とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    智弁和歌山

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     今秋のドラフト候補、智弁和歌山の右腕・小林樹斗が151キロをマークした。

     17日に行われた甲子園交流試合の尽誠学園(香川)戦。1―8の六回裏から4番手として登板すると、5番打者の2球目に151キロを投げ、二飛に打ち取った。

     八回には4番打者相手に再び151キロの直球で空振り三振を奪い、3回を投げて2安打3奪三振で無失点。大敗を喫したため、「151キロを投げても負けてしまうと意味がない」と笑顔はなかったが、かつて阪神、巨人などに在籍した中谷監督は「練習をしてきたことが甲子園の舞台で出せた」とエースの成長に目を細めた。

     投げるたびにプロの評価を上げている。和歌山県の独自大会が始まると、初めて150キロを計測。6日の決勝で自己最速の152キロを叩き出している。ある球団のスカウトがこう言った。

    ■高橋は慶大、中森は明大…こちらはバリバリのプロ志望

    「去年のセンバツの明石商戦で147キロ、夏の甲子園で148キロ。順調に成長していたんですが、昨秋は状態が上がらず失点を重ねる試合が多かった。大学進学かと思っていたんですが、冬とコロナ自粛期間にかなりトレーニングを積んだのでしょう。昨秋よりひと回り体が大きくなり、ここにきて投げるたびに球速がアップしている。カットボールなど球種も増えているし、完成度が高い中森(明石商)、高橋(中京大中京)といったドラフト上位候補と比べ、急激に伸びているのが、この小林です。中森と高橋は進学かプロ入りか悩んでいるが、バリバリのプロ志望なのも、プロからすれば評価できる。今年は豊作の大学生候補の調子次第とはいえ、現段階で外れ1位、つまり1位の12人に入ってきそうなところまで浮上しています」

     交流試合未出場組の高校生投手では、最速153キロ右腕の福岡大大濠・山下舜平大(3年)がドラフト1位候補とされる。

     それでも、巨人や阪神は甲子園での実績も評価するため、今回の交流試合を含めて“聖地”の土を3度踏んだ小林の人気は高まりそうである。

     コロナ禍でアピールの舞台が限られる中、最速152キロ右腕がドラフト戦線に殴り込みをかけてきた。




    和歌山)智弁和歌山 夢は後輩に 交流戦:朝日新聞デジタル  https://www.asahi.com/articles/ASN8K6VQ9N8KPXLB00K.html  昨夏、星稜の奥川君と投げあって以来の甲子園のマウンドとなった小林樹斗君。八回、この日最後の打者を151キロの直球で三振に切ると、思わずガッツポーズが飛び出しました。 #高校野球



    スカウト「ここまで伸びるか!」。 智辯和歌山・小林樹斗が自己最速を次々更新。  https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2020/08/17/___split_94/ 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     2020年甲子園高校野球交流試合は第6日の17日、第2試合で尽誠学園(香川)が8―1で智弁和歌山(和歌山)を降した。二回に走者を一掃するタイムリーを放った尽誠学園の菊地柚主将は「自分がここ一番で打たないといけないと強く思っていた」と話した。菊地主将の談話は次の通り。

     ◇「校歌を歌うことを目標にしてきた」

     甲子園で校歌を歌うことを目標にしてきたので、うれしかった。(二回の適時打は)自分がここ一番で打たないといけないと強く思っていたので、ああいう結果になってとてもうれしい。気持ちだけは相手に負けないと強く思っていたので、ああいうバッティングができたのだと思う。今までやったことは無駄ではなかったと、この場で改めて思った。

     (村上投手は)序盤はあんまりだったが、投げていくにつれてしっかりしていって粘りの投球ができて良かったと思う。(これが最後の試合となるが)今までやってきたことをこの場で出せたので最高だった。(学校として18年ぶりの勝利)尽誠学園の歴史に自分たちの名前が刻まれたので、とてもうれしい。




    尽誠学園が甲子園常連で強豪の智弁和歌山に8ー1で快勝! 夏の甲子園交流試合最終日を迎えましたが……同じ瀬戸内でお隣同士、香川県代表尽誠学園の勝利の瞬間最高でしたw 岡山県代表倉敷商業も甲子園常連で強豪の仙台育英に6ー1で快勝して勇気と元気を与えてくれてありがとう✨ pic.twitter.com/2eSAz7huRl



    / ⚾ ここ一番で打たないと \ 勝ち越しタイムリーの 尽誠学園#菊地柚 主将 「甲子園で校歌を歌うことが  目標だったのでとても嬉しかった。  ここ一番で打たないと、と  強く思っていたので、  とてもうれしいです」と 晴れ晴れした表情でした。 #智弁和歌山 1ー8 #尽誠学園(香川) pic.twitter.com/22U88wo4V5


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1
    1


    ◇6日 高校野球和歌山独自大会決勝 智弁和歌山10-1初芝橋本(紀三井寺球場) 

    元阪神などの捕手、中谷仁監督率いる智弁和歌山高には、エース小林樹斗投手(3年)のほかにもドラフト候補がいる。主将の細川凌平遊撃手(3年)だ。6日、和歌山県の独自大会決勝となった初芝橋本戦では1番を打ち、2回に左翼フェンス直撃の決勝2点二塁打、5回には左前2点適時打。4打数2安打4打点の活躍で優勝に大貢献した。

