とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    桑原謙太朗

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <巨人7-6阪神>◇16日◇東京ドーム

    阪神2番手の桑原謙太朗投手も巨人打線を止められず、5回に一挙5点を失った。

    先発青柳が3点目を失った5回無死一、二塁でリリーフ。だが田中俊に左前適時打を浴び4点目を失うと、なおも無死一、二塁から立岡に初球の144キロ直球を右翼スタンドへ運ばれた。

    右肘の不調から再起し、513日ぶりに登板した13日広島戦(甲子園)は、2/3回を無安打無失点に抑えたが、この日は1回3安打2失点。防御率は10・80となった。




    まぁ、相変わらずと言う他はない。 桑原は巨人の守護神かぁ。 青柳の代え時も遅い。4回裏、1死満塁ですでに交代だ。但し、桑原ではない投手にだ。 前にも言ったが、阪神は打線とは言わない。点線だ。 巨人は、ちゃんと打線になっているがゆえに点に結び付く。 #阪神タイガース #矢野監督



    今年の阪神の弱さは島本&PJの穴が埋まらず、ピンチの時に代わったピッチャーが大体打たれてる事 だから監督も変に先発引っ張るし、先発も変に力んで崩れがち 桑原に何とか救世主になって欲しいけど…  https://twitter.com/hEFnK2FqEoHGkJj/status/1306209120396009472 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     ◇セ・リーグ 阪神ー広島(2020年9月13日 甲子園)

     スポニチ評論家で、阪神、広島の両軍に長く在籍した金本知憲氏が、13日の阪神―広島戦を生解説した。ツイッターを利用し、リアルタイムで届くファンから質問に回答したもので、この日は阪神の桑原が今季初登板し、ファンからの質問も多数寄せられた。

     5―6と阪神が1点のリードを許していた6回、1死一塁で岩貞をリリーフする形で、桑原は登板。3番堂林を三邪飛、4番鈴木誠を空振り三振にしとめて、ピンチを脱した。

     ファンからは「桑原投手が久しぶりの1軍登板でしたが、金本さんの目には今日の投球はどう映りましたか?」と質問。これに対して金本氏は「桑原が出てきたときに球場が沸いて、うれしかった。監督のときに、たくさん投げてくれて“みんな、もっと応援してあげて”と思っていたから」としみじみと答えた。

     金本監督時代の17年に、桑原は67試合に登板し、4勝2敗39ホールドで最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。金本氏も、指揮官として頼っていた当時の思いがよみがえり、今季初登板にうれしそうな表情を浮かべた。

     スポニチでは現在、ツイッター連動企画として、スポーツ紙では初の「豪華評論家陣による生解説」を開幕から実施中。13日の質問は、阪神担当・巻木周平記者のアカウント(@toraban_makigi)から募集しています。

     また「生解説」は不定期ながら今後も企画中で、評論家をうならせた鋭い質問は関西方面の紙面でも掲載する予定。




    金本監督の唯一の財産。桑原投手が戻ってきてくれると来年以降大きい。あと島本投手か。 阪神・桑原が復活登板 鈴木誠を三振斬り「抑えることができて良かった」(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/e561d13570631e1f2dd5cde02c18ff6e597d0ab1 



    金本知憲氏 阪神・桑原の今季初登板にしみじみ「球場が沸いて、うれしかった」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 金本、マジで首脳陣に参入してくれん? 現役時代の時からのファンとして言うわね。  https://news.yahoo.co.jp/articles/67b5ecbb5734b09bc2c8ad382bc7a093a585d57f 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <阪神7-6広島>◇13日◇甲子園

    右肘の不調で2軍調整が続いていた阪神桑原謙太朗投手が、今季初登板で好救援した。

    1点ビハインドの6回1死一塁で3番堂林からの中軸を迎えた場面で登場。堂林を三邪飛に仕留めると、2死二塁で鈴木誠を外角低めのスライダーで空振り三振に斬った。「久しぶりの登板でしたが、ランナーのいる場面で使っていただき、抑えることができて良かった。少しは期待に応えられたかなと思います」。1軍マウンドは昨年4月19日の巨人戦(甲子園)以来513日ぶり。セットアッパーとして17年に67試合、18年に62試合登板したが昨年は7試合止まり。リリーフ事情が苦しい中、頼もしい右腕が帰ってきた。




    阪神桑原が初登板で好救援「期待に応えられたかな」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009130000968.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  帰って来たね。頼もしい我らが桑原謙太朗様が😁🐯 伝家の宝刀スライダーも健在だ😄🐯



    桑原さん帰ってきたんほんま嬉しい、、 今でさえしっかりした勝ちパターンを要する阪神に、頼もしい男が帰ってきた。 あとはほんまに島本守屋はよ、、


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    kuwahara


     ◇セ・リーグ 阪神―広島(2020年9月13日 甲子園)

     阪神・桑原が公式戦では昨年の4月19日巨人戦以来、513日ぶりのマウンドに上がった。

     5―6の6回1死一塁から堂林をスライダーで三邪飛に打ち取ると、続く鈴木も空振り三振に仕留め、ベテランが復帰のマウンドで役目を果たした。




    桑原復活は大きいな!



    桑原おかえりー



    桑原の復帰はでかいな


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     飯田優也投手(29)と1対1の交換トレードでオリックスから阪神に移籍した小林慶祐投手(27)が11日、甲子園での試合前練習から移籍後初となる1軍に合流した。

     小林は八千代松陰から東京情報大を経て、日本生命に入社。16年度ドラフト5位でオリックスに入団した。187センチの長身から投げ下ろす150キロ近い速球と、フォークなどを武器にする右腕。

     1年目の17年は35試合で2勝1敗、防御率3・98でリリーフ陣の一角を担った。今季は7試合で0勝0敗、防御率4・05。通算成績は69試合で2勝3敗5ホールド、防御率5・25。

     飯田はすでにオリックスで移籍後初勝利を挙げており、小林もそれに負けない活躍が期待される。

     また、中継ぎ右腕の桑原、浜地もこの日から1軍に合流した。2017年の最優秀中継ぎに輝いた桑原は昨季の4月20日に出場選手登録を抹消されて以来、久々の1軍復帰となる。




    阪神新加入の小林が移籍後初1軍合流 桑原、浜地も(日刊スポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/51ab68f4c821745b18f5f2d1f89905c3a96b8a8c  能見さんももう引退なのかな…



    小林ようこそ! 桑原待ってた! 浜地がんばれ! 阪神に移籍の小林が1軍に合流 中継ぎの桑原、浜地も合流/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/09/11/0013685409.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

    このページのトップヘ