とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    安芸キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神2軍の安芸キャンプ。宜野座キャンプ組に負けじと選手が闘志を燃やし、日々、鍛錬を重ねている。小幡ら新人や熊谷、高橋遥などの若手だけでなく、経験のある岩田、伊藤隼らも虎視眈々(たんたん)と1軍の座を狙っている。

     「選手たちのやってやろうという意気込みを感じるよね」と、平田勝男2軍監督(59)。30歳を過ぎ、一般的には中堅、ベテランと呼ばれる選手たちの存在に対し「安芸組はベテランなんて選手はいない。“なにくそ”と思っている選手は多い。若手だよ。みんなが働き盛りだよ」と指揮官は強調していた。

     9時半から全体練習を開始するファーム。その中で1時間前から球場に降り立ち、特守を受ける選手がいる。山崎憲晴内野手(32)だ。横浜(現DeNA)時代から全体練習の開始時間より前に球場入り。継続して特守に励んできたという。今キャンプでも、高代2軍チーフコーチに志願。二塁や遊撃の守備位置で、果敢に白球に飛び込む姿が印象的だ。休養日も球場に詰めかけ、黙々とマシン打撃を行うなど、余念はない。

     内野守備はどこでも守れるユーティリティープレーヤー。「シーズンが始まるこの時期、もちろん『レギュラーを取るんだ』という気持ちでやっている」と、山崎は語気を強める。新人の09年に8番・三塁で開幕スタメン。13年、14年もレギュラーとして活躍してきた。定位置奪取へ。冷え切ることのない情熱を胸に。シーズンに向けての戦いを背番号32は着々と見据える。

     16日には今季初の対外試合、西武戦(安芸)が控える。藤原オーナーの視察予定日で、平田2軍監督もアピール合戦を期待する。

     その中で“オレがヤル”と登板志願した実績のある2人にも注目だ。「岩田、岡本が志願している」と明かした指揮官。予定では20日以降の実戦からオープン戦にかけての登板を考えていたという。だが、両投手から「投げたい」と意欲を示され、「彼らの今年にかける意気込みを感じる」と、うなずいた。

     12日に行われたシート打撃に、両投手は登板。16日の登板について香田2軍投手コーチも「(現段階では)そうでしょうね」と登板を示唆している。

     安芸は熱気に満ちあふれている。第4クールには、いよいよ今季初の対外試合へ。「みんなが働き盛り」。目の前の試合を貪欲に、ひたむきに。ガムシャラなプレーに目が離せない。(デイリースポーツ・関谷文哉)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000051-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     「阪神2軍春季キャンプ」(12日、安芸)

     昨年10月に右膝クリーニング手術を受け、完全復活を目指す秋山拓巳投手(27)が12日、シート打撃に登板した。順調な投球を披露した右腕について平田2軍監督は「次は実戦」と話し、早ければ20日・西武戦(東部)登板の可能性が出てきた。

     大きく振りかぶるダイナミックなフォームから秋山が力強い球を投げ込んだ。熊谷、俊介ら延べ9人に31球。3三振を奪った。「問題なく投げられたので、今の段階ではよかった」と安どした。

     指揮官は「左打者のインコースが狙ったところにいっていた。課題を持ってやっている」と評価。打者感覚や試合勘をつかむためにも、2月中の実戦登板を示唆した。

     開幕ローテ入りを視野に入れる秋山は「(開幕から)逆算して進んでいる。今日投げたことが次に生きてくる」とする。次のステップは実戦での登板。「やりたいことをやれたら。精度を上げられるように」。17年、12勝を挙げ勝ち頭だったあの勇姿を-。虎党の誰もが完全復活を待ち望む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000033-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「阪神2軍春季キャンプ」(11日、安芸)

     安芸市営球場で予定されていた四国銀行との練習試合がグラウンドコンディション不良のため中止になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000058-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


     「阪神2軍春季キャンプ」(10日、安芸)

     昨年の6月に左肩コンディション不良により戦列を離れていた阪神・高橋遥人投手(23)がフリー打撃に登板。8ヶ月ぶりに打者と相対した。

     故障していた様子を感じさせない投球術を披露した。陽川や熊谷ら述べ9人に対して49球投じ、安打性は2本にとどめた。

     直球やスライダーなどの変化球を織り交ぜながら、翻弄。直球に打者が差し込まれている様子が目立った。

     昨季は広島戦でプロ初先発初勝利を記録するなど、ポテンシャルは抜群。久しぶりのマウンドで復調の兆しを見せた左腕。焦らず、着実に階段を上っていきたい

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000064-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2018/11/15(木) 19:48:30.44 ID:iewdMn/80
    高知・安芸で秋季キャンプを行う阪神が、ユニークな練習を披露した。

    この日、野手の午前最後のメニューは「強化ランニング(コロンビア)」。内容はポール間を走りながらフライを捕球するアメリカンノックの内野ゴロバージョン。
    三塁後方から一塁側へ走り、二塁手前と一塁手前でゴロを捕球し、それを往復で行う。コーチ陣が「アメリカより小さいからコロンビア」という理由で名付けたものだという。

    苦戦したのが島田だ。ノーミスなら6本で終了となるが、ボールが手につかず。グラブの手前で打球がイレギュラーバウンドする不運も重なり、最後はヘトヘトになりながら11本目でフィニッシュ。 
    10月にコロンビアで行われたU23W杯では大活躍したが、こちらの「コロンビア」では輝けず。島田は「運が悪かったです」と苦笑い。 
    それでも「外野でも天然芝ならイレギュラーすることもある。足を使って捕る、最後まで目つけをするという基本を見直すいい練習でした」と振り返った。


    3



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00393097-nksports-base


    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542278910/

    続きを読む