とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    後半戦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     ◆投手

     今季FAで加入した右腕が後半戦も安定感あふれる投球を披露する。前半戦は15試合に登板し、防御率2.87。クオリティースタート(6回以上で自責3以下)を12試合で達成。達成率80%はリーグトップタイだ。打線の援護に恵まれず、勝敗こそ3勝7敗だが「チームに勝ちが来るように自分自身が投げるだけです」。重要視するイニングはリーグ3位の103回1/3を消化。夏場は右腕の力が必要になる。西らしい投球ができれば、8試合遠ざかっている白星も自然と増えるだろう。(中村 晃大)

     ◆打者

     快足のドラフト1位ルーキーが今やチームの浮沈を左右する存在になった。開幕直後から好調で、交流戦まで打率3割7厘、15盗塁とチーム2位の原動力に。しかし、交流戦では打率1割6分5厘、3盗塁と不調で、チームも借金4を背負って10位に沈んだ。ただ、交流戦明けからは復調気配。初出場の球宴第2戦では史上2人目のサイクル安打を達成。「状況に応じて、やるべきことをやりたい」。独走する首位・巨人を追いかけるには、近本が出塁して俊足でかき回すことが求められる。(嶋田 直人)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000101-sph-base



    【阪神】 後半戦ローテ再編 ガルシアがナゴヤドームで先発 望月が今季初先発  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000023-dal-base  (デイリー) vs中日《ナゴヤD・18(水)豊橋》 15(火)ガルシア 16(水)西 17(木)岩田 vsヤクルト《甲子園》 18(金)高橋遥 19(土)青柳 20(日)望月



    さあ。今日から後半戦! 1番近本暴れまくれ!2番糸原しっかり繋げ!大山4番の意地みせてやれ!!髙山打ちまくれ!梅ちゃん攻守に頼むばい!そして原口!野球の神様は君の味方!おもいっきり楽しめ😊最後に球児!追いかけた夢いっしょにみるぞ✨ペナントレースも残り半周、突き進め阪神タイガース! pic.twitter.com/9PPwPEhW52



    後半戦スタート⚾️ 頑張っていきましょう〜💪 近本くんと木浪くんの応援歌覚えな😍✌️


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     阪神のオネルキ・ガルシア投手(29)が14日、甲子園での全体練習に参加し、先発予定のあすの中日戦(ナゴヤドーム)に向け気合を入れた。

     「相手、場所関係なく、前回の登板のように長いイニングをしっかりと投げられるように頑張りたい」

     今季初めて古巣と対戦する。球宴明けの初戦を任された左腕はショートダッシュやキャッチボールなどで調整した。

     前回登板した9日の巨人戦(甲子園)では8回102球を投げ、5安打1失点と好投したが、打線の援護に恵まれず4敗目を喫した。慣れ親しんだ敵地のマウンドで今季3勝目を目指す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000535-sanspo-base



    明日の先発はガルシア! #阪神タイガース



    明日先発ガルシアなのね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    <マイナビオールスター2019:全セ11-3全パ>◇第2戦◇13日◇甲子園

    球宴初出場で初登板した阪神青柳晃洋投手(25)が、日刊スポーツのインタビュー第2回で前半戦を振り返る。開幕から先発ローテーションを守り、ここまでキャリアハイの5勝。矢野監督や先輩の西の助言を胸に刻み、後半戦もローテーションを守る。【取材・構成=磯綾乃】

       ◇   ◇   ◇

    14試合に登板し5勝5敗。収穫も課題もあった。

    「数字としては5勝出来て、僕の中では良く出来てるかなとは思っているんですけど。やっぱり後半ちょっと落ちてきたなという部分がある。初めてのローテーションで難しいところがあるなと思います」

    直近3試合は5回持たず降板と悔しい投球が続く。

    「コンディションだったり、対策されたりというのはいろいろある。ずっと同じようにやっていても勝てるわけじゃないんだなというのは、痛感させられました」

    交流戦前までゴロアウト率は両リーグトップ。「ゴロ」への意識を強くするきっかけがあった。

    「去年ファームで、矢野監督に『ちゃんと自分のピッチングスタイルというのを考えてやりなさい』というのを言われた。ゴロアウトを目指していったら、抜けてヒットになっても、今度はゴロでゲッツーになったりも出来た。そんなにいっぱい三振を取れるピッチャーでもない。自分のスタイルという形で、教えてもらいましたね」

    初めて開幕からローテを守る今季、オリックスからFA移籍した西も頼れる存在になっている。

    「3つ上なので、ある程度年が近いので聞きやすいですし、西さんからしゃべってくれることも多い。練習メニューはほとんど決まってるんですけど、体が元気な前半は決められた本数より多く走ればいいし、体が疲れてきたら少なくてもいいんじゃないか、とか。自分の体は自分しか分からないんだから、疲れている時に追い込んでいてもいい結果は出ないぞ、と」

    練習では一緒にキャッチボールを行うことも多い。

    「キャッチボールも、投げた次の日にそんなに強いキャッチボールいらないんじゃない? と。調整の中で今日は休む日って決めたら、それこそキャッチボールをしなくてもいい日を作ってもいいんだから、と。年が近くて実績がある人。素直に話も入ってきますし、いろいろ本当に教えてくれる。ロッカーも隣ですし、軽い感じでそういう話になったりとかもします」

