とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    志村けんさん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     遺志は相葉が継ぐ! 新型コロナウイルス肺炎により死去した志村けんさん(享年70)は31日、都内で荼毘(だび)に付され、生まれ故郷の東京・東村山市の実家に、遺骨となって無言の帰宅をした。悲しみはいまだ広がり続けるが、志村さんの遺志を受け継ぐため、前向きな動きも出てきた。冠番組「天才!志村どうぶつ園」(土曜午後7時、日本テレビ系)が番組名を変えず、共演していた嵐・相葉雅紀(37)を新司会者に据え、そのまま続行するという。

     志村さんは毎週放送のレギュラー番組として、自身の冠番組「志村どうぶつ園」と「志村でナイト」(フジテレビ系)を持ち、特別番組として「志村けんのバカ殿様」「志村けんのだいじょうぶだぁ」(ともにフジ系)にも力を注いできた。

     志村さんは「8時だョ!全員集合」(TBS系、1969~85年)、「ドリフ大爆笑」(フジ系、77年から不定期)でザ・ドリフターズの一員として活躍後も、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(TBS系、86~92年)などでコントで笑いを届けてきた。その流れは「バカ殿」「だいじょうぶだぁ」まで続いていた。

     一方で異色だったのが2004年にスタートした「志村どうぶつ園」だった。

    「いまや珍しくないですが、トーク番組のゲスト以外ではカツラが定番だった志村さんが、文字通り動物好きの素顔を見せる番組として、画期的だった」(テレビ関係者)

     自ら進んでロケにも出向き、多くの動物との触れ合いも名物となった。

     同番組を見て育った若い世代は、志村さんをコメディアンよりも、同番組の「園長」として認識している人も多い。そんな番組だけに、志村さん急死後の存続を心配する声も上がっていたが、日テレはある方針を決めたという。

    「番組は継続される。レギュラー出演中の相葉雅紀が総合MCに昇格し、山瀬まみとともに進行する。番組のタイトルは志村さんに敬意を示すため、そのまま変えない。GW(ゴールデンウイーク)には、志村さんがパンくん(チンパンジー)などと繰り広げた珍道中をまとめた追悼スペシャル番組も放送予定です」(日テレ関係者)

     番組を引き継ぐ相葉もジャニーズ事務所を通じて「志村さんにゆっくりお休みして頂ける様に、少しでも前を向こうと思います」と追悼コメントを出しており、志村さんの遺志を守る思いは熱い。

     さらに毎年恒例、8月の「24時間テレビ」でも相葉を番組の先頭に立たせ、志村さんの特別コーナーを制作し放送する予定だとも。

     志村さんの人間観察の鋭さ、研究熱心さは、今後も語り継がれそうだ。夜に飲み歩いたのも、すべては仕事に通じるものがあったからだ。

     有名な「アイーン」のギャグも酒席から生まれたのは有名な話だ。

    「ある料亭で芸者遊びをしていたところ、芸者さんにしゃくれた人がいて、後日、それがおかしくて、思い出し笑いをするほどだったので、マネをしたところ、大いにウケた。それから、あのギャグが生まれたそうです」(お笑い関係者)

     普段は真面目そうな人でも、お酒を飲むと本性が出る。それを見聞きするために酒場に通っていたのだ。

    「志村さんはお酒の場で“人間観察”を怠らずに、笑いにつなげていた。もちろん、楽しく飲むのが一番ですが、どんな状況でも常にアンテナを立てていた。ストイックでした」(同)

     腰が曲がったキャラクター「ひとみ婆さん」も「仕事の後に寄っていた定食屋のおかみさんがモデルで、志村さんは床山さん(カツラを作るスタッフ)を連れて、そのキャラクターをリアルに作り上げたのは有名な話」(テレビ関係者)

     昔かたぎの芸人らしく、お金の使い方もきっぷが良かった。酒の場でもそうだったが、昔は人に頼まれて、本名の志村康徳名義でJRAや地方で競走馬を所有したこともある。

    「北海道の馬の仲介業者から泣いて頼まれ、買ってあげた競走馬もいたそうです。頼まれたら断れない性格だった」(別のテレビ局関係者)

