とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    小川一平

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6-0阪神」(26日、横浜スタジアム)

     阪神のドラフト6位・小川一平投手(東海大九州)が、1点ビハインドの八回に2番手で登板したが、オースティンに2ランを浴びるなどして5失点と炎上した。

     先頭のソトに右前打で出塁を許すと、続くオースティンに、3球目の147キロの真っすぐをバックスクリーンにたたき込まれた。

     その後、4番・佐野と5番・ロペスを打ち取り2アウトとしたが、宮崎、伊藤光に連続安打、代打・柴田に四球を与え2死満塁とし、9番・大和に2点適時打を許した。さらに、2死一、三塁から梶谷にも安打を許し、打者一巡で一挙5失点。

     20日の初登板では、2/3回を3安打5失点とプロの洗礼を浴び、ベンチで悔し涙を流した。その後、登板した2試合でリベンジを果たしていたが、またしても矢野監督の期待に応えることができなかった。




    小川くんの使い方、もうちょっと考えたってくれんかなぁ?? あとボーアはガマンしてスタメンで使い続けるべき! #阪神タイガース 阪神ルーキー小川が2番手で炎上 悔し涙の初登板に続きまたも5失点(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200626-00000143-dal-base 



    今年のよく分からん采配 1. 100球未満の西を6回で降板させ、その直後逆転される(開幕戦)(これはまだ理解できる) 2. 2点ビハインドの7回にルーキー小川プロ初登板。そして大炎上(開幕2戦目) 3. 1点ビハインドの8回に小川を登板させ炎上。イニング途中に交代もさせず投げさせる(開幕7戦目) 4. 捕手併用


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <ヤクルト6-1阪神>◇24日◇神宮

    阪神ドラフト6位小川一平投手が山田哲を抑え、好調をアピールした。

    8回に5番手で登板。2死から四球を出したが、ここまで2安打の2番山田哲を145キロ直球で二ゴロに打ち取った。

    「少しずつですが、落ち着いて投げることができるようになってきました。2死からの四球は反省ですがボールの勢い自体は良かったと思うので、この状態を続けていきたいです」。プロ初登板こそ5失点(自責1)も、その後は2戦連続無安打無失点と結果を残している。




    〈今日の虎 〜阪神全力応援〜〉 連勝とはいかず、1点しか取られへんのはちょっとピッチャーしんどいよな。 なかなかチャンスメイク出来ひんし、チャンスでも打てんかったらどうしようもないって感じ。 ドラ6の小川くんはしっかり腕振れていていい感じでしたね! 「阪神の野球」を築いていかんとな〜 pic.twitter.com/9PFLULvmwy



    阪神の小川投手  順調にいけば藤川クラスになりそうなよかん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「巨人7-1阪神」(21日、東京ドーム)

     阪神ドラフト6位の小川(東海大九州)が前夜のリベンジを果たした。6点ビハインドの七回にマウンドへ。先頭の4番岡本を148キロで三ゴロに打ち取ると、続く中島は147キロで右飛。最後は陽岱鋼を149キロで中飛に打ち取った。最速は152キロを記録した。

     「昨日は緊張もありボールが先行してしまい、自分自身で苦しい状況を作ってしまいました。今日は切り替えて思い切って投げることを意識した結果が自分の思い描いているボールを投げることにつながりました。いいカウントで投げることができたので抑えることができたと思います」

     小川は開幕2戦目にプロ初登板。1回を持たず、2/3を3安打5失点(自責1)とプロの洗礼を浴びていた。




    阪神 敗戦も… ドラ6小川は リベンジ成功 岡本、中島、陽岱鋼を三者凡退 (デイリースポーツ) 👏👏🤨 よしっ!  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200621-00000096-dal-base 






    小川ドラ6でこれなら掘り出しものやなぁ 阪神の中継ぎって榎田松田と使い潰して出荷して復活される印象しかないが

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人11-1阪神>◇20日◇東京ドーム

    阪神ドラフト6位の小川一平投手(23)は、ほろ苦いプロ初登板になった。

    7回から2番手で登板。先頭パーラに右前打を打たれ、自らの暴投と失策、さらに四球も重なって無死満塁とされた。打順は1番に戻り、前日決勝2ランを放った吉川尚は、150キロ直球で空振り三振に打ち取ったが、坂本に左前適時打、岡本にも右前適時打を許したところで降板。3番手の谷川も打ち込まれ、小川は1回もたず5失点(自責1)で1軍初登板を終えた。

