とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    岩貞

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/05(木)23:00:50 ID:zWD
    20160423-00000157-sph-000-2-thumb

    熊本市立必由館高等学校
    横浜商科大学
    >>2013阪神ドラフト1位
    >>2014 6先発 29.1回 1-4 4.60
    >>2015 5先発 20.2回 1-1 4.35

    >>2016 5先発 34.1回 2-1 0.79


    菅野を抑えてセリーグ防御率トップ
    何があったんや?

    2: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/05(木)23:01:23 ID:P0Q
    コントロールが劇的に改善された
    元から球の質は良かった

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1462456850/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/05/01(日)07:10:30 ID:
    0.79
    tig16032205040011-p4
     
    3: :2016/05/01(日)07:16:01 ID:
    岩貞「援護がない」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/30(土) 07:14:35.49 ID:

     ◇セ・リーグ 阪神2―1DeNA(2016年4月29日 甲子園)

     守護神マテオが最後の打者を打ち取った瞬間、ベンチで戦況を見つめていた阪神・岩貞の張り詰めた表情が和らいだ。6回4安打1失点、8奪三振の好投で、今季初勝利を挙げた2日DeNA戦以来、27日ぶりの勝利。シーズン2勝目は3年目で初めての体験となった。

     「勝ちたい一心でベンチで応援していました。(9回は)信じていたので、勝って良かった。勝ち星、数字が一つ増えるのはうれしいです」

     3回1死一塁の打席で送りバント失敗(記録は三振)し悪い流れをひきずったまま上がった4回のマウンドで2死から自らの失策を機に先制点を献上した。「慎重になりすぎてリズムに乗れなかった」。不穏な流れの中、同世代の果敢なプレーで闘志に再び、火が付いた。陽川が5回にプロ1号となる決勝2ランを放てば、直後の6回には先頭ロペスの飛球に中堅・江越が気迫あふれるダイビングキャッチ(記録は三塁打)を敢行。「自分もやらないとと思った」。江越の守備は結果的に無死三塁の危機を招いたが、井手を中飛、倉本、飛雄馬を空振り三振に仕留めてこれ以上ないガッツポーズで吠えた。

     初めてバッテリーを組んだ原口の好リードにも支えられた。「(これまで組んでいた)梅野とは違う配球だったので相手を惑わせたのかもしれない。追い込んでからのチェンジアップではなく直球だったり」。要所を締めた左腕に、金本監督も「調子は落ちてきている中でも6イニング1失点。そこら辺を評価したいですし。何より勝ちがついたのがね。僕自身もホッとしました。三振、三振でね」と称えた。

     出身地・熊本を襲った地震に胸を痛めるが、今は野球で元気づけることしかできない。救援物資を送るなど支援活動を続けているが、14日の地震発生後、2試合に先発したが、いずれも勝ち星はつかめず。「つらい思いをしている人がいる中、できることは限られている。支援しながら野球を一生懸命やっていきたい」。思いがこもった101球でやっと勝利をつかんだ。リーグ最多の46奪三振で防御率0・79はリーグ2位。「ここからまた乗っていきたい」。そう言った背中が頼もしかった。 (湯澤 涼)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000031-spnannex-base
    2:2016/04/30(土) 07:15:27.83 ID:
    答えろ!江越ゥー!
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/29(金) 23:08:42.92 ID:

    ◆阪神2―1DeNA(29日・甲子園)

     阪神の岩貞祐太投手(24)が29日のDeNA戦(甲子園)で、6回4安打1失点(自責0)の力投で2勝目を挙げた。4回にみずからの失策から先制を許したが、味方が逆転した直後の6回無死三塁では井手を中飛、倉本、飛雄馬を連続三振に仕留めて、ピンチを脱した。

     今季は救援陣が打たれて白星を逃した試合もあったが、9回1死三塁のピンチも守護神・マテオが抑えてくれた。ベンチで見守った岩貞は「(9回は)信じていました。数字として白星が1つ増えたことはうれしいです。先制点のところは躍動感が欠けていたと思う。自分自身でそれに気づいて、また、飛ばせていけたのが良かった」と、4月2日以来の白星に表情を崩した。

     8個の三振を奪い、リーグ1位の46奪三振。防御率0・79は巨人・菅野(0・56)に次ぐ同2位と、エース級の働きを見せている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000190-sph-base
    岩貞最高や、森なんていらんかったんや
    2:2016/04/29(金) 23:09:20.13 ID:岩貞スルーして大瀬良指名した球団wwwwwwwwwwww
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/04/23(土)17:00:10 ID:

     阪神・岩貞祐太投手(24)が23日の広島戦(マツダスタジアム)に先発し、7回途中1失点と好投したが、打線の援護なく初黒星を喫した。

     今季初登板から3試合連続で2ケタ奪三振とブレーク中の岩貞が、この試合も粘りの投球で存在感を見せた。この日の三振は4つで、2ケタ奪三振の連続試合記録はストップしたが、先発としての役割をきっちりと果たした。

    「調子自体は良くなかった。毎イニング終わるごとに捕手と話しをしながら、戦術を立てて試合を作ることができた」と振り返るように序盤は制球に苦しんだ。失点は3回の菊池の適時打による1点のみだが「好投手を相手に先制されたら、流れを持ってこれない。先制されずに流れを持ってきたかった」と悔やんだ。

     金本監督も「悪いなりに十分抑えてくれた」とねぎらった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000043-tospoweb-base
    三振だけではダメなのか
    2:2016/04/23(土)17:00:36 ID:
    点取られるから
    続きを読む

    このページのトップヘ