とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    安芸キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     阪神は31日、高知・安芸で秋季キャンプを開始した。上本博紀内野手(33)や梅野隆太郎捕手(28)ら34選手が参加。初日から9時間30分の猛練習を行った。今季12球団ワーストの102失策の守備力向上に加え、リーグ最下位の538得点に終わった打力アップが求められる。攻守の課題克服と来季の逆襲へ、この秋は過酷な練習を課していく。

     早朝から練習は熱気に満ちていた。若手選手が張り上げる声、打球音がグラウンドに響き渡る。秋季キャンプ初日。練習量は異例の9時間30分。選手同様、コーチ陣も活気にあふれた。明確な課題となった守備と打撃。チーム力向上に向けて、全員が精力的に練習に打ち込んだ。

     午前8時半に始まった早出練習。サブグラウンドでは、大山、木浪、熊谷、藤谷、小幡の5選手が、久慈、藤本の両守備走塁コーチに志願のノックを受けた。今季、守備面では12球団ワーストの102失策。最下位となった2000年以来、19年ぶりの屈辱だった。中日の両リーグ最少45失策と比べても倍以上。守備力向上へ選手が自ら動いた。

     当初、初日の早出練習は予定されてなかったが、参加選手らが希望。約1時間、捕球と送球練習を繰り返した。久慈コーチは「選手らも危機感を持ちながら取り組んでいる。大山は今年のスローイングに課題を持ってやっているし、練習をやりたいならいくらでも付き合うよ」と積極的な姿勢を歓迎した。

     午後からは、打撃練習がスタート。リーグ最下位となった得点力解消へ、新任の井上打撃コーチが自身の経験を踏まえながら熱血指導。ティー打撃では笛の合図で軸足と反対の足を上げて静止し、2度目の笛でスイングする独自の練習法を導入した。「投手のペースで打たされてますやん、というのを俺は避けたい主義。そのために間合いを大事にしましょうというようなこと」と意図を説明した。

     全体練習後の個別練習でも各自、打撃や守備、走塁と課題に取り組んだ。全員が球場を引き揚げたのは午後6時。猛練習で知られる中日出身の井上コーチは「見ての通りだと思うけど大したもんだわ、みんな」と高評価。矢野監督も「みんな、しっかりとした気持ちを感じてくれるような一日を過ごしてくれましたね」と充実感を口にした。来季、15年ぶりの栄冠は猛練習で勝ち取る。




    秋季C初日から9時間半!若虎目の色ちゃうで~ 全体練習後も個別にみっちり/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2019/11/01/0012838172.shtml  #タイガース #tigers #阪神 #DailySports



    タイガース、外部の血を入れる感じが好印象。今年の感じに底上げすると、守備的ななかなか良いチームができそうな気がします。 【阪神】井上一樹新打撃コーチが熱血指導「限界までできるのが秋」(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000044-sph-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    阪神近本光司外野手は振り込む秋にする。秋季キャンプ初日は125スイングのフリー打撃に、ティーやロングティーで黙々とバットを振った。

    「秋は(振る)量になってくる。考えて、量をやっていきたい」。練習前には、キャンプならではのハードなウエートトレーニングで「練習してからの状態だと厳しかった。きつかったです」と笑顔で振り返っていた。




    【サンスポ】阪神・近本、フリーで4発!  http://www.sanspo.com/baseball/news/20191101/tig19110105000012-n1.html 



    2019.10.31 阪神 安芸キャンプ 午前中はバッティング練習がなかったので井上、新井、北川の打撃コーチ陣は下半身強化のボール拾い練習担当。 江越に噂はいろいろ聞いていると言い、近本をいいケツしていると褒める井上コーチ https://t.co/YSLnkZO04n



    近本いなかったら今年の阪神マジで気持ち悪いメンツだなって思ったけどその気持ち悪いメンツで去年最下位やったわ 近本、木浪、西くんがAクラスまで押し上げた😤


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


     秋季キャンプで臨時投手コーチを務める山本昌氏(54)=野球評論家=が31日、高知のチーム宿舎に到着。早速、講習会を行った。

     講習会には選手、首脳陣、裏方を含めたほぼ全スタッフが参加。通算219勝を挙げたレジェンド左腕の話を熱心に聞き入った。

     山本氏は11月1日から練習に合流。技術はもちろん、体のケアなどを含めた指導を行う予定だ。今季先発ローテーションに定着した高橋遥を始め、今キャンプには左腕が多く参加。生きた教材から多くを学ぶ。





    【阪神】山本昌臨時コーチが講習会 選手、首脳陣らが参加(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000168-sph-base  そのままコーチになってくれへんかなぁ・・・何度でも頭下げる



    【阪神】山本昌 臨時コーチが講習会  選手、首脳陣らが参加 (スポーツ報知) いっぱい学んで、自分のモノにしてーっ!!  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000168-sph-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    阪神の遊撃木浪聖也内野手はみっちり守備を鍛える秋になる。1年目は113試合に出場し、リーグ2位タイの15失策。

    初日から早出で特守を受けるなど精力的に課題に向き合った。「今回のキャンプは守備を重点的にやろうと自分の中で決めていた。(数を)やれば自信になるので、とことんやるだけ」。「防げるミス」という送球課題に「チームから信頼される守備を一番に」と話した。




    木浪 送球課題克服だ (日刊スポーツ) 「今回のキャンプは守備を重点的にやろうと自分の中で決めていた。数をやれば自信になるので、とことんやるだけ」 #阪神秋季安芸キャンプ #木浪聖也  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-10310920-nksports-base 



    @t7o7r7a7tigers7 きなみん応援してるわ💕


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    阪神久慈照嘉内野守備走塁コーチは、内野陣のスローイングミス撲滅を目指す。19年シーズンは12球団ワーストの102失策を記録した。

    キャンプ初日から守備練習に重点を置き、12球団トップの20失策だった大山らは志願の早出特守。送球が課題の北條はバッティングピッチャーも務めた。久慈コーチは「エラーが多かった大山や北條は半分くらいがスローイングのミス。反省点を早く改善したいという気持ちがある。(いろんな練習で)良い感覚を覚えて欲しい」と期待した。




    キャンプ中継みてて、北條選手のノック中 久慈コーチが 「今、少しコマネった??」 藤本コーチも 「コマネった」 北條選手…コマネチ🤣( 吹いたわ(笑)(笑)(笑) #虎テレ #hanshin



    ホンマにそろそろ、内野ポジションは固定せんと! 連係プレーが厳かになり、ダブルプレーが取れんやろ!今期、ダブルプレーと思ったら、エラーとか取れなかったのが、多いもん!守備は、練習で上手く成る(そらう思てる)! 久慈コーチは、吉田義男氏から繋がる、守備の名手なんやから、頑張れ!  https://twitter.com/yakyuragu/status/1189522440902201354 


    続きを読む

    このページのトップヘ