とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    掛布雅之

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



    ⚾️今日の動画⚾️ 【掛布雅之さん】プロ野球歴代ベストナインを選んでもらった! Mr.タイガース 掛布雅之さん登場!😃 チャンネル登録・高評価・コメント よろしくお願いします(^.^) pic.twitter.com/wpSH5pleEt



    お待たせしました!😊 豊さんのYouTube恒例企画、ベストナイン!⚾️✨ 掛布さんが選んだベストナイン発表です!☺️  https://youtu.be/ISmbtG5Vw_g 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神OBの掛布雅之氏(64)が新年度から阪神電鉄本社直属のアドバイザーに就任することになった。同氏は阪神2軍監督を経て2018年から球団のオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)を務めていたが、10月末に契約満了で退団したばかり。急転直下の人事の裏に何があるのか。

     長老の球団関係者は「歴史はあっても伝統が作れない球団の体質を本社筋は懸念している。掛布も憂うひとりで率直な意見を頂戴しながら、タイガースなりの伝統を築こうというのが狙い」とみる。

     事実、本社筋だけでなく、OB間でも薄れる阪神色に批判の声は根強い。好例が来季の1軍コーチングスタッフで、「阪神ドラゴンズ」と揶揄されるほど。矢野監督を筆頭に清水ヘッド、井上、新井両打撃、筒井外野守備走塁の各コーチが中日OB。さらに金村(投手)、藤井(バッテリー)も他球団からの移籍組で、純粋な阪神OBといえるのは福原(投手)、久慈、藤本(内野守備走塁)の3人に過ぎない。

     ある意味いびつな組閣の背景に、球団がビジョンを怠り続けた経緯がある。主力として活躍した選手でも、衰えると大半はトレードか引退で、指導者としての道を用意しなかった。今秋退団した鳥谷も例外ではなく、あと1年選手として阪神に残し、納得させた上で、近い将来の監督やコーチ候補として扱うことこそ伝統というものではないか。

     掛布氏は球団の籍を外れたことで、これまで以上にきたんのない意見を本社筋に投げかけられる。単なる飾りに終わるようでは意味がない。(スポーツライター・西本忠成)




    阪神タイガースは、本当に行く先までの選手起用が下手👊😡💢。 鳥谷敬内野手を、あれだけ功績大なのに『指導者待遇』の手形を与えなかったのか⁉️ 不思議だ。 掛布氏“急転直下人事”のウラ 阪神電鉄直属のアドバイザー就任、「球団の伝統」を築けるか(夕刊フジ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000017-ykf-spo 



    掛布さんを、タイガースから、離したら、あかんやろ!! 【トラとら虎】掛布氏“急転直下人事”のウラ 阪神電鉄直属のアドバイザー就任、「球団の伝統」を築けるか - 記事詳細|Infoseekニュース  https://news.infoseek.co.jp/article/00fujibas1912150001/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・平田勝男2軍監督(60)が8日、兵庫県淡路島で開催された野球教室に伊藤隼、板山、守屋とともに参加し、島内の小、中学生10チーム38人に打撃や守備を指導した。来春の安芸キャンプでは今秋ドラフトで指名した全8選手(育成含む)を預かることが確実で、金の卵育成にも思いをはせた。

     「掛布さんはコーチ陣を飛び越えることにすごい気をつかわれる方だけど、グラウンドに降りてきて、どんどん教えてほしい」

     オーナー付きシニア・エグゼクティブ・アドバイザーを契約満了で退任して今季限りで退団したOBの掛布雅之氏(64)は阪神電鉄本社が用意する新ポストに就任することが確実。「おそらく来てくれるでしょうし、遠慮なんてしないでほしい」と要望した。

     「私たちも重責を感じている。基本的には新人には直接指導する前にまず見て、本人たちが感じることが優先だが、掛布さんが他の選手を指導している横にいるだけでもプラスになる」

     特に1位・西純矢以下5位までは左右投手、捕手、内・外野手の高校生で、将来の中心選手と期待する素材。ミスタータイガースのDNAに触れるだけでも十分に貴重な時間になりそうだ。




    阪神・平田2軍監督のお願い 掛布さん、金の卵育てて! 来春安芸C「どんどん教えてほしい」 (スポニチアネックス) ホントそう‼︎ お願いします🙏  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000004-spnannex-base 



    ルーキーの遠藤成を鍛えてあげてちょーだいな。 #掛布 #阪神タイガース #遠藤成 阪神・平田2軍監督のお願い 掛布さん、金の卵育てて!来春安芸C「どんどん教えてほしい」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000004-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1



     ミスタータイガースが阪神電鉄と再契約することになりそうだ。阪神の藤原崇起オーナー(67)が、掛布雅之氏(64)と再契約する意向を明かした。2019年12月5日、各スポーツ紙が報じた。球団の親会社である阪神電鉄と再契約する見通しで、職務内容や肩書などは未定だという。

     掛布氏は2016年、17年と2軍監督を務め、18年からオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)として球団を支えてきた。今年10月31日に任期満了での退団が発表されいったん球団から離れたものの、掛布氏の野球にかける情熱や見識が評価されグループの一員として新たなポストが用意された。

