とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岡田彰布

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     現場にはいなかった。でもテレビ画面を通して“感動”は十分に伝わってきた。6月4日、千葉のZOZOマリン。今年の阪神の交流戦スタートはロッテ戦。9回、そこで感動の瞬間が訪れた。

     球場のザワつきはなんだ。敵も味方もない。みんながこの時を待っていた。「代打・原口」――。この瞬間、大きな拍手が起きた。

     オレが阪神の監督をやめてから入団してきた選手で、直接、話したことはない。それでも気になる若者やった。それが原口文仁。関係者、マスコミの人から、よく聞かされた。とにかくマジメで、素晴らしい人間性。彼のことを悪く言う人間はいない……。さすが東京の伝統校・帝京高出身である。厳しく育てられたんだろう。しっかりとした“シン”を持っている若者という印象を、オレは彼から受けていた。

     ケガもあり育成となって背番号は3ケタ。数年前のキャンプで、その3ケタの背番号が躍動し、が然注目される存在となり、その後は着実な歩みを示してきた。でも今年、自ら明かした大腸ガンの病……。経験がないから軽々しく言えないけど、肉体的、精神的な落ち込みは相当なものやったと思う。

     ただ、原口は歩みを止めなかった。手術し、リハビリを続け、再びユニフォームを着るまでにもってきた。この歩みがスゴいのに、6月4日、ついに一軍に戻ってきて、タイムリーを放った。

     不屈の闘志というのかな。彼を支えたのは戦う心やったに違いない。負けたくない、支えてくれる人々のためにも、そして何より野球が好きだ。それらの思いが、彼を突き動かしたんやろうね。

     野球にはドラマがある。それもシナリオのない本物のドラマよ。たった1本のヒットの裏に秘められたドラマ。まさにこの夜の打球は、野球ならではの人間ドラマやったとオレは今でも感動、感激している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00000002-baseballos-base



    #岡田彰布のそらそうよ 】 岡田彰布コラム「阪神の原口の復帰といきなりのタイムリーには感動したわ。この流れで阪神はチャンスをつかめ」 今回の原口のカムバックといい、“何かが起きる”そんな予感がするタイガース #原口文仁 #阪神 #tigers #交流戦 #岡田彰布  https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=078-20190624-01 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     プロ野球2019年シーズンの始まりが近づいてきた。「開幕スタメン」の青写真は、どうなるのだろうか。12球団すべてで激しいスタメン争いが続いているが、昨年最下位の汚名を返上したい阪神タイガース、トラの激戦区はショートだ。

     37歳の鳥谷敬が再挑戦を表明。昨年は北條史也(24)のスタメンが多かったが、ドラ3ルーキーの木浪聖也(24)の評価が急上昇。監督として2005年にチームをリーグ優勝に導いた岡田彰布氏も木浪を絶賛する。

    「しぶといバッティングをする。初球からでも甘い球は狙っていくし、追い込まれても変化球を逆方向に逆らわずに打つなど、プロに対応できとる。すでに実戦で結果を出しているところが凄い。今のところ守備も危なげないように見えるな」

     社会人を経てプロ入りした木浪の“完成度”に岡田氏も太鼓判を押すのだ。

     一方、“元教え子”の鳥谷にはこんな言い方をする。

    「鳥谷はショートの守備がダメでサードにコンバートされたんちゃうからな。そりゃ守備範囲は少し狭くなり、肩も衰えたかもしれんが、サードでもゴールデングラブ賞(2017年)を獲った。40歳を超えて体がもう動かないという状態やない。まだ全然やれるやろ。

     むしろ北條は、ポジションを一度、譲ってもらったのに、その後も不振で二軍に落とされたりしている。プロやから正面から勝ち取らなあかんのになぁ」

     チームは2年連続最下位だけは避けねばならない危機的状況にある。

    「そもそもの話でいうと、この時期に二遊間のレギュラーが決まってないというのはどうかと思うで。連携プレーが多いからな。矢野(燿大)監督は何を決め手にしようとしているのか……。守備なのか、打撃なのか、それとも若手を育てたいのか。その優先順位が見えない。こんな調子では開幕してもレギュラーが決まってへんのちゃうか」

     虎党の心配も募る。

    ※週刊ポスト2019年3月15日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00000016-pseven-spo

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/14(月) 16:01:04.15 ID:aCUau1XT0
    今年に関しては「打つ方がね。福留、糸井に頼らず、若いのがね…。高山とか大山とか。化けるのは大山。目をつぶって4番をやらさないと。
    強いチームの打順はある程度不動。ころころ変えるとなかなか機能しない」と持論を語り、

    「外国人の4番はいらない。去年のロサリオは絶対4番で3割30本打つと思った。バースでも大したことなかった。
    1年目で一番いい外国人と思ったら、それがあんなんになった」と場内の笑いを誘った。
    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/14(月) 16:01:14.91 ID:aCUau1XT0

    引用元: http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547449264/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/14(月) 16:47:26.90 ID:uJ8o8BN29
     阪神、オリックスで監督を務めた岡田彰布氏(61)が14日、開設69周年記念「和歌山グランプリ」を開催中の和歌山競輪場でトークショーを行った。

     競輪の生観戦はこの日が初めてという岡田氏。「でも、西宮や甲子園があったころは、内緒で買っていた。なかなか当たらなかったですね(笑い)。野村監督の下で二軍監督を務めていた時代には、若手の浜中(治)や関本(健太郎)が静岡の競輪の施設で自主トレをやったこともあった」と、競輪との関わりを語った。

     古巣・阪神は昨年、屈辱の最下位。自身が率いた2005年以来リーグ優勝から遠ざかっているが、当時を振り返って「04年から監督になったが、その年の夏にアテネ五輪があって、安藤(優也)ら主力が代表になった。そこで若手の藤川(球児)や久保田(智之)を使ったことが、翌年の『JFK』、優勝につながった」と秘話を披露した。

     今年の阪神について質問が及ぶと「広島も巨人も強い。3位かな」と辛口の予想。その上で「矢野監督は自分の色を出して、思い切りやってほしい。前年が最下位なんだから、真逆のことをやってもいい。打線は福留や糸井に頼ってばかりじゃダメ。大山や高山が出てこないと。大山は1年間4番で使うべき」と新指揮官にエールを送る一方、「もし縁があれば、もう一度自分も監督をやってみたい。オリックスでやったし、パ・リーグはもうええかな(笑い)」と、現場復帰に意欲をのぞかせた。


    1/14(月) 16:15配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000114-sph-base

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547452046/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 01:34:56.51 ID:WgPvgPOKM
    2

    岡田彰布「投手でいえば、中日からガルシア(29)を獲得したのは大きいわな。
    ただオリックスから来た西(勇輝、28)は、去年は10勝13敗なんやろ。
    10勝って13負けるんだったら3勝0敗の投手の方がええやろ」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00000015-pseven-spo

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1547224496/

    続きを読む

    このページのトップヘ