    オールスター開幕前には、こう意気込んでいた。

    「楽しくやりたいというのは一番ですけど、何かつかめればいいかな、と。最近結果が出ていない、ここ3試合良くないので。これを機に何かつかめればいいかなというのもありますし、投げるその中で、いろいろ試したいことも試せればいいなと思いますし、その結果三振だったり取れたらいいなと思いますね」

    大舞台で奪三振とはならなかったが、この経験をリーグ戦で上昇のきっかけにする。(おわり)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-07131014-nksports-base



    阪神 青柳 確立した投球スタイル、球宴登板機に上昇へ (日刊スポーツ) 後半に繋げてくれーっ!👍⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-07131014-nksports-base 



    『初出場の阪神・青柳は他球団選手との交流を聞くと「山田さんに“次はセーフティーバントするからな”と言われました。絶対にやめてください!と言いましたけど」と苦笑い。フィールディングが苦手なだけに、ヤクルトの主砲の宣戦布告に戦々恐々でした』 こら哲人www  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/14/kiji/20190714s00001173131000c.html 



    追加・青柳投手 2イニング1被安打無失点。 阪神の出場選手が全員活躍しました。



    阪神・青柳、夢舞台満喫 上手投げで144キロ「やってみようかなと」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/14/kiji/20190714s00001173070000c.html  試合前の室内練習場では同じ下手投げのソフトバンク・高橋礼と30分に渡る“変則トーク”を繰り広げたことも明かし、「同じと思っていたけど、感覚が違った」と収穫を強調


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     「阪神1-4巨人」(10日、甲子園球場)

     矢野阪神はなすすべもなく、宿敵巨人に今季3度目の3タテを食らった。頼みのメッセンジャーが2回でKOされれば、打線も8安打でわずか1得点の拙攻。借金2ながら2位タイはキープしているものの、首位とは今季最大9・5差まで開いてしまった。このままズルズルいくわけにはいかない。後半戦に夢をつないでくれ!

     宿敵の背中がかすむ。前半戦最後の伝統の一戦。3夜連続で悪夢は繰り返された。最下位に沈んだ95年以来となる1シーズンで巨人に3度目の同一カード3連敗。矢野監督は最高のガッツポーズを繰り出すことはなく、静かに敗戦を見届けた。

     「負けている試合ってずっとそうなんだけど、チャンスは作れてるけど、あと一本というところが出ないのでね」。もどかしさを残したまま前半戦が終了。試合後、ファンにあいさつする表情も沈んでいるように見えた。

     初戦は競り負けて、2戦目は完封負け。そして3戦目。巨人の先発左腕・今村に対して右打者の野手を6人並べたが、序盤に4失点すると、反発する力はなかった。

     貧打が焦りを生む悪循環があった。六回無死。右前へライナーを放った糸井は、一塁を大きめにオーバーランした。すると、右翼・亀井が一塁へ送球。糸井は一塁へ背中を向けており、体を反転させてヘッドスライディングで戻ったが、タッチアウトとなった。

     清水ヘッドコーチは「二つ(二塁へ)行ってやろうというアレ(気持ち)が空回りしたね」。続く大山、マルテが連打を放っており、結果的にベテランのわずかな隙で、反撃の糸口を逃してしまった。

     借金2で2年連続の負け越しターンとなった。矢野監督は「それはもうしゃあない。そんなんは。何を言ったって返ってけえへんし。それは取り返すしかないので」といつも通り前向きな姿勢を貫いた。

     ただ、楽観視できない状況も近づいてきている。首位・巨人とは今季最大の9・5差。早ければ16日にも自力優勝の可能性が消滅する。

     「オールスターブレークで気持ちの部分と、やれることはやっていって。まだ59(試合)あるんで、自分たちの野球ができるようにっていうのと、成長していかないとやっぱり上に行けないので」

     今は一つずつ目の前の課題をつぶしていくしかない。リーグ再開となる15日・中日戦(ナゴヤドーム)までの4日間で、再浮上へのきっかけを見いだしたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000020-dal-base



    【ブレないデイリー】今日の一面 矢野虎、後半戦こそ嵐を呼べ!聖地で3タテ…Gと9・5差も「まだ59ある」 記事はコチラ→ https://www.daily.co.jp/tigers/2019/07/11/0012504687.shtml  #タイガース #阪神 pic.twitter.com/Q9WcTpkIPV



    @Daily_Online 大丈夫‼️巨人も大型連敗するから。必ず‼️ その時こそ、🐯が勝ち越すチャンス‼️🙏



    矢野虎、後半戦こそ嵐を呼べ! 聖地で3タテ...Gと9.5差も まだ59ある。 2位でターンしてるものの、9.5差。 このままズルズル行くわけには行かない。 後半戦に夢を繋いでくれ! 早ければ16日にも自力優勝の可能性が消滅。 (デイリーさん) 意地を見せましょう!!😐🐯 pic.twitter.com/t2gYnY8ka0


    続きを読む