とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    意見書

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    阪神谷本修球団副社長兼球団本部長(54)は25日、日本野球機構(NPB)に提出した21日巨人戦(甲子園)のプレーに関する意見書の回答を受けたと明かした。

    「併殺を試みる守備側を妨害する走塁についてもリクエストの対象」との返答があったといい「今後は受け付けてもらえるということが分かった。これで収めようと思う」と話した。問題となった場面は、4回に遊撃併殺を狙った際、二塁に滑り込んだ一塁走者のビヤヌエバが、ベース上に立ちはだかる格好で両腕を広げてセーフの動作を見せた。阪神側は二塁手の一塁送球を妨げる守備妨害ではないかと主張し、リプレー検証が実施されなかったことを問題視していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-04250932-nksports-base



    守備妨害もリクエスト対象 阪神の意見書に回答  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904250000932.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp 

    毎回毎回後になってこうでした、ああでしたなんて言われたってもう取り戻せないんだから、その時にしっかり判断できるよう準備してもらいたい。



    守備妨害もリクエスト対象 阪神の意見書に回答 - プロ野球 : 日刊スポーツ
    何故か?阪神はいつも意見書を提出させられる羽目になり、
    回答で、謝罪されたり、
    次から認めますとか。
    その試合全部負けてる。  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201904250000932.html 



    守備妨害もリクエスト対象 阪神の意見書に回答(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-04250932-nksports-base  @YahooNewsTopics ビヤヌエバなんかこういうの多い印象。直倫に併殺崩し仕掛けてきたのもビヤヌエバだし


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/09/24(月) 20:49:54.14 ID:A5MVdWLF0
    阪神、不可解判定に意見書提出へ なんでや?ライナー“捕った”ジャッジ覆り 
    9/24(月) 18:14配信 


    阪神がまたも不可解判定を受けた。 
    試合後、谷本球団本部長は、球団として意見書を提出する考えを明かした。 
    試合は両チームとも得点が遠く、延長十二回までゼロ行進で引き分けた。 



    0-0で迎えた七回、無死二塁の場面。 
    5番・阿部が打ったライナー性の打球が一塁に飛んだ。一塁・ナバーロが捕球すると、塁審・橘高がアウトをコール。 
    そして、飛び出した二走・岡本を刺そうとした送球がそれた。この間に岡本は三塁に進んだが、阿部は一塁に残ったままでいた。


    巨人・高橋監督がベンチを出ようとすると、審判団が集まって協議した。 
    数分後、責任審判の橘高一塁審が「ファーストライナーでアウトと判定しましたが、4審判で協議の結果、ショートバウンドのキャッチとし 
    ノーアウト、走者一、三塁で再開いたします」とアナウンス。これに阪神・金本監督がベンチを飛び出して抗議したが、覆らなかった。 


    記録は阿部の出塁が一塁・ナバーロの野選。岡本の三塁進塁は一塁手の失策とされた。 
    このピンチに岩貞が奮起し、長野を捕邪飛に、ゲレーロを見逃し三振に、大城を空振り三振に斬って、無失点で脱したが、勝負を左右しかねない判定だった。 


    阪神は7月4日のヤクルト戦(神宮)でも、ヤクルト・藤井の走塁に関する判定で、NPB側が後日、誤審を認める異例の事態が起きている。 

    谷本球団本部長は試合後、NPB側に意見書を提出する考えを明かし 
    「(意見書は)出すと思います。ナバーロも捕ったという判定が出ていたので」とコメントした


    kane


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/09/24/0011670257.shtml


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537789794/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2018/06/29(金) 22:43:09.23 ID:CAP_USER9
     「ヤクルト10-9阪神」(29日、神宮球場)

     阪神が判定に泣いて競り負け、連勝は3でストップした。

     阪神にとって納得のいかない判定が飛び出したのは8-8で迎えた七回だ。1死二塁から代打・荒木は三塁前へのゴロ。打球をキャッチした三塁手・
    北條が三塁へ進もうとした二走・藤井にタッチを試みたように見えた。走者が北條を避けるように走路から大きく反れ、倒れ込みながら三塁ベースに進んだ。

     野球規則には「走者が、野手の触球を避けて、走者のベースパス(走路)から3フィート以上離れてしまった場合」には、アウトにするというルールがあるが、
    目測では藤井は三塁アンツーカーの緑の芝部分を踏んでいた。

     金本監督はすぐにベンチを出て、飯塚三塁審判に猛抗議したが、判定は覆らず。責任審判を務める飯塚審判は「金本監督よりラインアウトで、
    アウトではないかという抗議がありましたが、北條選手にタグ行為がなかったので。インプレーとしてゲームを続行、再開します」とアナウンス。
    審判の解釈上では、同野球規則の「ただし、走者が打球を処理している野手を妨げないための行為であれば、これの限りではない」という項を適用したと
    説明した。

     試合は1死一、三塁で再開。代わった桑原が二盗を許し、二、三塁とすると、西浦に2点中前適時打を浴び、結局、これが決勝点となった。

     試合後、阪神・谷本球団本部長は七回の判定について意見書を提出する意志を示した。「タッチをしにいっていないという結論でしたが、それはありえない。
    映像を見ていただいたら、北條選手は(走者を)追っかけていっていましたし、記録を見て確認したら記録は野選になっていた。タッチをかけてないというなら
    そのままヒットになりますし、明らかに矛盾がある。3フィートも明らかに外れている。きちんと検証していただかないと納得がいかない。少なくとも
    意見書は出さないといけない。ルールに則ってやっていただかないと野球にならない」と話した。

    1 - コピー


    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000159-dal-base

    引用元: ・【野球】阪神、判定に泣く 納得いかず意見書提出へ 谷本本部長「野球にならない」

    続きを読む

    このページのトップヘ