    ベンチに帰ると、目に涙を浮かべた表情を見せた。矢野監督も高評価していた右腕が、プロの洗礼を浴びた。




    ドラ6小川投手、いい球投げてた🤔 大きな経験をしたと思う。 またチャンスはある❗️



    いわゆるプロの洗礼を浴びましたね…この悔しさを次回マウンドにぶつけてほしいです😅 阪神ドラ6小川 プロ初登板もほろ苦2/3回を5失点― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/20/kiji/20200620s00001173380000c.html 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     6月19日に開幕が決まったプロ野球。野球ファンには待ちに待った日になりましたが……では、その間にチームはどのように変わったのでしょう? Number Web上でプロ野球コラムを綴る手練の書き手たちが、開幕で注目して欲しい見どころをピックアップ! 今回は藪恵壹さんが推す2投手の活躍が楽しみな阪神タイガースです。

     昨年ブレークした島本浩也、守屋功輝をはじめ、毎シーズンのように新星が現れる阪神のリリーフ陣。おおむね仕上がりも順調そうですし、今季も阪神を支えてくれることは間違いないでしょう。

     さらに、新型コロナの影響で一軍枠が広がったことは大きなプラス材料になりそうです。

     実績のある選手が増えたことで新外国人も含めた熾烈な競争が繰り広げられていましたが、そこに若手を加える余裕が生まれました。

     そして、この枠に食い込んできたのが、谷川昌希と小川一平の2人です。

    谷川が磨き上げたシュートは一級品。
     27歳右腕の谷川は、東農大、九州三菱自動車を経て一昨年にドラフト5位で入団。背は175cmと決して高くはありませんが、春季キャンプの実戦から9試合連続で無失点に抑えるなど、化ける気配を見せています。

     特筆すべきは、このオフで精度に磨きがかかって何段階もレベルアップした持ち球のシュートですね。半信半疑で投げているような雰囲気だった昨シーズンまでとは打って変わって、まさに一級品になりました。

     右バッターのインコースをえぐるようなボールなのですが、怖がらずにガンガン投げられているのも好印象ですね。一軍のバッターと対戦を積み重ねたことで、この球なら勝負できるという自信がついたのでしょう。打者に嫌がられるピッチャーになれる面白い存在だと思います。

     四球が絡んで失点するシーンが見られるのは今後の課題のひとつ。1イニングを任せられる力はありますから、まずは先発が早めに降板した6回、7回あたりの起用からになるでしょうか。

     ボールは十分なので、無駄な四球を出さないことと、トップバッターを抑えることを意識して。打たれてからが本当の勝負ではありますが、まずは無失点のイニングを積み重ねて信頼を勝ち取っていってほしいですね。

    小川は一軍昇格がもっと早くても良かった!?
     そして、矢野燿大監督も早々に開幕一軍入りを明言したドラフト6位ルーキーの小川。5位まで高校生の指名が続いた昨年のドラフトで唯一の大卒です。

     一軍での初舞台となった3月11日のヤクルト戦を1回無失点に抑えると、5月31日の紅白戦で自身初の大台に乗せる152kmを計測し、さらに5日のソフトバンク戦では153kmに更新。この伸びしろには驚かされましたね。

     見れば体力もありますし、ボールも良いものを持っています。大学(東海大九州)での4年間を経て体はできていたようですし、もっと早く一軍に抜擢されていてもおかしくなかったと思いますが、同期とじっくりできたことがかえって良かったのでしょう。開幕が延期されてからのこの3カ月も自分のペースで練習を積み、糧にできたように見えます。

     彼のデビューも点差がついた場面での中継ぎからになると思いますが、投げれるチャンスがあればどこだって、という意気で臨んでほしいですね。ロングリリーフや将来的な先発の可能性も含めて、その伸びしろは測り知れません。

    貪欲で可能性のある若手には開幕からチャンスが!
     2人に共通するポイントは、異例のスケジュールによって生まれた時間を自分の成長につなげて、評価をグッと上げたことです。彼らのように貪欲で可能性のある若手には、開幕してすぐにでもチャンスが与えられると思います。

     いざ投げるとなったときにも、ただ投げるだけではなく、カウントの特性を理解し、クイックやバント処理といったピッチングの周辺について身につけていくことで、自然と次のチャンスが生まれてくるのではないでしょうか。

     災い転じて福となす。降って湧いた時間をものにした彼らが一軍枠の拡大までもをものにしてくれれば、今年も中継ぎ王国の座は盤石です! 




    谷川小川開幕一軍きたな



    初の開幕一軍を手にしました👍✨福岡県の皆さん、九州の皆さん、ホークスだけでなく、福岡出身の谷川昌希投手の応援も宜しく😁 3年目の覚醒―確かな力を備えた谷川昌希(阪神タイガース)は優勝するための欠かせないピースだ(土井麻由実) - 個人 - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/byline/doimayumi/20200316-00167905/ 


    続きを読む