とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    新井貴浩

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「DeNA6ー1阪神」(9日、横浜スタジアム)

     勝負事は最後まで何が起きるか分からない。この日で首位・巨人と10ゲーム差に開いた。タイガースとしては、とにかく巨人にこちらを“意識”させなければならない。優勝の可能性を残す限り、そこに向かって戦っていくというのがプロだ。

     まず10月23~25日の巨人3連戦(東京ドーム)までに何とかゲーム差を「3」、もしくは「4」までに縮めておきたい。今、「10ゲーム」という数字を意識すると苦しくなる。差は少しずつ埋めていけばいい。

     試合で例えるなら、初回で相手に10点を取られても、1点ずつ返せば七回でスコアは7-10となる。差が縮んでいけば、自然と相手を“意識”させることができる。「何かが起きるかもしれない」と思わせながら、10月下旬の3連戦までに勝負できる位置に行くことが大事だろう。

     この日の試合に関しては、結果を見れば、阪神打線が奪った得点は初回の1点のみだった。ただ、DeNA先発・上茶谷が良かった。腕の振りが素晴らしく、ストレートも力強かった。阪神選手は、おのおの反省するところは反省しながら次戦に臨んでほしい。

     8日のDeNA戦では、7点リードから同点に追い付かれ引き分けとなった。このような試合で感じる疲労度は普段より濃いかもしれない。ただ雰囲気などの面で影響が出るということはない。今はそういうことを言っている状況ではないことを選手も分かっているはず。気持ちの部分で切り替えて試合に臨めていたように映った。

     タイガースは今季、残り52試合。一方、巨人は残り53試合で直接対決は11試合となる。既に第4コーナーを回ったところだ。後ろを振り返っているヒマはない。前だけを見て、戦っていかなければならない。




    本日のデイリースポーツ3面は、本紙評論家・新井貴浩さんの評論「新井の目」を掲載しています。 新井さんらしい前向きかつ現実的な物言いには、彼の現役時代から、側で聞いていて〈勉強〉になりました。 #新井貴浩 #デイリースポーツ pic.twitter.com/ORlGr7HGaj



    救世主がいればなぁ。 【新井貴浩氏の眼】阪神よあきらめるな 10月下旬G3連戦までに3、4ゲーム差へ/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/09/10/0013680684.shtml  # @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 13:00:23.37 ID:Ox0gNxHg0
    すごい

    13: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/08/24(月) 13:07:42.75 ID:Og2F039W0
    優勝したいからじゃなくてヤニキと野球したいからやろ
    そう考えるとちょっと気持ち悪いわね

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1598241623/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     【新井さんが行く!】あの時の声援と拍手を(藤浪)晋太郎には、ずっと覚えておいてほしいな。先月に甲子園球場で迎えた復帰戦。交代を告げられた際、たくさんの拍手に送られてベンチへ戻った光景が印象的だった。こんなにもたくさんの人が応援してくれていることを改めて感じたと思う。

     人は弱いものだから思うようにいかない時は、ネガティブな考え方が先行し、周りが敵だらけに見えることがある。阪神で4番を打った頃、同じような経験をした。批判は大きく聞こえる一方、心から応援してくれる人は静かに祈るように見守ってくれている。

     晋太郎は高校球界のスター選手として誰からも望まれて入団した。実際に耳に届く厳しい声の何倍、何十倍、何百倍もの応援がある。あの復帰戦では球場で手を合わせていたファンの姿も映っていた。それを忘れないでほしいし、苦しい時には思い出してほしい。

     僕も応援している1人だ。今年も丁寧に直筆の年賀状をもらった。今年にかける強い決意が十分に伝わってきた。2試合を終えて白星は付いていないが、いい頃に着実に戻りつつあるように思う。打者目線で言えば、晋太郎には投げる以前に大きなアドバンテージがある。背が高いし、腕が長い。打席から対峙(たいじ)しただけで大きな圧力を感じ、距離がスゴく近く見える。そんな投手は晋太郎以外ではダルビッシュくらい。誰にもマネできない天性の武器だ。

     前回のヤクルト戦は1四球だけ。制球面の改善としては特筆ものだけれど、そもそも四球の数自体、それほど気にしなくてもいいと思ってみていた。要は走者を還さないこと。極端に言えば、3四球を出しても、3三振を取ればいい。それができる力を持っている。いろいろ周りから助言され、自分でも試行錯誤を重ねてきたと思う。間違いなく言えるのは、打者にとって一番嫌な強い速球を持っていることだ。その球を信じ、大きな心で投げたらいい。