     JRAで2003年にデビューした「アイーンベル」は、新馬戦で武豊が騎乗した(2着)ことでも話題になった。




    30000RT:【番組継続へ】『志村どうぶつ園』、嵐・相葉が番組名変えずメインMCに  https://news.livedoor.com/article/detail/18059149/  相葉雅紀と山瀬まみで進行を務める。また、番組タイトルは志村さんに敬意を示すため、変更しないという。



    @livedoornews これ、「志村どうぶつ園の“志村”って何?」っていう子供たちがいっぱい出てくるんだろうなあ。その時には「志村けんっていう勇気とか笑いとか色んなものを人々に与えたすげー人がいたんだぜ」って言いたいな。



    @livedoornews 名前が変わらなくてよかったけど、2021からはどうなってしまうのだろう。相葉くんというか嵐が活動休止だから。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     25日41人、26日47人、27日40人、28日63人、29日68人と急増してきた東京都の新型コロナ感染確認数。きのう30日は検体数が少なかったため13人と減少したが、きょう31日は78人とまた1日の最多を更新した。潜伏期間は約2週間とされており先の3連休での感染が数字に出てくるのは、まだこれから。そう考えると、まだ数字にあらわれていないだけで、感染爆発の危機はもうすぐそこに迫っているといえる。


     この事態を引き起こしている最大の要因のひとつは、やはり検査数が圧倒的に少なく、検査体制の整備もほとんど進んでいないことだ。


     安倍首相は1日8000件のPCR検査ができる体制を整えるとぶち上げ、28日の会見でも検査を増やすように指示していると言っていたが、この10日間の日本全体の検査人数を見ると、3月20日と24日の2日だけは3000人を超えていたが、21〜23日は1日100人前後。26〜28日は戻したが、それでも2000人に届いていない。そして、29日は300人弱、昨日30日は200人強。1日2万件以上の検査を実施していた韓国や週50万件の検査を行っているドイツとは雲泥の差だ。


     しかし、こうした数になるのも当然だろう。安倍首相の説明とは全く違って、日本政府の検査を抑制する方針は全く変わっていないのだ。厚労省が「帰国者・接触者相談センター」に相談できる目安として「感染風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いたり、強い倦怠感や息苦しさがある場合(高齢者や基礎疾患がある人、妊婦はこれらが2日以上つづいた場合)」という厳しすぎるハードルを打ち出したのは、2月17日のことだったが、それから1カ月以上たったいまもこの条件は生きている。それどころか、上記の条件に該当し、医師が検査すべきと判断した場合でも、保健所が検査不要として拒否する事案が相変わらず続発している。


     また当初、海外渡航歴や感染者との接触歴の有無が条件とされており、とちゅう変更されたが、いまだに渡航歴や接触歴が重視されている自治体も少なくない。クラスター潰しに力を入れる一方、症状のある人の検査が十分に行われていない。


     この結果、起きているのがいまの日本の状況なのだ。ここにきて、日本では感染を抑え込むどころか、感染者経路不明の感染者が増大し、感染爆発目前まで追い詰められているが、検査数を低く抑え込んできたことがその大きな要因になっていることは間違いない。


     それを逆説的に証明したのが、阪神タイガースの藤浪晋太郎選手らのケースだ。彼らは厚労省のガイドラインにあるような発熱などがあったわけではなく、症状は臭覚障害・味覚障害だけだった。しかし、藤浪選手や診察に当たった医師はコロナ感染を疑い、検査を求めた。一旦は拒否されたが、再度交渉した結果、検査を受けることができたのだという。


     なぜ条件に合致しないのに検査できたのかは不明だが、もし、このとき、保健所があくまで検査を拒否していたら、藤浪選手や食事会の参加者は隔離入院することも感染の自覚もなくそのまま日常生活を送り、感染をどんどん拡大させていただろう。チーム全体や球界全体にまで感染が広がった可能性もある。


