とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    掛布SEA

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     【球界ここだけの話】大舞台でのミスは本当に嫌なものだし、苦い思い出になってしまう。ただ、その経験を糧に出世街道を駆け上がった人はたくさんいるはずだ。阪神・掛布雅之オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(SEA)もその一人。初出場した巨人戦は、マイナスからのスタートだったという。

     「初めて巨人戦に先発で出場したときに、一塁で出たんですよ。江夏さんがピッチャーだった。それで、ファウルですけど、一塁への小飛球が飛んできて、足が一歩も動かなくて。僕の目の前にボールが落ちて、江夏さんに『すいません』と頭を下げたのが、一番の思い出ですね」

     その試合は敗戦した。若虎時代のミスタータイガースでさえ、体が動かないほどのプレッシャーに襲われるのが伝統の一戦。当時は他球団のなかで唯一、5万人以上の観衆が詰めかけるカードだった。ただ、その後の掛布SEAは虎党の誰もが知っているバックスクリーン3連発など、宿敵との一戦で何度も輝きを放ってきた。

     21日の“平成ラストマッチ”巨人戦は、0-3で2試合連続の完封負けを喫し、平成の巨人戦は318勝435敗17分けで終わった。しかも、エラーが失点にからみ、貧打の虎はさらに苦しんだ。

     内野は26歳の新主将・糸原が最年長という布陣も珍しくなく、ドラフト3位・木浪聖也内野手(ホンダ)を始め、中堅を守るD1位・近本光司外野手(大阪ガス)ら若虎は日々、あらゆる経験を積んで成長につなげている最中だ。

     矢野虎は若手の底上げと、勝利の両立という“二兎”を追う。平成から令和に時代が変わっても、「伝統という言葉も変わらないだろうし、阪神巨人、巨人阪神というのも当然変わらないわけで。ただ時代、時代でメンバーが変わっていく、そのなかで両チームのね、選手たちがやはり特別なものをもって。僕と原監督なども非常に4番というもののなかで、お互いに意識し合い、お互いの野球を向上してきた意識もありますので」と、掛布SEAは心構えを説く。

     令和初の伝統の一戦は、5月14日からの2連戦(東京ドーム)。失敗を糧にして、反攻に出るタテジマ戦士に期待したい。(新里公章)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000534-sanspo-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    884: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/22(土) 23:35:55.63 ID:utdsLl/p0
    1

     阪神の掛布雅之シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、63)が22日、来季のキーマンに鳥谷敬内野手(37)、藤浪晋太郎投手(24)を挙げた。兵庫・宝塚市にある阪神競馬場内でMBSラジオ「亀山つとむのスポーツマンデー!」(月曜午後6時~)の収録に参加。鳥谷と食事を共にした際に、断酒して全試合出場する意気込みを伝えられた秘話を明かすなど、生え抜き2人の活躍に太鼓判を押した。

     場内が熱気に包まれていた。掛布SEAの言葉に聴衆は拍手喝采。来年に向けた希望であふれた。阪神競馬場でのトークショー。当然、期待を込めたリップサービスもある。ただ、「優勝争いができる」条件に挙げた2人の存在。鳥谷と藤浪の“復活”を予言した。

     今オフはジョンソン、ガルシアに続き、FAで西を獲得。さらに4番候補として、マルテとの契約が合意に達した。着々と進む戦力整備。この話題に移った時だ。掛布SEAは遮るように「私は鳥谷ですね」と語り出した。「非常にね、力強い話を僕にしてきたんですよ」。先日、食事に誘った。その席で鳥谷から断酒を告白され、こう伝えられたという。

     「今、お酒をやめているんです。新たな1年を迎える上でもう一度、勝負したい。143試合、フルイニングで出る体の準備を、今からしています」

     酒豪としても知られる男が、至福の時を断ってまで臨む1年。掛布SEAはその姿が、あらゆる波及効果を生むと説く。「スターティングメンバーで出る、出ないではない。彼のやる野球が、北條や大山を含めて、若い選手にいい影響を与える。鳥谷に期待してください」。38歳を迎えるシーズン。そうすることで「次の野球が見えてくるんだ」と言う。

     もう一人は藤浪だ。2軍監督時代にも、苦しむ姿を間近で見た。だからこそ「もう7年目。逃げ道はない」という。「ある意味、逃げ道をふさいであげた方が、彼らしい野球ができるんじゃないか。阪神の、日本のエースなんだと。そういう気持ちで投げることは大切なこと」。本人には精神面で自立を期待し、球団には「特別でいい。200イニング任せる、それだけでいい」と“放任”を求めた。

     金本前監督が指揮を執った3年、超変革として若手育成に力を注いだ。成果を証明するためにも「勝たなければならない」と言う。「矢野監督が鳥谷と心中するつもりでやれば面白い。逆行するかもしれないが、最下位で終わっている。鳥谷というカードは絶対に必要になる」。止まらないミスタータイガースの提言。熱い言葉で矢野阪神に期待を寄せた。

    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/12/23/0011927353.shtml


    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1545390917/

    続きを読む

    このページのトップヘ