     たくさん、応援してるぞ。 




    ありがとう新井さん。頑張れ藤浪! 新井貴浩氏“天性の武器の持ち主”藤浪にエール「たくさん、応援してるぞ」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/04/kiji/20200804s00001173111000c.html 



    新井さんには、祈るように静かに応援するファンの姿がたしかに見えていたのだな、あのこっぴどい野次のうしろに そう思ったら、新井さんは藤浪の「立場」を共感・理解できる数少ない人なのかもなーと思えてベロッと泣いちったな………


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「広島3-8阪神」(5日、マツダスタジアム)

     阪神打線は開幕当初のなかなか得点能力が上がらなかった状態からは脱しつつある。しかし、この日の試合を見ても、まだ本物と言い切れないのは、広島先発・遠藤の真っすぐに各打者とも差し込まれていたからだ。

     大山、ボーア、サンズの本塁打はすべて変化球を捉えたものだった。しかも変化球を狙って打ったのではなく、真っすぐを待っていて、変化球にタイミングが合ったという印象だ。遠藤が真っすぐで押してきていたら、果たしてここまで点を取れていたかどうか。

     打者の基本中の基本は、速くて力のある真っすぐをいかに打ち返せるかというところにある。阪神打線に関しても、各打者が力のある真っすぐに反応良くスイングできるようになってくれば、もう一段階、上にいける。

     ボーアも同じ。もともと変化球を打つのはうまい選手で、バットコントロールができてヘッドを柔らかく使うこともできる。あとは打席を重ねることで日本の投手、配球に慣れ、力のある真っすぐを仕留められるようになれば、本来の力を発揮できるだろう。




    新井貴浩さんは 阪神打線の各打者が力のある真っ直ぐに反応良くスイングできるようになってくればもう一段階上に行けると言った🙄 これは確かに大事。 速球に強い打者。それはスラッガーの重要な資質であります。 内外角問わず速球に強い打者は相手投手にとっても怖いからね。 pic.twitter.com/xxPRNxitvP



    新井貴浩氏が阪神打線を分析…力のある真っすぐを打ち返せれば“本物” ボーアも  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200706-00000031-dal-base  “まだ本物と言い切れないのは、広島先発・遠藤の真っすぐに各打者とも差し込まれていたからだ。” “遠藤が真っすぐで押してきていたら、果たしてここまで点を取れていたかどうか。”


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神8-6DeNA(2020年6月27日 横浜)

     【新井貴浩 視点】攻めの姿勢が最後で阪神の逆転を生んだ。9回2死。代走で出た一塁走者の植田が間一髪のタイミングをかいくぐって二盗に成功。山崎がけん制を投げるのは見たことがない。しかも、2度も続けて。その直後に決めた。

     走ってほしい…というベンチの思いに応え、思い切っていった。アウトになっていれば試合終了。なかなかできる盗塁ではない。二塁へ進んだことで山崎に重圧をかけ、大山の四球、サンズの本塁打につながった。振り返れば、岩貞を4回で降ろし、劣勢の7回にスアレスを投入。絶対に連敗を止める、という采配だった。

     低調だった打線にも浮上の兆しが見えた。特にボーアは左方向へ2安打。一、二塁側へ引っかけるゴロが多かった外角球を逆らわずに打った。もともと広角に打てる打者だと見ていた。8回の左翼フェンス直撃の一打のように打球も上がるようになってきた。この打撃を続けていけば、状態は上向くはずだ。

     初回の好機ではマルテが追い込まれてから必死に逆方向への右犠飛を放ち、先制点を奪った。最低限どころか、4番として最高の仕事だった。あの犠飛があったからボーアは楽な気持ちで打席に立ち、初の適時打が生まれた。開幕してから初めて見えた打線の“つながり”だった。

     初出場のサンズもいいスタートになった。外国人打者の相乗効果が期待できそうだ。矢野監督も当然、ある程度固定して戦っていきたいと思っているはず。試行錯誤してきた中、この試合が一つのきっかけになるかもしれない。




    新井貴浩氏 阪神助っ人陣の“つながり”浮上のきっかけに 植田の攻めの盗塁は見事(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 新井さん海くん褒めてくれてる😊  https://news.yahoo.co.jp/articles/5a58734381424fdf96d85d0dafb01055f0996c36 



    そういや昨日の阪神の試合 解説は新井さんだったね😅


    続きを読む

    このページのトップヘ