とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    履正社

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇夏の甲子園大会優勝旗返還式に参加

     昨年夏の甲子園大会を制した履正社(大阪)による優勝旗返還式が19日、甲子園球場で行われた。例年は夏の甲子園大会の開会式で前年優勝校が返還するが、今夏は新型コロナウイルス感染拡大で中止になっていたため、式典が代替開催された。

     今秋のドラフト候補で元阪神内野手の関本賢太郎さん(42)を父に持つ関本勇輔主将(3年)も参加。高校通算20本塁打を誇る強肩強打の捕手は、すでにプロ志望届を提出済み。来月26日のドラフト会議を前に「早く父に追いつきたい。その夢をかなえるために(父と同じ)高卒で入ることにこだわってます」と話した。

     優勝旗を返還した関本主将は以下の通りあいさつした。

     「本日はこのような特別な優勝旗返還式を開いていただき、本当にありがとうございます。優勝旗を持って行進しているなかで、昨年先輩方とここで優勝した瞬間を思い出しました。今年は世界的な感染症問題で全国の高校生の大会や行事が中止になりました。私たちは答えのない状況に苦しみ、目標を失ったこの気持ちをどこにぶつければよいのかとたくさん悩みました。そのときに支えになってくれたのが先生方や家族、そして共に目標に向けて頑張ってきたチームメートでした。そのとき私は、野球ができているのは周りの方々の支えがあってのことだと感じました。さまざまな行事が中止になる中で、高校野球は関係者の方々のご尽力で地方の独自大会や甲子園交流試合を開催していただきました。この話を初めて聞いたとき、みんなと野球ができると思い、本当にうれしかったです。小さいころから夢見てきた甲子園でプレーできたことは一生の財産となりました。日本高等学校野球連盟、全国の高校野球連盟の関係者の皆さまには感謝してもしきれません。偉大な先輩方から受け継いだ優勝旗を甲子園球場で返すことができ、とてもうれしいです。来年はこの状況が少しでも良くなり、全国の高校生の大会が開催されることを願っています。本日は本当にありがとうございました」




    全国高校野球選手権大会  優勝旗返還式 選手あいさつ 履正社・関本勇輔主将 2020.9.19 #履正社 #選手あいさつ https://t.co/duXZC120Kh



    ①履正社の主将は関本勇輔くん。阪神タイガースOBの関本賢太郎さんの息子さんである。主将のあいさつ?の後にしっかりお父さんが抜かれてた。え?どこに座ってるか事前にチェックしてたの?カメラマンさん、すごいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     昨夏の第101回全国高校野球選手権大会で初優勝した履正社高(大阪)による優勝旗返還式が19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で実施された。例年は夏の甲子園大会の開会式で前年優勝校が返還するが、今夏は新型コロナウイルス感染拡大で第102回大会が中止になったため、式典が代替開催された。

     履正社高の野球部員は、西宮市立西宮高の女子生徒の先導で右翼側から入場行進。マウンド付近に整列し、関本勇輔主将が優勝旗を返還した。同主将は「来年は大会が開催されることを願っています」とあいさつした。

     吹奏や合唱も行われ、部員や保護者らのほか、一般客は約620人が招待された。







    優勝旗返還式に行ってきました。 久しぶりの甲子園球場。やっぱり甲子園球場の波動は魂に響きます。なんとも表現できない感覚です。 途中、去年の履正社vs.星稜戦の映像がながれましたが改めて履正社すごいって思いました。色んな想いが巡り涙が出ました。 とにかくこれからも履正社大好きです。 https://t.co/Avu20f7byg



    夏に開催されたのは春のセンバツ出場校の交流試合 夏の甲子園は中止のため去年の優勝旗の返還式が出来ず、優勝旗を返還するだけのイベントが開催されたんですぬ その際の履正社主将の挨拶が泣ける そして来年の夏の甲子園では優勝旗の返還が行われないのだなぁ…  https://twitter.com/ryuheian/status/1307247046676508673 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     日本高校野球連盟は17日、連盟ホームページ上に掲載している「プロ野球志望届提出者一覧」を更新。元阪神の関本賢太郎氏(41)の長男でもある履正社(大阪)の関本勇輔捕手や埼玉栄の内田了介投手、明桜(秋田)の佐々木湧生投手ら37人が新たに加わり、計126人になった。




