの掛布雅之氏が22日放送のNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜、前8・00)第61話に登場。ネット上は「掛布」がトレンドワード入りし、世の虎党たちを熱くさせた。

 掛布氏は、冒頭部分で登場。大阪タイガースの球団幹部・掛田寅男役で、法被をまとい、主人公・古山裕一(窪田正孝)と「六甲おろし」を熱唱するシーンが描かれた。オープニングでのクレジットにも「掛布雅之」と表示され、世の虎党たちを熱くさせた。

 ネット上では「まさか掛布さん本人が登場するとは!!なんという大サービス!」「あの一瞬だけの出演で、ちゃんと役名がついてるって、さすが掛布さん」「存在感あるオッチャンやなあと思ってたら掛布さんだった」「掛布さんがいたの、まったく気づかなかった、溶け込みすぎて」などと興奮のコメントが相次いだ。

 また、阪神は開幕3連敗を喫しあいにくのスタートとなってしまったが、「開幕から勝利無しのタイガース、掛布さんからのエールもらいました」「明日からのヤクルト戦は3タテ頼むで!」と、元気づけられたファンも多かったようだ。

 登場シーンは1分にも満たなかったが、インパクトは十分だった。




六甲おろしーー!と思ったらさらに掛布ーーーー!🤣🤣 https://t.co/VQZSDZaur0



トレンドに 掛布さん ってあるから何かと思ったらwww 六甲おろしは古関裕而作曲だったな



開幕早々読売に3タテをくらってうちひしがれるタイガースファンへのエールですよ(笑) <エール>掛布雅之氏、“大阪タイガース”球団幹部役で出演!六甲おろし熱唱で「掛布さん」トレンド入り(ザテレビジョン)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200622-00236451-the_tv-ent 


続きを読む