とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    朝ドラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     阪神OBの掛布雅之氏が22日放送のNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜、前8・00)第61話に登場。ネット上は「掛布」がトレンドワード入りし、世の虎党たちを熱くさせた。

     掛布氏は、冒頭部分で登場。大阪タイガースの球団幹部・掛田寅男役で、法被をまとい、主人公・古山裕一(窪田正孝)と「六甲おろし」を熱唱するシーンが描かれた。オープニングでのクレジットにも「掛布雅之」と表示され、世の虎党たちを熱くさせた。

     ネット上では「まさか掛布さん本人が登場するとは!!なんという大サービス!」「あの一瞬だけの出演で、ちゃんと役名がついてるって、さすが掛布さん」「存在感あるオッチャンやなあと思ってたら掛布さんだった」「掛布さんがいたの、まったく気づかなかった、溶け込みすぎて」などと興奮のコメントが相次いだ。

     また、阪神は開幕3連敗を喫しあいにくのスタートとなってしまったが、「開幕から勝利無しのタイガース、掛布さんからのエールもらいました」「明日からのヤクルト戦は3タテ頼むで!」と、元気づけられたファンも多かったようだ。

     登場シーンは1分にも満たなかったが、インパクトは十分だった。




    六甲おろしーー!と思ったらさらに掛布ーーーー!🤣🤣 https://t.co/VQZSDZaur0



    トレンドに 掛布さん ってあるから何かと思ったらwww 六甲おろしは古関裕而作曲だったな



    開幕早々読売に3タテをくらってうちひしがれるタイガースファンへのエールですよ(笑) <エール>掛布雅之氏、“大阪タイガース”球団幹部役で出演!六甲おろし熱唱で「掛布さん」トレンド入り(ザテレビジョン)  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200622-00236451-the_tv-ent 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜、前8・15)の22日放送の第61話に出演した阪神OBの掛布雅之氏(65)が、同局を通じ感想を寄せた。掛布氏の朝ドラ出演は、本人役で登場した96年後期の「ふたりっ子」以来24年ぶり2度目。

     「六甲おろし」として親しまれている「大阪タイガースの歌(現・阪神タイガースの歌)」など手掛けた作曲家・古関裕而さんをモデルにした古山裕一を主人公に描かれる今作。この日放送の冒頭で掛布氏は、球団歌の制作を依頼した「大阪タイガース」の球団幹部・掛田寅男(かけだ・とらお)を演じ、作曲した古山裕一(窪田正孝)とともに肩を組んで「六甲おろし」を熱唱した。

     掛布氏は、撮影を振り返り、「劇中では当時の『♪大阪タイガ~ス』と歌っているのですが、僕らの時代は『♪阪神タイガ~ス』と歌っていたので、ついつい間違えそうになってしまいました(笑)」と告白。

     「『六甲おろし』には球団の歴史が染みこんでいると思っています。我々の1985年の阪神日本一も含まれます。球団を作った先輩方やプレーされてきた選手たちがいたからこそ、僕らの時代の野球があったわけですから。劇中では、声高々に我々の球団歌『六甲おろし』を歌いながら、改めて先輩方に対して、感謝の気持ちが込み上げてきました」と感慨もひとしおだった。

     現役時代は、春の激励会や秋の納会で、選手が「六甲おろし」を歌う風習があったといい、「ファンの皆さんは、勝てば甲子園で毎試合『六甲おろし』を歌ってくれますので、我々選手を勇気づけてくれる球団歌でもあり、時には叱咤激励してくれるような存在の歌です」と特別な歌への思いを熱弁。

     4番として阪神を日本一に導いた1985年を振り返り、「ファンの皆さんが大変喜んでくれて、『六甲おろし』を大合唱してくれました。今でもそのときの『六甲おろし』は忘れられません。今後も永遠に、球団歌として受け継がれていくわけですから、主人公のモデルである古関裕而さんには、『六甲おろしを作ってくださって本当にありがとうございます』とお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです」と語った。

     阪神は開幕3連敗となったが、「今回『六甲おろし』が朝に流れるので、少しでも阪神タイガースを勢いづけることができたらいいなとも思っています。もちろん首位狙いです!」と現役選手たちへ熱い「エール」を送った。

     なお、宿敵・巨人の球団歌「闘魂込めて」も古関さんの作曲。




    朝ドラに掛布さんが。阪神ファンの方々、嬉しいだろうな😃 #朝ドラ #エール #掛布雅之 pic.twitter.com/D5JgqZAGPX



    朝ドラに掛布さん?!



