とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    復調

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <広島1-5阪神>◇9日◇マツダスタジアム

    虎の4番が完全復活や! 阪神大山悠輔内野手(25)が3年連続2ケタ本塁打となる10号ソロを放つなど3安打2打点で勝利に大きく貢献。単打が出れば、サイクル安打の活躍だった。チームは同一カード3連敗を阻止し、4位も守った。一時は打撃不振に陥っていた4番が復調し、長期ロードの反撃に打って出る。

       ◇   ◇   ◇

    「夏の大山」が完全復活の打撃を見せた。2回だ。先発遠藤から左中間への二塁打を放ち、7番梅野の遊ゴロの間に先制のホームを踏んだ。同点とされた3回2死三塁では、決勝点となる適時三塁打。左翼長野が前進チャージして抑えられず、打球が転々とする間に三塁まで一気に到達した。第3打席は三振に倒れたが、ダメ押しは8回2死無走者の第4打席。一岡の初球、外角スライダーを一振りで仕留めた。左翼席に飛び込む10号ソロで試合を決めた。単打が出れば、サイクル安打の活躍だった。

    「勝ったことが一番。そこで仕事できたというのが一番よかった。チームの流れもあまり良くなかったですけど、こういう流れを変えるというか、大事な仕事ができたと思う」

    得意の広島戦で完全復調だ。前日8日の同カードは、15打席ぶりの安打となる9号ソロ。試合前の練習で矢野監督ら首脳陣から直接打席指導を受け、復調気配を見せていた。この日の3長打で、広島戦は32打数13安打6本塁打、打率4割6厘と相性抜群。一時の不調も、得意のコイ打ちで調子を戻した。

    矢野監督は4番の復調に「どんなバッターでも、どうしてもシーズンの中で波がある。昨日、今日のどこかにキッカケというのが、何かしら本人にもあると思う。まだまだシーズン続くので、その波を小さくしてやってくれたら」と期待した。

    この日の1発で3年連続2桁本塁打となったが、通過点に過ぎない。「1試合1試合。その結果が3年連続ということなので。3年連続であろうが、打てるところで打たないと意味がない。しっかり頑張ります」。同一カード3連敗と5位転落を阻止。長期ロードは1勝2敗のスタートなったが、試合を決める4番のバットで反撃開始だ。【奥田隼人】







    \とらほー/ 夏の大山、ありがとう。 日曜日6連勝


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神1-4巨人」(5日、甲子園球場)

     阪神1番・近本光司外野手のアイデアに、甲子園のボルテージが最高潮に達した。4点を追う八回だ。1死一、二塁で打席に立つと、1ボールからの2球目にセーフティーバント。投手と三塁の間に絶妙なゴロを転がし、満塁に好機を広げた。リードオフマンの快足がこの夜唯一の得点を呼び込んだ。

     初回の攻撃も近本の快音から幕が開けた。戸郷とは初顔合わせ。3ボール1ストライクから151キロの直球を強振し、鋭い打球で右前へはじき返した。4試合連続安打で8月は15打数7安打、打率・467のハイアベレージ。昨年8月は打率・250とやや調子を落としたが、この夏は元気いっぱいだ。一時1割台まで落ち込んでいた打率も・254まで上昇してきた。

     社高時代は甲子園出場なし。憧れの聖地で、春夏連続で頂点に立ったのが同学年の藤浪だった。近本は関学大、大阪ガスを経て同じドラフト1位で入団。高校時代も対戦がなかった2人の“競演”でもう一度、反攻ムードを高めていく。




    近本が技ありバントヒットなどでチーム唯一のマルチ安打と気を吐いた。近本はこれで4試合連続安打。8月に入ってからは15打数7安打と安打を量産している。 #近本光司  https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202008050001207_m.html?mode=all  pic.twitter.com/oPIWIkmH8N



    #阪神タイガース 近本、4試合連続安打で打率.254に上昇。ついに目覚めたか。2番に置ける打者が居ないのが辛い。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神4-1中日>◇17日◇甲子園

    近本という選手は、打撃の調子が悪くても、試合における貢献度は高い。四球や走者入れ替わりでの盗塁、守備範囲の広さなど、そういうことができるのでレギュラーの座にある。中日の先発が左投手ということで、ベンチスタートになったが、試合で使いながら、調子を上げさせないといけない。

    最近の近本の打席を見ていると、最初から2ストライクに追い込まれているように見える。結果を残せないことで、思い切りが足りず、大事にボールをとらえようとし過ぎている。その結果、必要以上にボールを呼び込み、打つポイントが体に近くなっている。心理的なものが影響を及ぼしている。試合までの準備としては、バットのヘッドを最短距離で振り抜くことや下半身主導など原点に立ち返ることが必要だが、試合では、やはり開き直りが重要だ。2ストライクまでは、自分がベストスイングできる球に狙いを絞る。その結果が空振りやファウルでもいい。腹を決めることだ。

