とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    才木浩人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


     「阪神春季キャンプ」(10日、宜野座)  侍ジャパン入りへリストアップされている才木が、稲葉篤紀監督と初対面を果たした。突然訪れたブルペンでの時間。「『頑張って』と言ってもらいました」。笑顔で振り返ったのは、がっちりと握手を交わした時間だった。

     この日はブルペンで今キャンプ最多の113球を投げ込んだ。第3クールでの100球超えは計画通りだといい、「今のところ順調です」と笑顔を見せた。稲葉監督も右腕の投球を確認し、「いい回転で投げられているし強い球もいいものを持っている」と伸びしろに期待した。  さらに「非常に性格もよさそうですし」と“内面チェック”もクリアした。才木はご満悦の表情で何度もうなずき、「うれしいですね」とニヤリ。「選ばれるように、結果と実力を求めていきたい」と力を込めた。(Vデイリー)

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    阪神才木浩人投手(20)が矢野阪神の“開幕投手”として好投した。

    7日、紅組で先発し2回2安打無失点。初回、2回と先頭打者に出塁を許すも、後続を許さなかった。

    「セット(ポジション)になってからけん制とかクイックとか、タイミングを変えることができたので、それは良かったと思います」。24球で終わらせ、投手陣のトップでアピールに成功した。

    新球「抜き真っすぐ」が効いた。最速153キロを誇る直球を抜いて投げる意識で、130キロ近くに減速して打者のタイミングを外す。この日は2回の高山、梅野に対して効果的にカウントを稼いだ。「使えるかなと思います。コントロールも良かったですし、バッターのタイミングが外せる感じ」と内容に手応えを得た。

    矢野監督からはこの日の投手陣で1番の評価が出た。「去年あれだけ1軍で投げさせてもらえたっていうのがすごくいい方向に出てます。投球では一番、才木ができていたと思う。走者を出してもセットで投げるタイミングや、けん制は一番しっかりできていたように見えました」。昨季6勝の3年目右腕が目指す開幕ローテーションへ、上々の出だしだ。【磯綾乃】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00474286-nksports-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神が7日の紅白戦では若手投手陣のサバイバルも開戦する。

    先発を任された望月は「先発させていただけるので、しっかり抑えたい。左打者の変化球とストレートの質を継続して高めていきたい」と気合十分。

    同じく先発する才木は「変化球でカウントが取れたり、抜き真っすぐも試していけたら」と引き締めた。馬場、浜地、守屋、島本らも登板予定で、激しいアピール合戦が展開されそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00473301-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     阪神で先発ローテーション入りを狙う3年目の才木が鳥谷らを相手に打撃投手を務めた。球威で押し込む場面が目立ったが、ばらつきもあり「フォームのバランスと打者に対する感覚がもうちょっとかな、という感じ」と自戒を込めて言った。

     兵庫・須磨翔風高出で、昨季はプロ初勝利を含む6勝を挙げた。オフには藤浪と一緒に練習を行うなど、さらなる飛躍を期している。紅白戦などの実戦に向け「真剣勝負でフォームに気をつけたい」と課題を挙げた。4日は練習休み。(宜野座)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000083-kyodonews-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/17(木)17:55:55 ID:Wg2
     阪神・才木浩人投手(20)が16日、鳴尾浜で自主トレを行い、4歳年上の藤浪晋太郎投手(24)に弟子入りしていることを明かした。今オフはスラリと長い手足を生かすためにパワーアップを図っているが、手足の使い方を同じく長身の先輩投手から学ぶ。高卒2年目の昨季に22試合に登板して6勝(10敗)を挙げた若虎は、飛躍のために貪欲に吸収する。

     寒風が吹く鳴尾浜で、虎のツインタワーが合体した。高卒3年目の才木が、藤浪に弟子入りしていることを明かした。

     「『一緒にいいですか』とお願いして。過ごし方やトレーニングの感じとか、どういう感じでやっているのかな…と」

     昨年12月は須磨翔風高時代に通っていた大阪・豊中市内のジムに通って筋力アップを図った。83キロだった体重を「86、7キロ」に増量し、スラリと長い手足をより有効に活用できるよう、パワーをつけてきた。「心技体の『体』の部分が大きくなって、できなかった技術もついてきた」。

    189センチの長身若虎がさらなる成長のために門をたたいたのが虎の日本人最長身、197センチの藤浪。1月から本格的に練習をともにするようになった。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190117/tig19011705030002-n1.html

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547715355/

    続きを読む

    このページのトップヘ