とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    小野寺暖

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「2軍練習試合、阪神1-0中日」(16日、鳴尾浜球場)

     阪神の育成ドラフト1位・小野寺暖外野手(22)が2度目のサヨナラ適時打を放った。

     両軍無得点の九回2死一、三塁で望月の代打として登場した小野寺。カウント1-1から福谷の144キロ直球をジャストミート。打球は右翼手・伊藤康の頭を越える適時打となり、三走・奥山が本塁に生還した。

     小野寺は3月7日でもサヨナラ打を放っており、奇しくも対戦相手は中日だった。圧倒的な勝負強さを武器に、早期の支配下登録を目指し、アピールを重ねていきたい。




    ルーキーの小野寺、思い切りのいいバッティング! 試合を決めたタイムリーヒット! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/m7ynDsPZQ8



    @toratele ダンくん! 決めた!さよならタイムリー\(^^)/


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神育成ドラフト1位の小野寺暖外野手は、体重アップで支配下登録を目指す。鳴尾浜で集合練習に参加。広報を通じて「どうしても夏場になると体重が減ってしまう。今のうちに蓄えて1年を乗り越えたい」とコメント。

    また「今だけを見るのではなく2年後3年後、10年後のことを考えて、体を変えることを意識づけてやっている」と、将来を見据えた。




    ダンは元気にしてたのかなぁ? #日刊スポーツ 「どうしても夏場になると体重が減ってしまう。今のうちに蓄えて1年を乗り越えたい」by小野寺 暖 pic.twitter.com/BHJBnla3HY


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神育成ドラフト1位の小野寺暖外野手が支配下登録に向けて熱い思いを語った。

    入団1年目の今季は、コロナウイルス感染拡大の影響からシーズンは短縮され、試合数の削減は必至。3月のオープン戦で二塁打を放つなど存在感を示した小野寺は「自分は限られたチャンスでアピールすることに変わりはない。いつそのチャンスが来てもいいように今、できることをしっかりとやりたい」と力を込めた。

    今月10日の母の日には由子さんにお茶漬けのギフトセットをプレゼント。「花を贈るのもいいかなと思ったんですが、母はお茶漬けが好きなので…」と、女手ひとつで育ててくれた母のために贈り物を考えた。寮の自室では「字が汚いので」と、由子さんから送られたペン字練習帳で字を練習することもある。異例のプロ1年目となったが、応援してくれる母のためにも支配下を勝ち取る。




    しっかり首脳陣にPR。チャンスを逃すな! 阪神小野寺、支配下登録に向け「できることをやる」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005130000518.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【球界ここだけの話】赤丸急上昇のルーキーがまた魅せた。阪神の育成ドラフト1位・小野寺暖外野手(22)=大商大=が、24日のDeNA戦(横浜)で、2安打3打点と大暴れ。支配下登録へ、猛アピールを続けている。

     「開幕が遅れたことで、僕は1軍にいられると思っている。この運を逃さないようにしていきたい。数少ないチャンスで、結果を残して1軍に残りたい」

     “持ってる”若虎の快進撃は5日、母校・大商大と行われた練習試合(鳴尾浜)から始まった。矢野監督が見守った“御前試合”で、バックスクリーンへ放った豪快な一撃を含む、2安打2打点。虎将に向け、鮮烈なアピールを遂げると、1軍デビューとなった15日のオリックス戦(京セラ)でいきなり二塁打を放った。そして、再昇格を果たしたDeNA戦では1軍初打点。勝負強さを遺憾なく発揮し、支配下登録どころか、その先の開幕1軍まで狙えるほど、その存在感は光っている。

     「自分は育成スタートということで、一発目からどのような印象を持ってもらうか。1月から調整というよりアピールの場だと思っている」

     思い返せば、1月6日、鳴尾浜に入寮した瞬間から、一人だけ目の色が違っていた。支配下指名を願った昨年のドラフト会議。プロ野球選手として道は開けたものの、支配下での指名はかなわず、「母子家庭なので育成と支配下では全然違う」と記者会見では何度も涙。女手一つで育ててくれた母・由子さんに楽をさせたい-。虎の穴の門戸をたたいたときから、その一心だった。

     入寮時に携えたものは母への思いに加え、もう一つ。「スタートのときは、高校でも大学でも丸刈り。今回も『丸刈りじゃないとアカンやろ』と」。気合の五厘刈りは、大商大野球部の同級生が、一人ずつ刈ってくれたもの。母校の魂を頭に刻み込んでいた。

     「プロでしっかり活躍して、母には庭で畑ができるような、大きな家を送りたいですね」

     大きな目標へのスタートラインはすぐそこまで見えてきた。育成からの下克上-。小野寺の歩みは止まらない。(原田遼太郎)




    【球界ここだけの話(1923)】阪神育成D1位・小野寺が入寮時から見せていた覚悟 #阪神タイガース #小野寺暖 🐯俺は「ハングリー暖」と呼ぶ! 期待しかない!👍🤣 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200330/tig20033013000008-n1.html  @sanspocomより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <練習試合:DeNA5-9阪神>◇24日◇横浜

    阪神育成ドラフト1位の小野寺暖外野手(22=大商大)が勝負強さをアピールした。

    途中出場した7回2死二塁の打席で勝ち越しの右前適時打。「打たないといけない、と思っていたけど、ああいう形(本盗)で点が入って余裕ができた」。続く9回も左翼へ2点二塁打を放ち、2打数2安打3打点の大活躍だ。お試しで1軍デビュー戦した15日オリックス戦でいきなり初安打の弾丸二塁打。

    開幕延期で再招集した矢野監督も「楽しみがある選手やなって、前回も見て呼びたいと思ったけど、こういう姿を見ると俺らもそう思う」とさらに期待を膨らませた。小野寺は「結果を残して1軍に残り続けたい。数少ないチャンスを生かしていきたい」と意気込んだ。




    育成の星、活躍してくれました! 阪神育成1位小野寺が2安打3打点 矢野監督も期待  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003240000875.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsさんから


    続きを読む