とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    宜野座キャンプ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     プロ野球の春季キャンプが一斉にスタートする。フリーエージェント(FA)による移籍やルーキー、新外国人など新加入選手によってチーム編成は新しくなったが、各チームがシーズンを勝ち抜くためのポイントはどこにあるのだろう。キャンプで注目される見所を探った。

        ◆    ◆    ◆

     ミスタータイガースとして長く阪神の遊撃手を支えてきた鳥谷敬が退団、これからのタイガースの遊撃手争いは、若い世代に託され新時代を迎える。

     そのトップで争いを繰り広げるのが、北條史也と木浪聖也だ。

     同学年であり、高校時代は同じ青森県でライバルとして凌ぎを削った間柄だ。プロでも争う構図は、もったいない気もするが、この戦いを終えた果てには、次世代のショートストップが生まれているはずだ。

     打線のメンツを見れば、左打者偏向打線だけに、北條がレギュラーをとるのが理想的だ。しかし、木浪のディフェンス力を推す声も多い。ややもすると、彼らの頑張り次第では内野陣のシャッフルが行われるかもしれない。昨秋のキャンプでは三塁手の大山悠輔を二塁でテスト。北條は三塁と遊撃を守ることができるし、二人は二塁も可能なはずだ。

     キャンプ後にどういう布陣になっているか楽しみだ。

     一方、外野陣も熾烈な争いになる。
     中堅手の近本光司はレギュラー確定で、もう1枠は糸井嘉男で決まりだろう。昨季までだと福留孝介にもポジションが用意されていたが、そろそろ、違うメンバーが出てこなければいけない。

     新外国人のサンズを中心としながらも、高山俊や江越大賀、中谷将大など、伸び悩みの渦中にいる選手たちがどこまで巻き返すかは注目したい。福留は素晴らしいバッターだが、今年で43歳になる。彼を追いやるぐらいの選手が出てくるかどうかは、チームの浮沈にも関係してくる。
     
     昨季のシーズン開幕前は、むしろ、先発陣への信頼性の方が高かったが、シーズンはわからないものだ。ブルペンを整備して、3位に滑り込む見事な戦いだった。

     そのブルペン陣を支えたジョンソンが抜けたのは大きな痛手だが、前ソフトバンクのスアレスやメジャー経験はないもののマイナーでブルペン専門だったエドワーズを補強。ブルペン陣はある程度の形は見えるのではないか。

     熾烈な争いとなるのは、先発ローテーションだ。
     西勇輝、青柳晃洋の二人は決まっているが、残り4枠は浮動票ばかりだ。
     おそらく、3、4枠目は阪神の中では期待の有望株・高橋遥人、移籍2年目になるガルシアあたりが務めることになるだろうが、5、6番目にはたくさんの投手がひしめいている。

     昨季の先発登板数の多さで言えば岩田稔、秋山拓巳になるが、岩貞祐太やソフトバンクを自由契約となった中田賢一、新外国人のガンケルが未知数ながら、割り込んでくる。その他、データと投球解析からの復活を目指す藤浪晋太郎、台湾のウインターリーグ でたくさんのチャレンジをした馬場皐輔などもいいアピールをして欲しい。

    取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)





    遊撃は北條推しも、送球難克服が最低条件 木浪がトータルでリードやろかね 海くんも.250打てたら一気に捲るやろうし 小幡に、遠藤だって黙ってへん は〜〜や〜く〜こ〜〜い〜こ〜い(野球の)お正月〜〜♬ ⚾️🎍🙇‍♂️






    藤浪 打線 ショート 藤浪→復活しろ 打線→ボア、サンズで決まる 遊撃→北條頼む

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は24日、鳴尾浜球場で合同コーチ会議を開き、1、2軍の春季キャンプメンバーの振り分けを発表した。

     主力メンバーが順調に1軍に名を連ねるなか、育成左腕の横山も1軍メンバー入り。育成選手の春季1軍キャンプ発進は球団初となる。新加入のエドワーズ、ガンケル、スアレス、ボーア、サンズを含む外国人全7選手も1軍からのスタートになった。ドラフト1位の西純矢をはじめとする新人8選手はいずれも2軍スタート。17年に20本塁打を放った中谷も安芸から巻き返しを図る。

    ▼記事全文はこちら



    横山さん春季キャンプ一軍スタート😭😭😭 秋季キャンプでの成果や自主トレも鳴尾浜の練習もずっと行ってて、阪神初キャンプ育成一軍スタートって嬉しすぎる😭!!!たくさん爪痕残してほしい!支配下へいっぽ近づけたかな😌✨頑張れ!!!



