とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    始球式

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     2019年の阪神甲子園球場「乾杯プレゼンター」を務めるお笑いコンビ「ダイアン」のツッコミ担当・津田篤宏(43)が始球式に登場。初の大役で見事なノーバウンド投球を披露した。

     持ちギャグの「ゴイゴイスー」にちなみ、背番号「51514」の特注ユニホームを着用。マウンドから降りると、一塁ベンチ前では「ゴイゴイスー」を繰り出し、観客の笑いを誘った。「めっちゃ緊張しましたけど、届いて良かった。(ギャグは)スベると思ってたけど、けっこうウケて良かった」と笑みを浮かべた。

     相方のボケ担当のユースケ(42)は「(始球式は)何の相談もなく(津田に)決まってました」と恨み節。自身の背番号「2」については「男なのに短大に行ってるので。短大の『2』です」と得意のボケをかましていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000139-sph-ent



    ダイアン津田の始球式 https://t.co/bfUPgeWzDB



    ダイアン津田さんの始球式。背番号は51514。佐渡裕さんが始球式をしたときの背番号10000を越えて歴代最大(たぶん)。 pic.twitter.com/OpTRiQsdIZ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <阪神-ヤクルト>◇22日◇甲子園

    球団公認の阪神矢野監督の後援会「虎喜会」を代表して、京都・宮川町の舞妓(まいこ)・叶子(かなこ)さんが始球式を務めた。

    トラッキー付きのかんざし、「虎」の文字が入ったグラブで登場し、ワンバウンドで見事に「ストライク」。大の阪神ファンだというだけに「緊張しすぎて覚えてません。ええ経験をさせていただきました。お袖が絡まりやすいんですが、気にせずに投げました」と笑顔で振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-05220650-nksports-base



    甲子園で舞妓さんが始球式ってwちょっとシュールがすぎるんじゃないのw



    舞妓さんの始球式でした。 pic.twitter.com/vAxbPLE6rP


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     ◇セ・リーグ 阪神―広島(2019年4月30日 甲子園)

     30日広島戦(甲子園)の試合前に行われた『平成最後のファーストピッチ』に、球団OBの井川慶投手(39)が登場した。

     阪神時代の女房役である矢野監督が捕手役を務めるという演出付き。投げ込んだボールは、観客がどよめくほど力強いボールだった。

     「ワンバウンドよりは良いかな…。タイガースが育ててくれたから今がある。こうやって平成最後の試合で投げさせて貰って。球団に感謝しています」

     井川投手は97年ドラフト2位で阪神に入団すると、02年から06年にかけて5年連続2桁勝利を記録するなど、2度のリーグ優勝に貢献した。16年から独立リーグ・兵庫ブルーサンダーズでプレーし、17年シーズン終了後に退団。現在もトレーニングを続けており、「プロ野球は難しいですけど、他の形で出来たら良いかな」と現役続行への思いを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000167-spnannex-base



    平成最後のファーストピッチは #井川慶 投手 #矢野輝弘 捕手のバッテリーが実現! #阪神タイガース https://t.co/a2slnipcQ9



    @TigersDreamlink すげぇ! 感動😭



    @TigersDreamlink 井川なにしとんねん!お前はやっぱ虎のユニが似合うからコーチせんかい!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     ◇セ・リーグ 阪神ー巨人(2019年4月21日 甲子園)

     阪神の掛布雅之オーナー付SEA(シニア・エグゼクティヴ・アドバイザー、63)が21日、平成最後の伝統の一戦、阪神―巨人の始球式に登場した。

     大歓声を背に投じたボールは、打者・坂本勇の内角高めを突くノーバウンド投球。「いっちゃったね。真ん中を狙ったけど、開きが早かったかな…」と笑顔で振り返った。  

     巨人戦ということもあり、現役時代を回想。「当時は巨人戦だけが(観客数)5万人近く入ってくれて。5万8千なんていう日もあった」。続けて「対戦成績を見ても巨人の方が圧倒的なんだけど、平成最後でしょ? ぜひ一矢報いてほしい」とOBとしてチームの奮起を願っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000182-spnannex-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2



    今年の開幕戦始球式は東京オリンピック(五輪)のヒロイン候補! 柔道女子52キロ級で18年世界選手権金メダルの阿部詩(18)が、阪神の開幕戦となる29日ヤクルト戦(京セラドーム大阪)で始球式を務めることが4日、分かった。甲子園開幕となる4月9日DeNA戦はフィギュアスケート女子で18年ピョンチャン・オリンピック(平昌五輪)6位の坂本花織(18=シスメックス)が登場。将来有望な若きアスリートたちが矢野阪神の船出を後押しする。

       ◇   ◇   ◇

    地元の星が投じる力強い第1投から矢野阪神のシーズンが始まる。3・29開幕戦の始球式に、2020年東京五輪金メダルを目指す柔道女子の阿部詩が登場することが決定的となった。球団幹部は「地元の兵庫県出身ですからね」と起用の理由を説明した。最下位からの逆襲を誓うタイガースのシーズンが夢のコラボで華々しく幕を開ける。

    最高の人選だ。東京五輪では野球・ソフトボールの競技復帰が決定。これまで歌手やタレントが務めることが多かった阪神の開幕戦始球式だが、昨季は中日とのホーム開幕戦(京セラドーム大阪)で男子100メートルの桐生祥秀(23=日本生命)を起用。今季も五輪の機運を高めるべくアスリートを中心に人選を進めてきた。そこで白羽の矢が立ったのが、兵庫県出身の18歳だ。

    阿部詩は「日本一かわいい柔道家」として知られ、昨年、初めて世界女王となり、秋のグランドスラム(GS)大阪大会も制するなど実力は折り紙付き。男子66キロ級世界王者で、兄の一二三(21=日体大)とともに東京五輪の主役として期待される。矢野監督はすでに開幕投手を5年連続6度目となるメッセンジャーに託すことを明言。始球式直後のマウンドに上がる右腕にとっても、最強女子の投球が追い風となりそうだ。

    また、甲子園開幕となる4月9日DeNA戦ではフィギュアスケート女子で18年平昌五輪6位の坂本花織(18=シスメックス)が始球式を務めることが内定。こちらも地元兵庫県出身で、昨年12月には全日本女王に輝くなど伸び盛りの18歳だ。こちらは22年北京五輪を目指している。地元期待の若手アスリートが大海原に乗り出す矢野阪神を力強く後押しする-。ホーム開幕戦、甲子園開幕戦は盛り上がること必至だ。

    ◆阿部詩(あべ・うた)2000年(平12)7月14日、神戸市生まれ。5歳で柔道を始める。17年世界ジュニア選手権、同GS東京大会優勝。18年GSパリ大会、世界選手権、GS大阪大会制覇。今年の世界選手権(8~9月、日本武道館)代表に内定。右組み。得意技は袖釣り込み腰と内股。今春から日体大に進学予定。158センチ。

    ◆坂本花織(さかもと・かおり)2000年(平12)4月9日、神戸市生まれ。4歳で競技開始。17年3月の世界ジュニア選手権3位。同年12月の全日本選手権2位で2枠の平昌五輪代表入り。同五輪6位。今季はGPファイナル4位、全日本選手権は初優勝。趣味は水泳と折り紙。今春から神戸学院大に進学予定。158センチ。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903040000678.html

    続きを読む

    このページのトップヘ