とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    島田海吏

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     鳴尾浜の施設でフリー打撃やウエートトレーニングなどで汗を流した阪神・島田は30日、球団を通じて取材対応。体重を増量させることで、さらなるパワーアップを目指していることを明かした。

     「(今年は)体重が増えてバットが振れている実感があるので、スピードを殺さない範囲で、まだ増やしてもいいのかなと。この(開幕が延期になっている)期間で少しでも増やせたらと思っています」

     昨季終了から約5キロ増量し75キロで臨んだ今春のオープン戦、練習試合では打率・280とまずまずの数字を残した。3月22日のヤクルト戦では途中出場で本塁打を放つなど、快足を生かした走塁と守備に加え、新たな一面を見せた。

     開幕が延期になったことで、さらなるレベルアップが可能となった。「力強いスイングをするためにも下半身のトレーニングに力を入れて取り組んでいきたい」。今は鍛錬のとき。開幕した暁には、大きく成長を遂げた島田が甲子園で躍動するはずだ。




    背番号「53」が躍動する映像が思い浮かぶ! 阪神・島田“イメトレ素振り” 安定スイングへ下半身強化、定位置奪取へ準備/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/05/01/0013310507.shtml  @Daily_Onlineさんから



    島田海吏さんがいっぱい☺️✨ 朝からニヤけ止まらん最高かよ😂👏 (マジで嬉しすぎて記事載ってたデイリーもスポニチもニッカンも全部買ったやで) pic.twitter.com/OwgPgZYaZ9





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神で若虎ナインのパワーアップが著しい。21日のヤクルト戦では1メートル75センチ、71キロの植田海内野手(23)が満塁弾、22日には1メートル76センチ、68キロの島田海吏外野手(24)も本塁打を放つなど、これまでどちらかといえば、守備走塁が専門の“自衛隊”だった面々が、長打でアピールした。

    「去年の秋から春キャンプと、一貫して若い子を振り込ませてきた井上打撃コーチの教えが徐々に形になってきている」。そう語るのが阪神OBで野球評論家の柏原純一氏だ。

     そのうえで同氏は「選手がソノ気になっている今こそ、次の一手の打ちどき」と、さらなる真価を目指した“刺激注入”を提案する。それは「年間を通じて、このレベルをキープするために、スイングのキレ、スタミナを養う」ことを目的とした投手陣が通常行うような走り込みに主眼を置いた「調教トレ」だ。

    「他のコーチにも協力してもらって球場のポール間や、内野手でも外野でアメリカンノックを受けるなど、下半身をイジめる。連続ティーなどやって振る力、パンチ力がついてきた今だからこそ、年間を通じてそれをいつでも出せるだけの下半身の土台をつくっておく」という考え方だ。

     折しも22日現在で開幕日は未確定で、練習試合でもとくにビジターでは、練習時間も限られてくる。そんな制約があるなかでも試合前練習でもコレを行うことが可能なのも利点と同氏は語る。

    「普通なら野手のほとんどが『なんでそんな投手の練習?』って思う人間が多いと思うけど、植田や島田のような非力が課題の選手が、これまでと違う姿を見せたことで、他の選手も『こいつらでこれだけ伸びるなら』って周囲も納得する。選手からすればこれまでにない『新しい能力』を作って、認めてもらうチャンスだし、誰か一人でも伸びしろを見せれば、それはチームの戦力に跳ね返ってくるわけだしね」

     若虎が変われば、今季の阪神の成績も大きく変わってきそうだ。




    やっぱり井上コーチは有能だったね。矢野さんのナイスな人選。井上コーチ来てくれて本当にありがとう。 井上コーチ効果で植田&島田の“阪神自衛隊”がバットでも前進 若虎よ下半身をイジめ抜け (2020年3月23日) - エキサイトニュース  https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1786521/  @ExciteJapanから



    めっちゃ阪神撃ちよるやん、もしかして井上一樹打撃コーチ有能


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・島田海吏外野手(24)が22日のヤクルト戦(神宮)で、右翼席へ今季の実戦1号となるソロ本塁打を放った。

     「高めの苦手意識があったので、最近は課題を持って練習していた。いい結果につながって、やってきたことは間違っていないと思った」

     五回に代走で途中出場。4-0の七回、先頭で打席に入ると、ヤクルトの4番手・梅野の141キロ直球を一閃した。高めのボール球にも振り負けず、打球は右翼スタンドへ一直線。前日21日に、満塁本塁打を放った植田に続き、伏兵が豪快な一発を見せつけた。

     昨年、台湾で行われたウィンターリーグから取り組んでいるのが強く振ること。「足があるとはいえ、ある程度、相手の投手に恐怖を与えないといけない」。50メートル5秒8の俊足に加え、打棒に磨きをかけてきた。開幕1軍へ、最高のアピールとなったはずだ。






    島田海吏?別人なってるやん! 高めをお手本見せみたくうったぞ?なんこれどこの稲葉さんだよ!?  https://twitter.com/nuremoh/status/1241610780140658688 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇練習試合 ヤクルト―阪神(2020年3月22日 神宮)

     阪神・島田海吏外野手(24)がヤクルト戦の7回に“1軍初”本塁打を放った。

     5回に代走として出場し、7回先頭でこの日の初打席を迎えると、この回からマウンドに上がったヤクルト・梅野に対して2ボール1ストライクから高め141キロ直球を振り抜いた。大きな放物線を描いた打球は右翼スタンドに到達。昨日の植田に続いて伏兵が一発を放った。公式戦であればプロ入り後1軍初本塁打だった。




    ヤクルト - 阪神 練習試合 島田海吏 ソロホームラン 2020/3/22 https://t.co/EuGFiTZgCx



    昨日の海くんの満塁ホームラン 今日の島田くんソロホームラン これは応援歌作るしかないやろ😮😮 #阪神タイガース  https://twitter.com/x_srh910_/status/1232622527626665985 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神中谷将大外野手(27)が4日広島戦(甲子園)で1軍に今季初合流することが3日、分かった。春季キャンプは2軍の安芸スタート。23日西武2軍戦でアーチを放つと、翌24日の四国IL・高知戦でも2戦連発と猛アピールしていた。

    この日は鳴尾浜で練習したが17年に20本塁打を放ったスラッガーが招集され、外野争いに参戦する。代わって、島田海吏外野手(24)が2軍に合流する。




    中谷1軍か やはり石川対策として上げてきたな



    中谷1軍ようやく 遅いんだよ たらたらしてるんじゃねーよ 期待しかしてねぇからな


    続きを読む