     そう考えると、藤浪選手らが検査を受けたおかげで、クラスター拡大が未然に防げたのである。藤浪選手らが陽性だと判明した結果、食事会という感染経路が浮かび上がり、他の感染者が多数見つかり、彼らの行動を制限することができた。また藤浪選手の報道をきっかけに同じ症状の人の、感染もいくつか確認されている。その結果、新たな感染の芽をつむことができたのだ。


     しかし、現実には、藤浪選手のようなケースで検査はほとんど行われてこなかった。保健所に拒否されるか、あるいは軽症者が最初から検査を諦めてしまうケースが大半だ。その結果、感染に気づかないまま、日常生活を送り、どんどん感染を拡大させているのだ。感染が拡大すれば、当然重症者も増える。なかには、高齢者に接触し、重症、あるいは死に至ったケースもあるはずだ。


    ▼記事全文はこちら



    志村けんや阪神・藤浪選手が証明した「検査不要論」の嘘! それでも検査しない日本、安倍首相「死亡者が少ないから」は本当か  https://lite-ra.com/2020/03/post-5342.html 



    @litera_web 死亡率が酷いもんだ。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    「想定はしていたが、悲しすぎる……」

    そう絞り出すのはスポーツ紙芸能担当記者だ。

    タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなっていたことが3月30日にわかった。

    志村さんは全身の倦怠感と呼吸障害を訴え、3月20日に東京・港区の病院に入院。23日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。関係者によると「その時点でかなり危険な状態だった。人工呼吸器をつけ、ICU(集中治療室)に入っていた」という。

    翌24日に人工心肺装置「ECMO(エクモ)」を求めて、新宿区内の病院に転院。同病院は感染症の専門医がおり、24時間体制で治療に当たってきたが、帰らぬ人となった。

    「29日の段階で危篤情報が流れていた。一部で『峠は超えて、小康状態』と報じられていたが、あれは表向き。実際は陽性反応の出た23日時点から非常に厳しい状態だったと聞いていた」(前出・スポーツ紙記者)

    最近は禁煙していたようだが、志村さんはもともと「1日60本」吸うほどのヘビースモーカー。肺気腫を患っていたこともあり、肺炎の進行スピードがとにかく早かった。

    「肺気腫とは本来の肺構造が破壊されて空気がたまってしまい、うまく息を吐けなくなってしまう病気を指します。原因の多くは喫煙であり、たばこに含まれる成分によって正常な肺組織が破壊されることによって発症します。現在の医療をもってしても一度壊れた肺組織をもとに戻すことは困難。志村さんが禁煙したのも、肺気腫が悪化していたためでしょう」(医療関係者)

    最初に入院した港区の病院では人工呼吸器による治療を行っていたが「人工呼吸器の出力に志村さんの肺が耐えられなかった」。そのため、自己肺を休める効果のある人工心肺装置に切り替えたわけだが「劇的に回復することはなかった。言い方は悪いが、手遅れだった」(ともに同・医療関係者)という。

    志村さんの死を受け、交流のあった著名人は驚きと悲しみの声を上げた。

    日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』などで共演経験のある「ハリセンボン」近藤春菜は出演中の『スッキリ』で訃報を伝え聞き、大号泣。

    「私達が若手の時からすごく見ていただいて……。いつも楽しく、私達が何でも言いやすい環境を作ってくださって、そばでお笑いを一緒にできたことは、本当に私の人生にとって幸せなことか、宝物かって思います」

    と語るのがやっとだった。

    落語家・立川志らくはTBS系『グッとラック!』で、「こんな事があっていいのか。芸能界にとって、お茶の間のファンにとってこんな事起きていいのかというほどの衝撃」と絶句。“盟友”の研ナオコはツイッターで「けんちゃん、駄目だった(涙)どうしよう、、」とつぶやき、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)などで長年共演してきたタレントの桑野信義はブログで「志村けん師匠の悲報を知りました 殿!嘘でしょう…」と記した。

    ほかにも、志村さんと「週5で会う」とも話していた「千鳥」の大悟や、交際説のあった女優の石野陽子、優香や小林恵美、みひろ、足立梨花、磯山さやかなどの新旧「志村ガールズ」の面々も、突然の出来事にショックを受けているという。