    いやまさか 朝ドラに掛布さんが出てくるとは...


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜、前8・00)の22日放送の第13週61話に、阪神OBの掛布雅之氏(65)=現ハンシン・レジェンド・テラー=が出演することが16日、分かった。同作主人公のモデルとなった古関裕而さんが作曲した「六甲おろし」こと「大阪タイガースの歌(現・阪神タイガースの歌)」が登場する回で、掛布氏は球団幹部の掛田寅男(かけだ・とらお)役。同氏の朝ドラ出演は、本人役で出演した「ふたりっ子」(96年後期)以来2度目となる。

     ミスタータイガースが、朝のお茶の間に「六甲おろし」を届ける。

     場面は昭和11(1936)年。主演の窪田正孝(31)演じる古山裕一は作曲家として軌道に乗り、初めて手掛けた球団歌「大阪タイガースの歌」を発表。球団歌の制作を依頼していた球団幹部・掛田寅男は、レコードを裕一から受け取り大喜びし、一緒に肩を組んで六甲おろしを歌う-という、虎党にはたまらないシーンが描かれる。

     古関さんといえば夏の全国高校野球選手権大会歌「栄冠は君に輝く」などスポーツシーンを彩る数々の名曲を手掛けてきたが、制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサー(CP)は「特に『六甲おろし』は野球ファンの方なら全員が知っている曲。ドラマの中でご紹介できればいいなと、最初から思っていた」と話す。キャストとして白羽の矢を立てたのは他でもない、「ミスタータイガースの掛布さんのお名前でした」。今年1月初旬に出演をオファー。快諾を得て、2月11日に都内で極秘収録。掛布氏は沖縄での阪神キャンプ視察を終えたその足で空路来京し、撮影に臨んだ。

     オーラたっぷりのレジェンドの登場に、「現場がワッと盛り上がりました」(土屋CP)と出演者、スタッフたちは大興奮。当初は「歌は得意じゃないんです」と恐縮していたという掛布氏だが、常に5万人の大観衆を魅了し続けてきたスターだけあり、本番では一発OKだったという。

     掛布氏は「オファーを受けたときは、連続テレビ小説という素晴らしい作品にまた参加できることがとてもうれしかったです」と話し、“初共演”となる窪田とも、「すごく場の空気を和ませてくださる優しい方でした。短いシーンでしたが、野球でいうキャッチボールができました」と息はピッタリ。出演時間は冒頭シーンでの1分足らずとなるが、週の初めに強烈なインパクトとなるはずで、「タイガースの歴史を感じられると思います。阪神ファンの方も見ていただいて、一緒に『六甲おろし』をテレビの前で歌ってもらえたらうれしいです」と呼び掛けた。

     6月19日、3カ月遅れで球音が戻ってくる。今年のプロ野球は新型コロナウイルス感染拡大のため無観客での開幕。当面は甲子園から六甲おろしの勝ちどきが消えるが、すべての虎党の胸に、このメロディーが「エール」のように鳴り響くだろう。




    掛布が #エール に出るとな! やっぱ掛布は何年経っても阪神タイガースの顔、ミスタータイガースなのだね。 創設記念映画もナビゲーターをやってたし…惜しむらくは私は掛布の現役を知らんことだ。 #朝ドラエール



    マジか!!!!!! 掛布さんがエールに出て六甲おろしを歌うだなんて胸熱だわ!!!!!#hanshin #tigers #阪神タイガース 朝ドラ「#エール」にミスタータイガース掛布氏出演 六甲おろし歌う 22日放送/芸能/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/gossip/2020/06/17/0013429674.shtml 


    続きを読む