とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    安芸

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「2軍練習試合、西武1-11阪神」(20日、東部球場)

     阪神・陽川尚将内野手(28)が“安芸組第1号”のアーチをかけた。昨年10月に右肘クリーニング術を受けて以来の実戦第1号ともなった。

     八回無死一、二塁で迎えた第5打席だ。西武の5番手・松本直から左越え3ランを放った。「(手応えは)全然なかった」と陽川。久々に放った放物線を目の当たりにした虎党からは温かい拍手が送られていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000117-dal-base

    453: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/02/20(水) 15:25:12.80 ID:9vvKoTan0
    陽川本塁打打ってるやんか
    朗報やな
    はよ戻るんやで

    引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livebase/1550632694/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神の藤浪晋太郎投手(24)が15日、現在参加中の高知・安芸キャンプで、実戦登板しないと明かした。初日に離脱した谷川を除き、今キャンプには投手14人が参加。藤浪と、2年連続で60試合以上に登板した岩崎だけがシート打撃や紅白戦といった実戦形式のマウンドに上がっていない。

    残る登板機会は16日に行われるシート打撃と17日の韓国LG戦だけだが、藤浪は登板しないと公表した。 この日は矢野監督が見守る中、ブルペンで53球。リリースの精度を高めるため、右肘をしっかり出すことなど細部の感覚を高め、課題の克服に努めている。「フォームを変えるとかそういうことではないです」と改造ではなく、シーズン最終盤で3連勝した好感触のアップデートを重ねている。

    指揮官も「晋太郎も一時の苦しい時期は抜けている」と話し、改めて来季の飛躍を期待。18日のキャンプが打ち上げ後は、本格的なシーズンオフに突入する。残り3日間となった秋季キャンプで、しっかりと地を固める。


    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000286-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    「阪神紅白戦、紅組4-2白組」(11日、安芸市営球場) 新政権“第1号”や!!阪神の原口文仁捕手(26)が、キャンプ初の紅白戦で120メートルの特大弾を放った。六回にも左前打でチャンスメーク。守っても植田の二盗を阻止するなど、攻守で猛アピールに成功した。

    矢野新監督も「競争には間違いなく入ってくる」と絶賛。ゴールデングラブ賞を獲得した梅野を筆頭に、来季の正捕手争いが白熱している。 今キャンプ最多4500人が詰め掛けた球場。静寂のグラウンドに乾いた打球音が響いた。少し間を置き、原口がゆっくりと走りだす。白球は左翼上空へ高々と上がり、通称「ディアーネット」の最上部ではずんだ。
    推定120メートルの特大弾。代打の切り札が正捕手取りに名乗りを上げた。
    「練習していることが出せたので。しっかりと打てたことはよかった」。

    ハイライトは二回、1死走者なしだ。マウンドに今季7勝の小野。2ボール1ストライクからの4球目、直球勝負にフルスイングで対抗した。打った瞬間、フェンス越えを確信した一発。矢野政権“第1号”だ。 紅組の5番・捕手で出場。見せ場はこれだけじゃない。六回には1死一塁から左前打。3得点につなげた。さらに守備では三回、青柳とのコンビで、俊足植田の二盗を封じた。「練習で、少しずつやっていることが試合で出せたので。いい傾向です」。

    藤井バッテリーコーチと二人三脚で改善に取り組む日々。同コーチも評価する。
    「スローイング=キャッチング。びっくりするくらい成長している。練習ではずっとよかった。実戦で結果が出ると自信にもなる」 取り組んできたのは体重移動の方法。足の使い方を重点に素早く、正確なスローを求めてきた。捕手に再転向した今季は主に、代打の切り札として82試合に出場。打率・315の好成績を残し、桧山氏が持つ代打安打の球団記録「23」に並んだ。一方で、捕手としての出場は32試合、スタメンでは9試合だった。

    来季も代打の神様に…甘んじる気はない。 「打てなくても(試合に)勝てればいい。勝てるよう、試合に出られるようにしたい」 痛みから不安のあった右肩について、矢野監督は良化している現状を評価。「競争に間違いなく入ってくる」と、正捕手争いの重要候補に位置づけた。梅野を筆頭に、坂本や長坂ら、サバイバルは激しさを増す。「今年もなかなか試合に出られなかった。来年につながるようにしたい」と原口。安芸の地で実り迎える秋。必死のパッチで定位置を奪い取る。


    1


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/12/0011812377.shtml

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 14:34:02.89 ID:w9kQ4eO6p1111
    「秋季キャンプ紅白戦」(11日、安芸市営球場)

     紅白戦の開始前には矢野監督の発案で、ファンとの交流イベント「写真撮影会」が開催された。日曜日のこの日は、今キャンプ最多のファンが詰め掛けた。
    午前9時に抽選番号が書かれた整理券700枚が配布され、わずか30分で“完売”。新監督の背番号にちなんで末尾が「8」の70組、約300人が当選した。

     矢野監督は前回の土日に、中学生以下のファンを対象にしたサイン会を実施。2度目の週末を迎え「もっと大勢のファンと交流したい」という指揮官の要望で、キャンプ初の試みとなった。

     撮影会には藤浪、岩崎もサプライズで登場。大歓声が上がる中、指揮官は「晋太郎に会えてよかったな~」など、ファンと言葉を交わしながら1人、1人と握手をし、「ありがとう、ありがとう」と笑顔で触れ合っていた。

     監督就任時にも掲げた「ファンを喜ばせたい」という信念のもと、指揮官自ら積極的に行動している。


    1 (1)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000073-dal-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541914442/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    858: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 13:18:46.98 ID:a0jSc7Vu0
    hara

    阪神の原口文仁捕手(26)が、今キャンプ初の紅白戦で推定120メートルの特大弾を放った。 二回、1死走者なしで打席に立つと、小野に対して2ボール1ストライクから4球目、真ん中高めの142キロ直球をフルスイングした。打球は防球ネットの最上部に突き刺さる特大弾。矢野新監督がネット後方で見守る中、新政権“第1号”で正捕手獲りに向け、猛アピールに成功した。




    原口キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



    859: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 13:18:48.89 ID:bQ/KAtDV0
    原口さく越え

    862: どうですか解説の名無しさん@\(^o^)/ 2018/11/11(日) 13:18:57.30 ID:GqqB9X4o0
    打てる捕手ですわ

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1541847656/

    続きを読む

    このページのトップヘ