    阪神1軍キャンプメンバーに横山が選ばれてる。 怪我で育成契約になってるけど、状況よければ支配下もありそうだな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



     阪神・片山雄哉捕手(25)が24日、2年目で自身初の春季キャンプ1軍メンバーに選ばれた。

     BC福井から18年育成ドラフト1位で入団。2軍で一時4番を任されるなど、打力を武器に昨年7月末に支配下登録を勝ち取り、秋季キャンプでは持ち前の明るさと声で大きくアピールしていた。

     「今回このようにチャンスを与えてもらえたというのはすごくうれしいですけど、まだまだ自分は1軍(メンバー)に見合う実力がないので、成長していかないといけないですし、昨年から高いレベルでやりたいという話をしていて、ようやくその一歩を踏み出せるところまで来ているので、自分のやることをしっかり明確にしてやっていきたいと思っています」と意気込んだ。




    阪神1軍キャンプ 史上最多の投手23人 開幕本命は西勇も矢野監督「あっと驚く選手出てくる」  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000081-dal-base  片山雄哉捕手(BCリーグ福井出身)が一軍キャンプメンバー! 昨シーズン途中に支配下登録され、年末のWLでもアピール。自らの力で勝ち取った一軍キャンプ。頑張ってほしいです!



    阪神一軍キャンプメンバー!岩崎優投手はもちろん、昨年独立リーグ→育成ドラ1→半年もせず支配下登録を勝ち取った片山雄哉捕手も…すごい…😭🔥たのしみですついに待ちに待ったキャンプシーズン #片山雄哉 #tigers  https://twitter.com/tigersdreamlink/status/1220587032440819712 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2月の阪神宜野座キャンプツアーが、異例の大盛況であることが15日、分かった。あるツアー主催会社によると、人気だった鳥谷やメッセンジャーが退団し、就任2年目の矢野監督への慣れもあり、販売は苦戦が予想されたが、予想を上回るスピードで完売目前となっているという。“キナチカ”の台頭と矢野監督がファンサービスに注力してきたことが、好影響を与えているようだ。

     同ツアー主催会社の関係者は「今年は厳しいかなと思っていましたが…。特に売れるのが早いですね」と説明。完売している日程には、募集人員の倍以上のキャンセル待ちもあったという。

     売れ行きが好調な背景には、昨季は新人ながら活躍した近本、木浪の存在があるようだ。関係者は生え抜きのスター候補に期待する声を多数聞くという。

     また、矢野監督は「ファンを喜ばせる」と公言し、昨年の宜野座キャンプでは毎日、ファンにサインした。選手も今まで以上にペンを走らせた。関係者は「過去にはサインをもらいづらかったこともありましたが、今は選手と距離が近いことを喜ぶ声も聞きます」という。ファンサービスの変革が浸透してきたことが、ツアーにも波及しているようだ。

     今季は05年以来、15年ぶりの優勝を目指す矢野阪神。春季キャンプから大きな後押しを受けることになる。




    阪神 宜野座キャンプツアー 大盛況 キャンセル待ちも‼︎ “キナチカ” 台頭効果 (デイリースポーツ) きなみんも、大人気✨だもんね!🤩👌  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000035-dal-base 



    阪神 宜野座キャンプツアー大盛況 キャンセル待ちも “キナチカ”台頭効果/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/01/16/0013036667.shtml  @Daily_Onlineさんから へ~!大盛況なんだ! 賑やかなのは良いけど、ちゃんとマナーは守って欲しいね。 #阪神タイガース #hanshin #tigers


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/01/12(日)14:02:10 ID:WSL
    現在は阪神の駐米スカウト

    虎党にとっては新助っ人の加入よりも、元優良助っ人の再来日が気になるのではないだろうか。2020年2月の阪神、宜野座春季キャンプにジェフ・ウィリアムス(47)、アンディ・シーツ(48)の両駐米スカウトが参戦する事が決定。球団史上最多の外国人8人体制で2年目を迎える矢野阪神に“心強い臨時コーチ”が加わることになった。

    マルテ、ガルシア、呂彦青は2019年からの残留組。スアレスはソフトバンクから阪神へ移籍する形となった。その4人を除くボーア、サンズ、エドワーズ、ガンケルの4選手にとっては特にウイリアムス、シーツ両スカウトの存在が頼もしいに違いない。

    ウイリアムスは2003年、2005年の両方のリーグ優勝に貢献しており、当時でいえば外国人である事実を超えて投手陣の兄貴的素材だった。2005年に鉄壁の勝利の方程式となった「JFK」を形成した藤川球児、久保田智之から見れば8歳年上で、ジェフの助言から様々なシナジー効果を生み出した。

    豪州出身で大学から米国に野球留学。外国人として環境に順応する能力が高いばかりではなく、組織に馴染めばリーダーシップも発揮した。積極的に日本語も覚える姿勢でコミュニケーションを取り「オレはセンパイだからナンデモキキナサイ」と技術も惜しみなく後輩に伝えた。若かりし日の能見もジェフからアドバイスを受けて覚醒したうちの一人だ。

    英語でコミュニケーションを取る新助っ人陣からすれば、頼もしさはさらに増す。日本語の習慣や文化、日本野球の特徴やクセ、ストライクゾーンなど全てのエッセンスを新助っ投に伝授してくれるはずだ。新加入でメジャー通算49登板のエドワーズ、メジャー未経験のガンケル共に、ウイリアムスの助言を得てジョンソン、ドリスの穴を埋める可能性もある。それに加え、投手目線からのアドバイスを新助っ人野手陣に送ることも、有益な情報となるだろう。

    ▼記事全文はこちら
    3: 名無しさん@\(^o^)/ 20/01/12(日)14:04:22 ID:Elk
    多国籍軍か

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1578805330/

    続きを読む

    このページのトップヘ