1


 ◇セ・リーグ 阪神8-3中日(2020年7月18日 甲子園)

 【広澤克実 視点】快勝と呼べる試合で、糸原や大山がヒーローだとしたら、陰のヒーローは木浪だろう。

 7番が出塁する無死一塁(もしくは二塁)の形での8番の仕事は大事だ。9番は大方が投手。バントをすれば得点圏には進むが、相手に1アウトを与えてしまう。結果、得点する確率は3分の1以下になり、打った方が得点につながりやすいというデータがある。その意味で3、5回と木浪はしっかりと期待に応えた。

 野球には走攻守という見える要素と、流れや運という見えない要素がある。木浪の2安打はある意味で見えない要素だったが、流れを引き込み、ベンチの空気が良くなったと感じた。場数をこなしたベテラン選手でも、こんなケースで打てることは年に何回もない。特に木浪は試合前まで打率・224。私は「打たせてほしいな」と思って見ていたが、良い意味で驚かされる打撃だった。

 こうなると、待たれるのが近本の復調だ。3回に思惑通りゴロを打ち、打点を挙げたが、本調子に程遠い。まずは現状把握だろう。何が打てていないのかを把握し、修正する作業に取りかかってほしい。それでも状態が戻らないなら、狙い球を絞る作業もいい。今は速い直球を待ち、変化球に対応する打法だ。それを直球か変化球か、どちらかに絞って待つか。もしくは引っ張るか、おっつけるか。ボールの待ち方を変えるのも一手になる。いずれにせよ、近本がスタメンに入ったり出たりでは、打線が落ち着かない。勝率5割も見えてきて、さあ巨人に追いつけ、追い越せという今こそ、近本の復調がカギになるだろう。




陰のヒーローはきなみん!!! 広澤克実氏 流れ引き込んだ陰のヒーローは木浪― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/19/kiji/20200719s00001173077000c.html 



昨日の木浪は実はマルチ安打打っててチャンスの起点になってたんよな これは陰のヒーロー


続きを読む