とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    望月惇志

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    望月才木小野

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/07(木)02:56:56 ID:Vfn
    若手生えてくるの羨ましいンゴ

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551895016/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神望月惇志投手(21)が、「大魔神フォーク」を伝授された。元マリナーズ投手の佐々木主浩氏(51=日刊スポーツ評論家)が25日、沖縄・宜野座の阪神1軍キャンプを訪れ、ブルペンを視察した。

    佐々木氏が見守るブルペンで望月が39球目を投げ終えたところ、矢野燿大監督(50)が投球を中断させ、佐々木氏の元へ連れて行った。あいさつを交わすと、佐々木氏は身ぶり手ぶりで、望月にフォークボールの投げ方を伝授。佐々木氏は「投げる時に落とそう、落とそうというのがあるから、そうじゃなくてもっとしっかり腕を振って投げるんだよ、というのを」と説明した。

    「大魔神塾」を終えると、望月はブルペン投球を再開し早速教わったフォークを試した。最初の数球は高く抜けたものの、5球目あたりからワンバウンドするように。6球目のワンバウンドした球に、捕手の後ろで見守っていた佐々木氏から大きな「○」マークが出た。

    その後も佐々木氏は、大きくうなずきながら望月の投球を見続けた。矢野監督も期待する4年目右腕に、新たな武器が加わったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02250422-nksports-base 





    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (練習試合、阪神5-0広島、21日、沖縄・宜野座)先発ローテを狙う望月は、六回から5番手でマウンドへ。2回をゼロ封した。六回は3者凡退に抑え、七回は先頭に二塁打を浴びたが後続をピシャリ。MAX151キロの速球とフォークで3奪三振。「フォークが抜けてましたし、結果的に三振でも反省です」と言葉は少なかったが、14日の楽天戦は先発して3回無失点。7日の初紅白戦こそ2回7失点だったが、そこから対外試合2試合で5回無失点と上々のアピールだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-10001015-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <練習試合:阪神5-2楽天>◇14日◇沖縄・宜野座

    14日、阪神-楽天の練習試合を日刊スポーツ評論家の中西清起氏がチェック。阪神先発の望月に注目した。

       ◇   ◇   ◇

    楽天戦に先発した望月はストレートに力があった。初回、銀次を二ゴロに仕留めた149キロは威力十分。昨年、中継ぎを経験し、今季は先発候補としてチャレンジしているが、第1段階としては合格点だろう。

    もっとも課題もある。3回2死から乱れたように特に変化球でカウントを取れないからピッチングが苦しくなる。スライダー、フォークと球種自体も多くないだけに、いかに変化球でカウントを取れるかが先発投手として結果を残していけるかどうかのカギとなるだろう。

    今後は投球回数を伸ばし、さらに先発としての適性が問われることになるわけだが、可能性は十分、感じさせてくれた。ガルシア、西を補強したとはいえ競争が激しくなれば、当然、チーム力は上がる。特に望月やこの試合で登板した馬場、浜地ら若手が頑張ることで先発陣の底上げをはかりたいところだ。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00482259-nksports-base
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「練習試合、阪神-楽天」(14日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

     阪神の望月惇志投手(21)が、今年の対外試合初戦に先発。最速149キロを計測するなど、“開幕投手”として3回を投げ、1安打無失点と好投した。

     初回から全力で打者に対した。先頭田中への初球、いきなり147キロを計測。フルカウントから最後は、148キロの直球で右邪飛に打ち取った。続く銀次はこの日最速の149キロで二ゴロに。島内は148キロで右飛に抑え、3者凡退に斬って波に乗った。

     二回は4番のブラッシュ、内田を遊ゴロ、辰己を右飛に斬った。三回、村林に二遊間を破られると、連続四球で2死満塁。ピンチを背負ったが、最後は島内を148キロで左飛に抑えて脱した。

     今キャンプ初実戦となった7日の紅白戦は中谷、坂本の2本塁打を含む8安打を浴びて2回7失点。右打者への直球がシュート回転し、真ん中に入ったところを捉えられるなど、課題を残すマウンドだった。だが、中6日で迎えた大役できっちりと修正した姿を見せた。

     この日、登板予定の馬場、浜地らと開幕ローテを争う若虎。まずは上々の結果でアピールに成功した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000064-dal-base

    続きを読む

    このページのトップヘ