とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    望月惇志

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神が7日の紅白戦では若手投手陣のサバイバルも開戦する。

    先発を任された望月は「先発させていただけるので、しっかり抑えたい。左打者の変化球とストレートの質を継続して高めていきたい」と気合十分。

    同じく先発する才木は「変化球でカウントが取れたり、抜き真っすぐも試していけたら」と引き締めた。馬場、浜地、守屋、島本らも登板予定で、激しいアピール合戦が展開されそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00473301-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/01/15(火) 11:29:26.49 ID:SUijIQTb9
    日刊スポーツは記者がオリジナルの視点で取材、構成する「リポート」をお届けします。第2回は阪神担当の真柴健記者が望月惇志投手(21)のルーツをたどりました。
    3年目の昨季はリリーフで37試合に登板。
    矢野監督は今季の開幕投手候補に挙げるほど飛躍を期待しています。高校時代のエピソードを横浜創学館・森田誠一監督(54)に聞きました。

       ◇   ◇   ◇

    望月は矢野阪神の中で、大ブレークが期待される1人だ。ルーキーイヤーに、甲子園のデビュー戦でいきなり153キロを計測。
    昨年はリリーフで実力の片りんをのぞかせ、自己最速は158キロまで伸びた。
    武器である剛速球のルーツは高校時代にあった。恩師は明かす。

    森田監督 きっちりと筋持久力と筋瞬発力のトレーニングを分けていましたね。
    持久的なトレーニングは2時間ほどの走り込み。手を抜けないように、何分以内、何秒以内と時間を切って決めていた。
    距離ではなくて時間でね。各場所にコーチが立っていたので、気は抜けなかったと思います(笑い)。
    コースがあるので10周で何分だとか目標設定を絶対にしていた。

    素材は抜群だった。横浜創学館に入学した時、すでに身長が180センチほどあったという。

    森田監督 とにかく背が高くて、すらっとしてた。マッチ棒みたいな感じ。中学時代は成長痛もあって、思うように投げられなかったそうで。
    (入学時は)「おおっ」と、うなるような投手ではなかった。もしかしたら化けるかもと。

    コーチの目が厳しいランニングメニューに、徹底的に体幹トレーニングをこなした。

    森田監督 練習は手を抜かない。もう少し、遊び心があっても良いんじゃないかと思うほど。
    「食トレ」もやっていましたね。体を作るためのサプリメントと食事を併合して、強い体を作りました。

    マッチ棒のように細かった体が、グングンと力をつけた。

    森田監督 入学時は120キロ出たかどうか。(2年秋の)新チームになって、137キロ。冬を越えて、3月の終わりに148キロを出したんです。
    3月の練習試合解禁の日にですよ。「速いな!」って。真面目に練習したから、能力が顕著に伸びた。
    冬場の体作り、徹底的な走り込み。元々のポテンシャルに筋力が一気にマッチしましたね。

    プロ入り後は順風満帆とは言えなかった。
    入団1年目の16年10月1日に甲子園で初登板。福原投手コーチの引退試合で投じた153キロ直球に明るい未来が、確かに見えた。
    しかし疲労蓄積による右肘痛や腰痛に苦しんだ。
    17年には腰痛ヘルニアの手術に踏み切る。入院中、病室のベッドではマウンドで躍動する姿をイメージ。再び、輝く瞬間を待ち望んでいた。

    森田監督 高校時代に体のどこかが『痛い』と言ったことは1度もなかった。体は頑丈で故障もなかった。だから意外でしたね…。

    プロに入るまで経験したことのない、リハビリ生活は毎日が苦痛だった。それでもまじめな性格で、乗り越える。腰のヘルニア手術を受けた後は鳴尾浜のウェイトルームにこもった。
    自らに足りない部分はトレーニングで補う。自己理解ができるからこそ、ケガを乗り越えてマウンドで躍動できた。