    2020年高校生プロ志望届提出選手一覧 37人が追加され126人となりました。 埼玉栄・内田了介投手、成田・古谷将也捕手、松阪商・阪本和樹選手、履正社・関本勇輔捕手、大分舞鶴・木村駿太朗投手など  https://www.draft-kaigi.jp/highschool/high-draftnews/55469/  #高校野球 #ドラフト



    関本の息子プロ志望出したのね 阪神取るやろ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ◇2020年甲子園高校野球交流試合 履正社10―1星稜(2020年8月15日 甲子園)

     昨夏の甲子園大会決勝の再戦で、履正社(大阪)が星稜(石川)に大勝した。履正社は、今秋ドラフト候補の関本勇輔捕手(3年)が自身甲子園初安打となる適時打を放ち、守っても3度の二盗を阻止するなど攻守に活躍した。阪神で活躍した父の関本賢太郎氏(41=スポニチ本紙評論家)も一塁側スタンドで見守り、本紙に観戦記を寄せた。 

     【父賢太郎氏観戦記】祈る思いで見つめていました。3年間の集大成として悔いのない試合を、と願っていましたが、想像以上の結果に感慨深いものがありました。

     「ようやった」

     「ありがとう。親孝行できたかな?」

     「十分、十分!」

     試合後のやりとりからも分かるように、履正社では3年間補欠ということも覚悟していました。それが4番を打たせてもらったり、プロに注目してもらえるようになるとは思いもしませんでした。

     高校進学に際し、勇輔にどういう思いで高校野球をやるのか聞きました。

     「僕はプロ野球選手になりたい」

     「それなら、大阪の強豪校でレギュラーになれないと無理やで」

     こうして、勇輔自身が履正社への進学を決断しました。

     主将としてコロナ禍を経験したわけですが、センバツ中止の決定を聞いた日はさすがに落ち込んでいるようでした。帰宅した勇輔の方から「中止なったな」と声をかけてきました。それを言ったきり、自分の部屋から一度も出てこなくて…。自宅でバットを振らなかったのは、3年間であの日が最初で最後でした。

     プロになりたいと初めて思ったのは、僕の引退試合だったそうです。セレモニーで花束をもらったのですが「グラウンドからスタンドを見たら、めちゃくちゃたくさんのファンの人がパパのために残っていてくれた。それを見て、パパの偉大さを知ったし、自分も同じようにプロになりたいと思ってん」と最近になって聞きました。

     進路に関しては本人に任せています。成功しても失敗しても、自分で選んだ進路であれば納得できる。自分で決めたことをやり遂げられる人間になってほしいと思います。(スポニチ本紙評論家)




    阪神に入ってほしい 関本賢太郎氏 甲子園での息子の雄姿に感慨深げ「僕の引退セレモニーがプロを目指すきっかけに」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/16/kiji/20200816s00001002155000c.html 



    関本賢太郎氏 甲子園での息子の雄姿に感慨深げ「僕の引退セレモニーがプロを目指すきっかけに」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 泣ける素晴らしいお話🥺  https://news.yahoo.co.jp/articles/c51ebf7993cdd596a15cf24042a402d4a004ac06 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    ◆2020年甲子園高校野球交流試合第4日(15日) ▽第1試合 履正社10―1星稜

     元阪神内野手・関本賢太郎氏の長男で履正社の主将・関本勇輔捕手が攻守で存在感を放った。

     「4番・捕手」で先発出場し、2回に2死一、三塁から適時打を放つと、9回には右前安打で出塁し、チームの10得点目のホームを踏んだ。

     守備でもエース・岩崎をリードし、2回にはバックネットギリギリの捕邪飛を好捕し、5~7回は3イニング連続で二盗を阻止する強肩も披露した。

     父の活躍した聖地・甲子園で躍動し、試合後のインタビューで「夢というか憧れていた場所でプレー出来たのでうれしい気持ちでいっぱいです」と振り返った。

     また主将として仲間に向けて「いったん高校野球は終わるので、みんなに『お疲れさま』というのと、『ついてきてくれてありがとう』と伝えたいなと思います」と話した。




    履正社・関本勇輔捕手、素晴らしい活躍だった!父親が元阪神タイガースの関本賢太郎さん。今年のドラフトで阪神が1位指名か!?



    今日ユニバか迷ったんですが高校野球観てました☺️☺️ 履正社と星稜めっちゃ最高でした☺️☺️ 元阪神の関本賢太郎選手の息子さんの肩の強さやばかった☺️☺️ pic.twitter.com/cS2I6dl77d


    続きを読む

    このページのトップヘ