1


 NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜、前8・00)の22日放送の第13週61話に、阪神OBの掛布雅之氏(65)=現ハンシン・レジェンド・テラー=が出演することが16日、分かった。同作主人公のモデルとなった古関裕而さんが作曲した「六甲おろし」こと「大阪タイガースの歌(現・阪神タイガースの歌)」が登場する回で、掛布氏は球団幹部の掛田寅男(かけだ・とらお)役。同氏の朝ドラ出演は、本人役で出演した「ふたりっ子」(96年後期)以来2度目となる。

 ミスタータイガースが、朝のお茶の間に「六甲おろし」を届ける。

 場面は昭和11(1936)年。主演の窪田正孝(31)演じる古山裕一は作曲家として軌道に乗り、初めて手掛けた球団歌「大阪タイガースの歌」を発表。球団歌の制作を依頼していた球団幹部・掛田寅男は、レコードを裕一から受け取り大喜びし、一緒に肩を組んで六甲おろしを歌う-という、虎党にはたまらないシーンが描かれる。

 古関さんといえば夏の全国高校野球選手権大会歌「栄冠は君に輝く」などスポーツシーンを彩る数々の名曲を手掛けてきたが、制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサー(CP)は「特に『六甲おろし』は野球ファンの方なら全員が知っている曲。ドラマの中でご紹介できればいいなと、最初から思っていた」と話す。キャストとして白羽の矢を立てたのは他でもない、「ミスタータイガースの掛布さんのお名前でした」。今年1月初旬に出演をオファー。快諾を得て、2月11日に都内で極秘収録。掛布氏は沖縄での阪神キャンプ視察を終えたその足で空路来京し、撮影に臨んだ。

 オーラたっぷりのレジェンドの登場に、「現場がワッと盛り上がりました」(土屋CP)と出演者、スタッフたちは大興奮。当初は「歌は得意じゃないんです」と恐縮していたという掛布氏だが、常に5万人の大観衆を魅了し続けてきたスターだけあり、本番では一発OKだったという。

 掛布氏は「オファーを受けたときは、連続テレビ小説という素晴らしい作品にまた参加できることがとてもうれしかったです」と話し、“初共演”となる窪田とも、「すごく場の空気を和ませてくださる優しい方でした。短いシーンでしたが、野球でいうキャッチボールができました」と息はピッタリ。出演時間は冒頭シーンでの1分足らずとなるが、週の初めに強烈なインパクトとなるはずで、「タイガースの歴史を感じられると思います。阪神ファンの方も見ていただいて、一緒に『六甲おろし』をテレビの前で歌ってもらえたらうれしいです」と呼び掛けた。

 6月19日、3カ月遅れで球音が戻ってくる。今年のプロ野球は新型コロナウイルス感染拡大のため無観客での開幕。当面は甲子園から六甲おろしの勝ちどきが消えるが、すべての虎党の胸に、このメロディーが「エール」のように鳴り響くだろう。




掛布が #エール に出るとな! やっぱ掛布は何年経っても阪神タイガースの顔、ミスタータイガースなのだね。 創設記念映画もナビゲーターをやってたし…惜しむらくは私は掛布の現役を知らんことだ。 #朝ドラエール



マジか!!!!!! 掛布さんがエールに出て六甲おろしを歌うだなんて胸熱だわ!!!!!#hanshin #tigers #阪神タイガース 朝ドラ「#エール」にミスタータイガース掛布氏出演 六甲おろし歌う 22日放送/芸能/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/17/0013429674.shtml 


続きを読む