とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    大魔神

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神矢野燿大監督(51)の東北福祉大時代の先輩、佐々木主浩氏(51=日刊スポーツ評論家)が9日、宜野座キャンプを訪れ、同監督と旧交を温めた。佐々木氏は昨年の開幕前とはまったく違うオーラを矢野監督から感じたそうで「矢野の自信におおっと思った。外国人が相当期待できるみたいで、去年の開幕前よりも手応えをつかんでいる感じだった」と説明した。

    そんな中で佐々木氏がうれしかったというのが、矢野監督が「(抑えは)球児に任せます」と明言したこと。佐々木氏は「(名球会資格の)日米通算250セーブまであと7セーブということもある。矢野らしく、選手のことをすごく考えているなと思った」という。

    佐々木氏は阪神のAクラス入りの可能性はかなり高いと考えているが、優勝するには「外国人の活躍」「藤川が1年間抑えとしてフル稼働すること」に加えて「藤浪がしっかりローテーションで回ること」を挙げた。

    制球難からの復活を目指す藤浪晋太郎投手(25)についても日ごろから気にかけており「藤浪はメンタルな部分が大きいと思う。彼によく言うのは『右バッターがお前のボールが抜けてくるからって怖がることは、お前にとってプラスじゃないか。だから気にすることはない』ということ。相手が怖がったら、それだけで藤浪の勝ちなんだから。そこの発想の転換がうまくできれば」。この日の日本ハム戦でも2回を無失点に抑えた藤浪の復調にも期待していた。




    矢野プー情報漏洩をしてしまう 大魔神訪問で矢野監督抑えポロッ「球児に任せます」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202002090000687.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神望月惇志投手(21)が、「大魔神フォーク」を伝授された。元マリナーズ投手の佐々木主浩氏(51=日刊スポーツ評論家)が25日、沖縄・宜野座の阪神1軍キャンプを訪れ、ブルペンを視察した。

    佐々木氏が見守るブルペンで望月が39球目を投げ終えたところ、矢野燿大監督(50)が投球を中断させ、佐々木氏の元へ連れて行った。あいさつを交わすと、佐々木氏は身ぶり手ぶりで、望月にフォークボールの投げ方を伝授。佐々木氏は「投げる時に落とそう、落とそうというのがあるから、そうじゃなくてもっとしっかり腕を振って投げるんだよ、というのを」と説明した。

    「大魔神塾」を終えると、望月はブルペン投球を再開し早速教わったフォークを試した。最初の数球は高く抜けたものの、5球目あたりからワンバウンドするように。6球目のワンバウンドした球に、捕手の後ろで見守っていた佐々木氏から大きな「○」マークが出た。

    その後も佐々木氏は、大きくうなずきながら望月の投球を見続けた。矢野監督も期待する4年目右腕に、新たな武器が加わったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02250422-nksports-base 





    続きを読む