    ◆望月惇志(もちづき・あつし)1997年(平9)8月2日生まれ、神奈川県横浜市出身。
    5歳で野球を始め、芹が谷中学時代は横浜南ボーイズに所属。横浜創学館では3年時に最速148キロを計測し、夏の神奈川大会8強。
    甲子園出場なし。15年ドラフト4位で阪神入団。1年目の16年10月に福原忍の引退試合となった巨人戦(甲子園)で1回0封デビュー。
    17年は、右肘痛や腰痛など故障に泣き、12月に腰部ヘルニアを手術。リハビリから再起して昨季は37試合に登板した。190センチ、92キロ。右投げ右打ち。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00446523-nksports-base
    1/15(火) 5:00配信


    http://npb.jp/bis/players/81885132.html
    成績

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547519366/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/19(水)23:59:05 ID:xXz
    b975733b

     阪神の望月惇志投手(21)、才木浩人投手(20)が19日、兵庫・伊丹市で行われた「伊丹社会福祉協議会クリスマス会」に参加した。今季飛躍した若虎が登場すると、集まった230人から歓声が上がった。

     ファンからの質問コーナーで、来季優勝の可能性を聞かれた2人は即答。「優勝します」と高らかに宣言した。また、「矢野監督とは仲良しですか」というド直球の質問に2人は苦笑い・・・。望月は「選手と監督との関係なんで、仲良しとは言えないけど・・・」と、遣いつつも「気軽に話しかけてもらってアドバイスもいただけますし、近い距離です」と良好な関係であることを明かした。

     今季、リリーフで37試合に登板した望月は、来季の目標に「プロ初勝利」を掲げ、高卒2年目で6勝を挙げた才木は「2桁勝利」を自身へのノルマに課した。矢野監督が秋季キャンプのMVPに指名した両投手が、17年ぶりの最下位からの巻き返しの旗印になることを誓った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000149-sph-base

    やったぜ

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545231545/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    阪神・望月惇志投手(21)が22日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、600万増の年俸1100万円でサインした。 今季は腰のケガを克服し、中継ぎとして37試合に登板。37試合で0勝0敗、防御率4・30の成績を残した。

    交渉を終えて、「すごく球団の方から評価していただいて、ありがたいという気持ち」と感謝した。 来季は先発としても活躍が期待されている右腕。「どちらで投げさせていただくかわからないですけど、チームの勝利に貢献できるように」と力を込めた。(金額は推定)

    3



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000071-dal-base


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    329: 名無しさん 2018/11/17(土) 23:31:09.62 ID:qsETuEfp0
    「練習試合、阪神15-5LGツインズ」(17日、安芸市営球場)
     誰にも譲らない。矢野監督就任後初の対外試合となった韓国・LG戦で、来季の先発ローテを争う望月惇志投手(21)、才木浩人投手(20)、浜地真澄投手(20)の若虎3投手が存在感を見せつけた。
     先発マウンドに上がったのは望月。初回、2人の打者を簡単に仕留めると、3番打者を内角149キロ直球で見逃し三振に。二回は2死一塁としたが味方の好守にも助けられて無失点。
    「1イニング目はイメージ通り投げられましたが、2イニング目は無駄な力が入り過ぎてしまった。長いイニングを投げられるように勉強していきたい」とうなずいた。
     3番手の才木も好投でアピールした。直球を軸に変化球を交ぜながら相手打線を翻弄。2回を無安打無失点に抑えた。「投げるリズムとか変化球でカウントを取るなど思っていたことができた」。
    納得の内容で今季実戦最終登板を終えた。

    七回から4番手で登板した浜地も負けてはいない。「左打者の外スラで勝負できたというのが一番」と矢野監督が高く評価したのは、七回2死一塁の場面。フルカウントから2球ファウルで粘られてからの9球目、外角へのスライダーで空振り三振に仕留めた。 
    八回は先頭に四球を与えたものの3者連続奪三振。「三振を狙って取れたのでそれはよかった。(秋季キャンプでの)成果だと思います」と浜地。十分な収穫を口にした。 
     若手の台頭で激しい争いとなる来季の先発枠。イス取りゲームを制し、その椅子に座るのは誰だ。

    1


    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/18/0011829912.shtml


    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1542446707/

    続きを読む

    このページのトップヘ