とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    打率3割超え

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/07/16(木)00:25:51 ID:b9T
    ボーア軍脱退

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 20/07/16(木)00:26:43 ID:2oA
    バース

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1594826751/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神5-9ヤクルト>◇15日◇甲子園

    阪神ジャスティン・ボーア内野手(32)が希望のアーチをかけた。ヤクルト戦(甲子園)の7回に梅野から右中間へ5号ソロ。阪神の新助っ人では89年フィールダー以来の5カード連続本塁打となった。試合は両軍合わせて23安打の打撃戦に敗れ、連勝は2でストップ。再び最下位に転落したが、今季2度目の猛打賞で打率3割に突入したB砲がいれば反発はできる!

      ◇    ◇    ◇

    希望が詰まったボーアの1発だ! 7回表に2度目のリードを許し、意気消沈の甲子園。ジェット風船を飛ばせない「ラッキー7」も、気候と似て湿り気味だった。しかし、B砲の快音で再びスタンドが沸いた。夜空に高々と舞い上がった白球が、右中間席で跳ねた。「いい感触だった。打てて良かったよ」。応援バットや手拍子による応援が一段と大きくなった。

    2点を追う7回1死無走者の第4打席。ヤクルト4番手梅野の高め149キロ直球を仕留めた。一塁を回ってスタンドインを確認すると、右手で小さくガッツポーズ。2回、6回にも安打を放ち、今季2度目の猛打賞となった。

    開幕当時が遠い昔のように感じる。大物助っ人として4番でシーズンを迎えたが、まさかの18打席連続無安打。初安打までに5試合を要し、打順も4番を降りた。「不要論」までささやかれたが、そこから本領を発揮。初安打翌日の6月25日ヤクルト戦から15試合は、49打数20安打5本塁打。打ちに打って、0割5分3厘からスタートした打率はこの試合でとうとう3割の大台に乗り、3割9厘まで急上昇。「(対戦カードが)2巡目に入って、ピッチャーに慣れてきた部分もある」。気づけば12打点と21安打を合わせ、チーム「4冠」となった。この間、約3週間。周囲の異論も、実力と結果ではね返した。メジャー92発の看板は、やはりだてではない。

    矢野監督も「リズムとか出てきて、日本の野球に慣れてきた部分もある」と分析。6回の中前打では二塁を狙おうと大きなオーバーランを見せ、7番梅野の中前適時打では二塁からの激走で一気に生還。指揮官は「一生懸命、走っている。そういう姿を見せてくれると、チームとしては士気が上がる」と、助っ人の積極的な走塁姿勢も評価した。 

    この1発で他球団への“あいさつ回り”を済ませた。1日中日戦の今季1号から5カード連続アーチ。名刺代わりの1発とは、まさにこのこと。練習試合で好調時は、験を担いでひげをそらずにいたが、今も口周りにはたっぷりと蓄えている。チームは1日で最下位に逆戻りも、各球団に恐怖を印象付けたB砲。「勝つためにもっと打ちたい。切り替えて、明日からも勝ちにつながるバッティングをしたいね」。その打棒が、チーム上昇のカギを握っている。【奥田隼人】

    ▼ボーアが7月1日中日戦から5カード連続本塁打を記録。阪神の外国人では、ゴメスが15年6月23日広島戦から7月9日中日戦に5カード連発して以来、5年ぶり。来日1年目の助っ人に限ると、フィルダーが89年7月7日ヤクルト戦から同22日巨人戦にかけての5カード連続以来、31年ぶり。




    このまま4冠王目指して打ちまくってください! 阪神ボーアが5号ソロでチーム4冠「逆転できるように頑張るよ」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20200715/tig20071521360020-n1.html  @sanspocomより



    ボーア、チーム4冠なんやな、すごいわw


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ボーア


    <7月15日 セ・リーグ>
    阪神-ヤクルト

     昨日は好調な打撃だけでなく、ヘッドスライティングでファンを喜ばせたボーア。この日も2回裏にライト前ヒットを放ち、これで8試合連続安打となった。

     3点をリードされた6回裏、この回の先頭となったボーアは好投を続けていたヤクルト先発・イノーアに変わった長谷川の5球目をセンターに弾き返し、マルチヒットを記録。梅野の2試合連続となるタイムリーを呼び込んだ。

     甲子園の歓声がひと際大きくなったのは7回裏。一死の場面で打席が巡ってくると、ヤクルト4番手・梅野雄吾の1球目を右中間に運ぶソロホームラン。1点差に詰め寄る反撃の一発となった。

     ボーアはこの日、来日後初めて打率3割に到達。開幕直後は不振に喘いだが、好調・阪神の象徴となっている。




    ボーアのホームランが ホームランアーチストそれと一緒⚾️



    3番4番打てなくてもボーアがいるってのはデカい、素晴らしい助っ人だ


    続きを読む