    ■「ファンの声を無視できなかったと思います」

     在阪のメディア関係者は「関西では掛布人気はいまだ絶大で、大きな経済効果をもたらします。退団が発表された際、阪神ファンから批判的な声が多く見られました。掛布の野球論に心酔する若手選手も多く、影響力は絶大です。今回はオーナー自ら再契約に向けて動いたようですが、ファンの声を無視できなかったと思います」と話した。

     掛布氏の「残留」が決定的となり、1軍監督「待望論」が再燃している。これまで阪神の監督が交代するたびに持ち上がってきた掛布氏の「待望論」だが、一度も実現していない。掛布氏は現役引退後、テレビの野球解説者、評論家などメディアで活躍し、長らく縦縞のユニフォームに袖を通すことはなかった。

    幾人もの「掛布チルドレン」を1軍へ
     2013年オフに同郷千葉の先輩である中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)の尽力によって25年ぶりに阪神に復帰。GM付育成&打撃コーディネーターとして選手の指導にあたった。16年からは当時の金本知憲監督を支える形で2軍監督に就任。選手の自主性を重んじる独自の指導法により若手の才能を開花させ、幾人もの「掛布チルドレン」を1軍へと送り出した。

     2軍監督時代も掛布人気は相変わらずで、公式戦で満員札止めの試合が相次いだ。2軍監督として最後の試合となった2017年9月28日の広島戦では、球団が多くのファンに試合を観戦してほしいと、鳴尾浜球場から甲子園球場に会場を変更。詰めかけた多くの虎党がミスタータイガースのユニフォーム姿を見送った。

     ネット上では掛布氏の「残留」報道を受けて、「掛布の1軍監督を一度は見てみたい」、「再契約は当然」、「掛布さんは阪神の宝」など早くも盛り上がりを見せている。職務内容は未定とされるが、球団の顧問的なポストが想定され、現場で選手を指導することはなさそうだ。それでもいったん球団から離れたミスタータイガースが「残留」することで現場復帰の望みがつながった。虎党の期待はふくらむ。




    「1軍監督姿、一度は見てみたい」 掛布氏、阪神「残留」で再燃する待望論(J-CASTニュース)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000000-jct-spo  矢野監督がどうこうではなく… ただただ見たい🥺 #掛布監督



    「1軍監督姿、一度は見てみたい」 掛布氏、阪神「残留」で再燃する待望論 (J-CASTニュース) ファンとしては見たいっす‼️ 👀✨⤴︎⤴︎⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000000-jct-spo 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     ミスタータイガースが残留する!! 今季まで阪神のオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)を務め、すでに退団した掛布雅之氏(64)が、新たに電鉄本社の用意するポストに就任する方針であることが3日、分かった。契約満了のため10月末日でいったん球団から退団したが、電鉄本社は偉大な存在感、影響力に敬意を表しており、来年以降もグループの一員として助力を仰ぐ算段だ。

     電鉄本社筋の関係者が、経緯を説明した。

     「“ミスタータイガース”の掛布さんは偉大な球団OBであり、存在感、影響力が大きいですし、ファンの皆さんからも多大な支持をえています。いったん球団からは退団するという形になりましたが、来年以降も改めて電鉄本社に籍を置く形で、タイガースに関するアドバイスなどを、いただくことになる予定と聞いています」

     掛布前SEAは88年の現役引退後、長らく阪神とは距離を置いていたが、13年オフに、当時の坂井信也オーナー、南信男球団社長、中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)らの尽力により、GM付育成&打撃コーディネーターとして25年ぶりの古巣復帰を果たした。16年から2シーズンは2軍監督も務め、若手を育成。そして18年から今年10月末日まではSEA職を担った。そのSEA職が契約満了を迎えたため、いったんは退団となった。だが「阪神」との縁が切れたわけではない。

     関係者の話を総合すると、来年以降は電鉄本社に籍を置くことが内々で決まっている段階。現時点で、まだ正式な肩書は決まっていないが、1年契約更新制の“特別顧問”のようなポストが用意される見込みという。甲子園球場などで定期的に試合を観戦し、藤原崇起オーナー、秦雅夫オーナー代行らのかたわらに侍して、チームに関する助言、提言などを行う予定だ。

     昨秋の矢野燿大監督就任後、清水雅治ヘッドコーチ、井上一樹打撃コーチらを1軍首脳陣に加え、今秋キャンプでも山本昌臨時投手コーチを招へいするなど外部の「血」を採り入れることで、組織の新陳代謝を進めてきた。だからといって来年で球団創設85周年を迎える猛虎の伝統を、ないがしろにするわけではない。タテジマの歴史を紡いできた球団OBの代表格「ミスタータイガース」こと掛布前SEAの存在感、影響力にも敬意を表しており、来年以降も「阪神」の一員としてともに戦う方針だ。




    掛布氏、阪神“残留”へ 阪神電鉄が新ポスト用意 来季以降もチームに助言(スポニチアネックス) - Y!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000054-spnannex-base  とりあえず阪神に残ってくれてありがたいが、球団ではなく電鉄本社内って… とりあえず掛布さんの力で急行車両(通称 ◯ャビットカー)の色を変えて欲しいわ



    掛布のための謎ポストどんどん増えるな



    dメニューニュース:掛布氏、阪神“残留”へ 阪神電鉄が新ポスト用意 来季以降もチームに助言(スポニチアネックス)  https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20191204-0052?fm=twitter  よかったねぇ…


    続きを読む