とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    教育リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「教育リーグ、広島1-0阪神」(12日、由宇球場)

     阪神・秋山拓巳投手(27)が3回無安打無失点と好投。5三振を奪う快投を見せ、順調ぶりをアピールした。

     6日のプロアマ交流戦・奈良学園大戦(鳴尾浜)以来の先発となった右腕は、初回から快調に飛ばした。先頭の羽月を直球で見逃し三振にきると、続く大盛は遊ゴロ、岩本を見逃し三振に抑える最高の立ち上がりだった。

     さらに圧巻だったのは三回だ。木村、白浜、永井を三者連続三振に取るなど、広島打線を全く寄せ付けなかった。この回で交代となった右腕は「1球1球の精度は良かった。うまく投げられた」と手応えを示していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000154-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神のドラフト2位小幡竜平内野手(18=延岡学園)が教育リーグの中日戦で好守を連発した。「9番遊撃」で先発し、初回無死一塁で左翼に抜けそうな当たりに飛びつき好捕。4回にも痛烈な当たりをさばき、先発のメッセンジャーから労われた。

    この日実戦デビューした中日ドラフト1位の根尾は、同学年で同じ遊撃手と意識する存在。「同じ世代ですし、そこは負けたくないというのがあります」とメラメラ。一方で「(根尾)フィーバーを感じました。やはりスターだなと。(自分は)これからです」と笑顔を見せた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-03091103-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「春季教育リーグ、阪神-中日」(9日、鳴尾浜球場)

     開幕投手が内定している阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が先発し、5回4安打3三振1四球で1失点のピッチングで、開幕戦に向けて順調な仕上がりを披露した。

     初回から四回まで、内野安打1本のみに抑える“格の違い”を見せつけたメッセ。五回に犠飛で1点を失ったものの、最少失点でマウンドを降りた。注目の根尾との対戦では第1打席で142キロ直球で空振り三振を奪い、五回の第2打席は四球。「もっと戦ってみたかった。若い選手とやる時は刺激的だね」とメッセンジャーは笑みを浮かべた。

     この日の直球は最速144キロ。開幕に向け「コントロールであったり、シーズンに向けて準備をしていきたい」と意気込んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000083-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神メッセンジャー投手が中日根尾との対戦を歓迎した。

    開幕投手が決まっている右腕は、9日の教育リーグ中日戦(鳴尾浜)に先発で調整登板する。8日、甲子園で練習し、根尾について問われると「若い選手と対戦するのは楽しみだね。これがメッセンジャーか、と目をキラキラさせて向かってくる。打ちたいという気持ちが見えるので、こっちも楽しくなるんだ」と笑顔で話した。

    当日は名古屋のテレビ局5局が取材に訪れる予定。根尾フィーバーの中で“先輩”の貫禄を見せる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-03081013-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    ◆ウエスタン春季教育リーグ ソフトバンク4―0阪神(2日・タマ筑後)

     阪神・才木浩人投手(20)が5回から2番手で登板。今季最速の148キロを計測し、4回4安打3失点だった。

     6つの三振を奪うなど球威十分。6回には黒瀬に一発を浴びたが、8回先頭の野村のバットをへし折る場面も。「カウントを悪くしたところが打たれた原因」と失点した場面を反省。「その中で決め球の精度は前回より良かったかなと思います」と振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000172-sph-base

    続きを読む

    このページのトップヘ