    所属事務所「イザワオフィス」によると、葬儀・告別式は近親者のみで執り行うという。だが、“コロナ死”ほど遺族にとって残酷なものはない。前出の医療関係者の話。

    「亡骸になってもコロナウイルスは体内に残っているので、安易に近付くことはできません。厚生労働省の通達にも、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいとされています。遺体袋に入っているために棺の窓は堅く閉ざされており、お顔を見ての最期のお別れができません。

    感染爆発しているイタリアでは、臨終の際に立ち会った聖職者が次々とコロナに感染し、亡くなっている。葬儀が断られるケースも出てきているようです。新型コロナが残酷なのは、死後も行動を制限されること。お世話になった人々が、故人に感謝の気持ちを伝えることもままならないのです」

    志村さんの兄の知之さんは取材陣に対し「顔を見られずに別れなくてはならなくて、つらい」と涙ながらに語っていた。稀代のコメディアンを奪ったコロナが憎い――。

    FRIDAYデジタル




    志村けんさん「壮絶コロナ闘病」舞台裏と過酷な“お別れ”の瞬間(FRIDAY)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00000001-friday-ent  最後のお別れさえできないなんて。



    顔の見える人の死で危機感倍増やな。それにしても入院から亡くなるまで早かったね。志村けんさん「壮絶コロナ闘病」舞台裏と過酷な“お別れ”の瞬間(FRIDAY)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00000001-friday-ent 



    顔すらみれないなんて… 〉遺体袋に入っているために棺の窓は堅く閉ざされており、お顔を見ての最期のお別れができません。 志村けんさん「壮絶コロナ闘病」舞台裏と過酷な“お別れ”の瞬間(FRIDAY)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00000001-friday-ent 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新型コロナウイルスに感染し、20日から入院中だったタレントの志村けんさんが29日午後11時10分、入院先の都内の病院で亡くなった。70歳だった。

     赤坂にある所属事務所の関係者は先ほど記者団の取材に応じ「事実関係として昨晩の午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎ということで死亡を確認されたという報告がありました」と説明した。

     今後については事務所として会見を行う予定はなく、ザ・ドリフターズのメンバーからコメントを取るなどして声明を発表することも「本人たちが一番つらいと思う。そのつもりはない」と否定した。

     また事務所関係者は、入院後、21日に人工呼吸器に切り替えた段階から「意識はなかった」とも明かした。(ANNニュース)



    17日に倦怠感、そして21日には意識不明。 風邪程度の人もいれば、あっと言う間に悪化して回復できない人もいるというこのウィルスの怖さ。 「家で過ごす」ことをこれからも続けます。 志村けんさん死去 「21日から意識はなかった」事務所関係者が明かす  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00010011-abema-ent  #Yahooニュースアプリ



    発症からたった4日で意識なくすほど、悪化するって、、 志村けんさん死去 「21日から意識はなかった」事務所関係者が明かす(AbemaTIMES)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00010011-abema-ent 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人の志村けんさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。70歳。訃報を受け、志村さんが出演予定だったNHK連続テレビ小説『エール』(月~土 曜前8:00 総合ほか)は30日、公式ツイッターを更新。「志村けんさん、いつまでも新しいことにチャレンジする姿に、みな『エール』をもらいました。収録したシーンは、そのまま放送させていただく予定です。謹んでお悔やみを申し上げます」と追悼した。

     連続テレビ小説102作目となる『エール』は、「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)さんと妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに描く、音楽とともに生きた夫婦の物語。福島で生まれ、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一を窪田正孝、のちに裕一と結婚する関内音を二階堂ふみが演じる。

     志村さんは、日本を代表する作曲家役で出演予定で、今月6日に収録に参加していた。




    志村けんさん、いつまでも新しいことにチャレンジする姿に、みな「エール」をもらいました。収録したシーンは、そのまま放送させていただく予定です。 謹んでお悔やみを申し上げます。



    @asadora_nhk いま、エール見ました。楽しかったです。志村さんの回、楽しみにしています。



    @asadora_nhk そのまま放送していただけるんですね。ありがとうございます。


    続きを読む

    このページのトップヘ