とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    才木浩人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

     阪神が1-0で迎えた六回に待望の追加点を奪った。

     この回先頭の大山、福留の連打でチャンスを作り、その後、1死一、三塁となって打席には梅野。アウトコース低めのボール球に必死に食らいつき、二ゴロを放つ間に、三走の大山がホームを踏んだ。

     この日のDeNA先発は、前回対戦でプロ初勝利を献上したルーキー大貫。三回2死から近本が三塁線へのセーフティーバントで出塁。続く糸原は右前打でつなぎ一、二塁とした。糸井は1-1からの3球目、外角低め139キロのフォークに反応。見逃せばボールだったが、バットの芯で捉えて中前へ運び、先制点を奪っていた。

     5カードぶりの勝ち越しを狙う阪神の先発は才木。昨年10月8日ヤクルト戦以来の1軍マウンドに上がった右腕は初回に2安打されるも、以降は伸びのある直球を武器に二回以降は無安打投球。しかし、チームが追加点を奪った直後の六回裏につかまった。

     1死から神谷に二塁打、続くソトに左前へ適時打を許した。さらにロペスにもヒットを浴びて一、二塁となったところで、2番手島本にスイッチ。島本が後続を断った。才木は5回1/3を5安打5奪三振1失点。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000136-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    「DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

     快勝した前夜の勢いで連勝、そして5カードぶりの勝ち越しを狙う阪神は、今季初登板となる才木が先発のマウンドへ。昨年10月8日ヤクルト戦以来の1軍登板となる3年目、20歳の右腕が、上々の立ち上がりを見せた。

     初回先頭の神里にいきなり右前打を放たれるも、梅野が二盗を阻止。ソトを152キロのストレートで空振り三振に打ち取った後に、ロペスに左翼フェンス直撃の安打を浴びたが、続く筒香をハーフスイングの三振に斬る。力強い直球を武器に2三振を奪う好内容でスタートした。

     続く二回も宮崎を二ゴロ、佐野を右飛、柴田を中飛に抑えて三者凡退。味方に1点先制の援護を受けた三回も神里にこの日初めての四球で走者を背負うも、続くソトを遊ゴロに打ち取った。

     昨季は6勝10敗の才木が、今季初勝利へ向けて快投を続けている

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000127-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神の3年目右腕・才木浩人投手(20)が23日、今季初先発となる24日のDeNA戦(横浜)に向け、横浜スタジアムで最終調整した。

     今季は開幕2軍となったが、ウエスタン・リーグでは4試合に登板し、3勝1敗、防御率2.57。150キロ超の直球の威力を取り戻し、チャンスをつかんだ。「すごく楽しみですし、早く投げたいなという気持ちですね」と意気込んだ。

     DeNA打線は4番・筒香、昨季本塁打王のソトなど、一発のある強打者がそろうが「しっかり腕を振って、怖がらずに自分のピッチングができたら一番いいかなと思っています。一発を怖がるよりも、思い切って攻めていければ」と真っ向勝負を挑む。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000157-sph-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     阪神・才木浩人投手が22日、甲子園で行われた投手指名練習に合流。24日のDeNA戦(横浜)に先発予定で、ブルペンに入るなどして調整した。

     「すごく楽しみです。久しぶりに1軍で投げることができる。しっかり楽しんで自分のピッチングができたら」

     2年目の昨季は6勝を挙げたが、今季はオープン戦で振るわず、開幕2軍スタート。ウエスタンでは4試合に登板し、3勝1敗、防御率2・57を残した右腕は「勝つことが一番。1点でも少なく抑えることができたら」と気合を入れた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000578-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     メッセンジャーやガルシアが離脱し非常事態の阪神がローテーションを再編して23日からのDeNA戦(横浜)に臨むことが21日、分かった。

     重要な初戦となる23日は、今季初の中5日で青柳晃洋投手(25)が回ることが決まった。ガルシアの2軍再調整を受けて、カード頭を託されたのはプロ4年目の右腕。ここまで3試合に先発し、2敗ながらも防御率2・50。無援に泣いたが、前回17日・ヤクルト戦でも7回を5安打無失点と試合を作っていた。

     また24日の第2戦には、2軍から才木浩人投手(20)が昇格し、今季初先発に抜てきされる。25日の第3戦は、前回1402日ぶりの完投勝利を挙げた岩田稔投手(35)。新ローテでベイ斬りへと向かう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000024-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