     「素直にうれしい思いでいっぱいです。チーム全員で勝とうとしているなか、後ろへつなごうという思いが結果に結び付きました。仲間がいたからこそ続けられた。こういう形で終われてうれしいです」

     打撃では2長短打。ネット裏で視察した阪神の元監督、和田豊球団テクニカルアドバイザーは「柔らかい打撃で、バットコントロールにたけている。パワーがあるとは言えないが、小力もある」と高く評価する。しかも打った瞬間から一塁への到達タイムが3・91秒だった。「4秒を切るのだから、かなり速いよ」と和田アドバイザーは言う。

     遊撃の守備機会はなかったが、シートノックの守備も見たうえで「守備の足運びがいいし、ポジションへ行く際の足の進み方もいい。動きにセンスを感じる」。元遊撃・二塁の名手も注目する素材だ。




    智弁和歌山、ドラフト候補の細川くんのタイムリー! https://t.co/BDro4JftCL



    智弁和歌山・細川4打点「センス感じる」阪神和田氏  https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202008060000911.html?utm_source=twitter  さすが!細川主将!


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ◇6日 高校野球和歌山独自大会決勝 智弁和歌山10-1初芝橋本(紀三井寺球場)

     今秋ドラフト候補の快速右腕、智弁和歌山高の小林樹斗(たつと)投手(3年)は6日、和歌山県の独自大会決勝で自己最速152キロの直球や落ちるスプリットを駆使して9回の1イニングを三者三振に抑え、優勝に花を添えた。智弁和歌山は10―1で、19年ぶりに決勝へ進出した初芝橋本を退けた。

     9点差がついていた9回。大勢は決していたものの、エースの小林樹はマウンドへ。「最後なので何が何でもゼロに抑えようと思った。今までやってきたことを全て出し切るぐらいのつもりで投げて3三振取れたので良かったです」と笑顔を見せた。

     前日(5日)、日高との準決勝では、リリーフで1イニング3分の2を投げ、5安打された。151キロを計測したが、自慢の直球をことごとくとらえられた。一夜明け、それでも直球で勝負したのは「そんなに反応がなかったし、真っすぐに合ってなかった」と力で押した。すると自己最速を1キロ更新してみせたのだ。

     ネット裏で視察した阪神の元監督、和田豊球団テクニカルアドバイザーが「いいものを見たわ。三振を取りにいって取り切る。あれだけ腕を振ってコントロールがつくのは素晴らしいのひと言。球質が良く、後ろ(クローザー)の資質もある。ドラフト上位の投手だと思う」と話せば、中日の中田宗男スカウト顧問は「リリーフの方が向いているからと、今はリリーフで使っているそうだ。球質が重そうで、直球を投げるときと変化球を投げるときのフォームの見分けがつかない。ドラフト上位は間違いない。高校生としては早い段階で出てくる素材だ」と絶賛した。

     甲子園交流試合は8月17日の第2試合で尽誠学園と当たる。小林樹はその高校ラストゲームでも「球速にこだわらず、しっかり勝てるようにやりたい。何が何でも1勝して終わりたい」と豪腕を披露して締めくくるつもりだ。




    智弁和歌山ドラフト候補右腕 小林樹斗が三者三振締め!V 導く 阪神和田TA「いいものを見たわ」(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース ドラフトが楽しみすぎる。  https://news.yahoo.co.jp/articles/b41d93c5e086a50dd4ae6f01309d7277f10a4184 



    阪神和田豊さんに「いいもの見たわ」と言わしめる小林樹斗くん‥‥‥恐ろしい子‥‥‥


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「高校野球和歌山大会・決勝、智弁和歌山10ー1初芝橋本」(6日、紀三井寺公園野球場)

     智弁和歌山が大勝で「夏の公式戦」では4年連続25度目となる優勝を果たした。九回には今秋ドラフト候補の小林樹斗投手(3年)が、自己最速を1キロ更新する152キロを記録して3者連続三振で締めくくる圧巻のフィニッシュとなった。

     試合後、小林は「全力で今までやってきたことをすべて出し切るくらいでやりました。結果的に三振を3つ取れて良かったです。最後は相手も4番だったのでまっすぐでいこうかと思いました。(直球は)いつもより走ってるかなと思ったですけど」と振り返り、152キロが出たことには「球速じゃないのでとにかく勝ててよかったです」とチームの勝利を喜んだ。

     視察した阪神・和田豊TAは「(小林樹は)素晴らしい。あれだけ腕を振ってコントロールできている。(上位で消える)ピッチャーだと思う。いいものを見たわ」と絶賛。また、同じく今秋ドラフト候補の細川凌平内野手(3年)が2安打4打点と活躍したことにも触れて「スイングも柔らかくてシャープ」と高評価していた。




    智弁和歌山優勝おめでとう🎊✨✨



    自己最速をどんどん更新していく!まだまだ成長過程ということか😆 智弁和歌山が夏大会V プロ注目の小林樹斗MAX152キロで3連続三振締め  https://www.daily.co.jp/baseball/2020/08/06/0013579434.shtml 


    続きを読む

    このページのトップヘ