とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    平田2軍監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     きょう2日から2軍も練習試合が再開される。阪神・平田2軍監督は1日、球団を通じた取材で将来の4番候補として期待を寄せるドラフト2位・井上とエース候補の同1位・西純を積極的に起用し、英才教育する方針を示した。

     「彼(井上)にはタイガースの4番としての自覚や戦う姿勢というものをつくってあげたいし、持ってほしい。試合での結果というのは気にしない。4番として戦う姿勢が見えている限りは4番として使い続けたいね。(西純も)先発として使っていく予定。状態次第だが、ローテとしても考えていきたいね」

     井上は3月の教育リーグと2軍練習試合を合わせ12試合で4番に座った。球団を通じ対外試合再開に向け気持ちを新たにした。

     「ここまで自分のできることをやってきたので、試合が再開されたら、次はやってきたことを発揮していきたいという思いです」

     コロナ禍による限られた時間の練習の中でも向上心は高く持ってきた。巨人・岡本や広島・鈴木誠の打撃フォームを研究し「下半身をしっかりと使うことによって、脱力していても強い打球が打てるようになりました」と今まで以上に手応えを感じている。

     西純も3月の練習試合で2度、中継ぎでマウンドを経験。現在も状態に不安はない。今後は先発で経験を積んで一日も早く聖地での登板を目指す。高卒コンビがどんな成長曲線を描いていくのか。ともに楽しみな材料はそろっている。(長谷川 凡記)




    平田2軍監督「彼(井上)には4番としての自覚や戦う姿勢というものをつくってあげたいし、持ってほしい。試合での結果は気にしない。4番として戦う姿勢が見えている限りは4番として使い続けたいね。(西純も)状態次第だが、ローテとしても考えていきたいね」 #井上広大 #西純矢  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/02/kiji/20200602s00001173079000c.html  pic.twitter.com/kbeKyNoLMy


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


     阪神春季キャンプ(11日、沖縄・宜野座)阪神・平田2軍監督は11日、今年初の実戦が雨天中止となり、がっくり。2軍の高知・安芸キャンプで「残念だね。やりたかった。選手ががんばっているのに、天気ががんばれなかった」とあいにくの空模様を悔しがった。藤原オーナーが視察予定の16日の西武戦に向け「オーナーも来られるし、選手たちの意気込みも違う。その意気込みを第1クールから感じられている」と期待を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000585-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/11(金)23:49:14 ID:A6p
    2

     阪神・平田勝男2軍監督が11日、サンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演した。

     14年以来の2軍監督復帰の裏話を語った。昨季まで2軍監督をし、今季から1軍の指揮官となった矢野監督が就任決定後「もう一回(2軍監督を)やりたいとおっしゃってましたよね、もう一回ファームの監督やってくれますか」と依頼を受けたという。「うれしかったですね」と快諾した背景を思い出し、笑顔を浮かべていた。

     し烈な競争を極める内野陣の注目選手の中では植田について言及した。昨季19盗塁を記録した韋駄天(いだてん)について「走塁は一級品。ずっと出れば盗塁王を取れるだけの脚力を持っている」と高い評価を述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000115-dal-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547218154/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    新体制で白星発進だ。阪神2軍は23日、「みやざきフェニックス・リーグ」の韓国・斗山戦(生目第二)に4-3で勝利した。
    平田勝男2軍監督(59)が指揮を執っての“初陣”で高山俊外野手(25)、江越大賀外野手(25)に本塁打が飛び出すなど、接戦を制した。 気合十分で臨んだ“初陣”で白星発進を決めた。試合後、平田2軍監督が満面の笑みで振り返った。
    「勝ち負けは関係ないにしてもさ、やっぱり気分はいいもんだよ。(選手たちから)いいところを出そうという気持ちが伝わるよ」 先制を許し、2度の勝ち越しも許したが、そのたび追いついたのは“教え子”たちの一発だ。前日22日に、宮崎に到着即個人面談をおこなった指揮官。
    中でも「ボール球を振らないというのではなくて、甘い球を打つ」と金言を授けた江越が、八回に左中間へ本塁打。江越本人も「これを続けていきたいです」と手応えをにじませた。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181024/tig18102405010005-n1.html 


    ▼高山俊ホームラン
    taka

    taka



    ▼江越大賀ホームラン

    egosi

    ego2


    続きを読む