    そういう点では、大野雄との対決を見たかった。左バッターは左投手との対戦で、打撃が良くなることがある。特にエース格が相手の時は、ある程度、狙い球を決めないと打てない。開き直っていけるからだ。この試合で先発していれば、浮上のきっかけをつかんでいたかもしれない。

    今後は近本を2番に戻す手もある。攻撃的な2番がはやりではあるが、自由に打たせないといけないわけではない。送りバントやエンドランの指示を与えてもいい。好調の糸原を1番に置き、2番近本とのコンビはどうだろう。チーム状況もいいだけに、今のうちに復調を促したい。真のレギュラーへと育っていくためには、ここを乗り越えないといけない。




    本日もナイスゲームでしたね😌 ハイライトしか見れなかったですが、良い得点のとり方でした👍 個人的には近本選手の盗塁が大きかったと思います😊 このまま復調していただいてまたスタメン出場する日を期待したいですね😌 #阪神ファンと繋がりたい #阪神タイガース #プロ野球 #hanshin #野球



    なんかマジで強いぞ阪神のくせに。 ・近本の復調 ・先発のコマ不足 ・リリーフ陣の安定化 ぐらいやん、課題。 で、どれもこれもなんとかなりそうな気がする。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     (セ・リーグ、阪神2-4DeNA、5回戦、DeNA3勝2敗、11日、甲子園)阪神・糸原は4試合連続安打で存在感を放った。三回2死走者なしから先発・今永の高めの直球を中前へ運び、出塁。続く大山も四球を選んでチャンスの起点となったが、得点には至らなかった。一時は1割台まで低迷していた打率も同・245まで復調。代打での途中出場を含め、ここまで全試合出場をしている主将が勝利に向け、快音を響かせ続ける。




    糸原大山ボーア梅野+先発陣が調子いいだけに耐えてるけどね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     虎のエースが完全復活へ――。阪神・藤浪晋太郎投手(25)が11日のヤクルトとのオープン戦に先発し、4回2安打5奪三振1四球。矢野燿大監督(51)も絶賛の好投で先発ローテーション入りをグッと引き寄せた。高卒1年目から3年連続2桁勝利を挙げるも、昨年は未勝利に終わるなど最近3年は低迷。背水の8年目右腕には同僚選手からも「優勝するには晋太郎の力が欠かせない」とエールが送られている。

     2012年のセンバツを制して一躍全国区となった藤浪が神宮球場で復活ののろしを上げた。初回こそ二死一、二塁のピンチを背負ったが、塩見を外角低め152キロ直球で見逃し三振に料理。ここ一番で繰り出したベストボールに「上半身と下半身の連動もよく、体をよく使えていた」と手応えをつかむと、その後も最速153キロの直球にカットボール、カーブ、フォークを自在に操り、4回2安打無失点。5三振のうち3つは右打者から奪ったもので、課題だった右打者への制球難も克服した。矢野監督は「良かったからこそ、さらに上のレベルを」と注文を忘れなかったが、先発ローテーション入りに大きく前進したのは確かだ。

     今や藤浪の復活を望む声はナインの総意でもある。ともにプレーした経験のあるOBは「キャンプで一番驚いたのが、晋太郎を見る周りの目がいい意味で変わっていたこと」と言う。

     これまでチーム内の「藤浪株」は乱高下を繰り返してきた。入団1年目から3年連続で2桁勝利を挙げ、投手陣の中心的存在になったころが最高値。前出OBによれば、当時はコーチに「この練習って意味あるんですか?」と意見することもあったそうで、ベテラン選手からは冷ややかな視線を送られたという。

     成績が下降線をたどると、周囲の目は以前にも増して厳しくなった。それは藤浪もヒシヒシと感じていたのだろう。紆余曲折を経たことで精神面が成長したことは、メディアに発するコメントからも見て取れるという。

    「4年目ぐらいまで自分の投球のことばかりだったのが、最近はチームに対してのコメントが多くなった。例えば、回の途中で降板したら『投げ切れずにマウンドを降り、ブルペンの方々に負担をかけ申し訳ない』とか。そういうことを自然と言えるようになった」(前出OB)

     チームのために投げる投手にはチームメートも協力を惜しまない。「よく評論家の方が『優勝には藤浪が15勝』と言っていますが、選手としても同じ思い」。同僚からの温かいエールは復活を目指す藤浪にとって大きな活力となるはずだ。




    昨日の藤浪をみて、今年はやってくれるんじゃないかという期待が生まれたのは凄く嬉しい。 阪神ファンはなんやかんや文句言いながら贔屓の選手に甘いのでw



    藤浪くん復調の兆しの1報を聞いて朝からとても嬉しい😂


    続きを読む

    このページのトップヘ