とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    梅野隆太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     阪神電鉄は14日、阪神の梅野隆太郎捕手(28)が12月8日(日)に甲子園歴史館でトークショーを行うことを発表した。梅野は同歴史館が実施した「今シーズン最も印象に残った選手を選ぶMVP投票」で野手3位にランクイン。今季の振り返り、2020年シーズンに向けた抱負などを語る予定になっている。

     このトークショーへの参加応募が、ローソンチケットで15日の午後0時からスタート。応募は1人1回で、1回の応募で2人まで申し込みが可能となる。受付は23日午後11時59分まで。定員は200人を予定している。当選結果は26日午後3時頃で、12月1日午後11時59分までが引換期間となる。






    阪神タイガース #梅野隆太郎 選手トークショーイベント 平成最後のサイクル安打達成、ゴールデングラブ賞受賞、キャリアハイ達成と、今年の活躍が光る梅野隆太郎選手を招き、トークショー開催! ▽チケットは11/15(金)12時から受付開始  https://l-tike.com/sports/mevent/?mid=485142  #hanshin #プロ野球 pic.twitter.com/FoJNn9crGM



    @koshien_museum 抽選か~



    梅ちゃん単独トークショーなのかな しゃべりはうまいもんな うえぽんとか遥人とかだったら補助なしじゃムリだけども  https://twitter.com/koshien_museum/status/1194865266921857025 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4


    侍ジャパン世界一へ。「プレミア12」のスーパーラウンドが始まった。しかし虎党にはある嘆きがある。「阪神の選手が1人もおらんやないか!」。その通り、阪神から1人の名前もない。代表選手がいないのはロッテと阪神だけだ。

    12球団選抜だし、やはり1人ぐらい入っていてもなあ…と思ったら、いた。選手ではない。ヘッドコーチの清水雅治が外野守備・走塁コーチで参加している。台湾ラウンドの初戦ベネズエラに勝ったタイミングでチラリと連絡してみた。

    「そうですね。来年の東京五輪はハルト(高橋遥人)と梅野(隆太郎)とかが行ってくれると期待してますけどね…」。そんな話だった。しっかりプッシュしてほしい。

    それはともかく梅野は2年連続の「ゴールデングラブ捕手」だ。選ばれてもおかしくなかった。虎党、さらに関西マスコミで最近よく出るこの話題。チーム内でもバッテリーコーチの藤井彰人などは「2年連続ゴールデングラブ取って代表に選ばれてないん?」などと軽いイジリを入れているらしい。やはり聞いておかなくてはいかん。

    「そうですね。こっちは選ばれる立場なんで何とも言えないですけど。やはり寂しさはあります。東京五輪ですか。主目的ではないけれどチャンスがあればそれは行きたいですよね」

    東京、千葉での代表の戦いを横目に高知・安芸キャンプで鍛え続ける梅野は率直に話した。最終選考までは残っており「パスポートは用意しておいてください」という連絡も受けていた。それだけに選ばれなかったことにすこし落胆はあるようだ。

    今回選出されているメンバーを見れば梅野とかぶっているのは広島の会沢翼だろうか。4連覇を逃したものの勝負強い打撃は今季も光っていた。

    それでもビシバシの強肩、ワンバウンドをうしろにそらさない捕手としての梅野の実力は野球ファンなら知るところだ。これで打率も本塁打数もさらにアップし、本格的に「打てる捕手」となれば選ぶ方も黙っていない。

    野球競技にとっても節目になる2020東京五輪での野球。阪神悲願の優勝、そして3年連続のゴールデングラブを目指す梅野が、それこそ高橋遥人や猛虎投手陣とともに侍ジャパン入りすれば、プロ野球が休止する五輪期間も虎党はじっくり楽しめる。(敬称略)





    「そうですね。こっちは選ばれる立場なんで何とも言えないですけど、やはり寂しさはあります。東京五輪ですか。主目的ではないけどチャンスがあればそれは行きたいですよね」by梅野隆太郎 #日刊スポーツ 2年連続GG賞! 強肩でワンバウンドも後ろにそらさない! しかも打てて走れるのになぁ ??? pic.twitter.com/ZCPIrDxrAu



    プレミア12を応援して見てるけど、なんで選ばれてないか不思議で仕方ないよ。(^_^;) #日刊スポーツ 「年間で20、30球でも(判定が)変わればいいことだと思うし、ピッチャーのためでも自分のためでもある。1つのストライクで打ち取れる率は変わってくると思う」by梅野隆太郎 pic.twitter.com/WPwERUt6rZ



    日本代表の中継ぎ陣に阪神の岩崎とか島本がおってくれてキャッチャー梅野が呼ばれてたらもっとよかったのにってずっと思っとる


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title



     高知・安芸での秋季キャンプに参加している阪神・梅野が5日、来季に向けた打のテーマに「打球速度アップ」を掲げた。今季終了後、球団のトラックマン(弾道測定機)で自身のシーズン平均打球速度を分析したところ、12球団平均より少し遅い140キロ強だったことが判明し、ビジョンが明確になった。

     「4、5キロ速くなるだけでヒットがかなり増えることがわかった。来年までに上げていきたい」

     今キャンプで目標達成への策を実行中。芯の部分が金色に輝くマスコットバットを発注し、打撃練習の多くの場面で使用している。「インパクトで“パチンッ”と弾くように打てている時は数字もいい。芯を目立つ色にすることでその感覚を意識しやすい」。好調時のスイングを常に再現できるよう、色の変更という独特のアプローチをとっている。そして、その“パチンッ”が打球速度の向上につながると推測する。

     今季は3・4月、9月に月間打率3割以上を記録するなど、本領発揮すれば一流の数字が残せることを証明した。一方でシーズン打率・266、9本塁打はポテンシャルを考えれば満足できるものではない。新たに発注したマスコットバットで打球速度を底上げし「打てる捕手」への道を駆け上がる。

    (巻木 周平)




    #高知 #安芸 #秋季キャンプ #阪神 #梅野 5日 来季に向けた打テーマは【打球速度アップ】 今季終了後 球団のトラックマン(弾道測定機)で平均打球速度を分析 12球団平均より少し遅い140㌔強と判明 ビジョンが明確に 梅野「4 5㌔速くなるだけでヒットがかなり増える事がわかり来年までに上げていきたい」 pic.twitter.com/c8yVLgKQDE



    梅野⇒打球速度UPを公言 原口⇒バックスピンティーで長打力UP 阪神のFBRは捕手が先導してるわね


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


     阪神の梅野隆太郎捕手(28)が4日、秋季キャンプで新しいミットを試していることを明かした。これまでのものより一回り小さいサイズをオーダー。極小ミットで軽量化を図り、スピード感を増して梅ちゃんバズーカの改良につなげる。2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した虎の正捕手が、変化を弾みに、さらなる向上を目指す。

     安芸の空と同じ、真っ青に染められたミットだった。梅野が左手にそっとはめる。来季へ向けた変化であり、挑戦。「自分の感覚がよければいいですね」。さらなる守備力向上へ。早くも動いた。

     キャンプインを共に迎えた新しい相棒だった。「大きいのを使うと、(捕球面に)範囲がある。小さいミットだと、捕ってからボールを探すよりもすぐ送球へいけるので」。送球動作とタイムのさらなる短縮へ、2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した相棒から、さらに一回り小さいサイズのミットを要望したという。

     原点は変わらない。プロ1年目から教わってきた正捕手への道。「自分の思うポイントで捕らないと、素早くスローイングに移れないよ」-。口酸っぱく言われてきた教えは、たとえミットが変わっても常に胸にある。だからこそ梅野は「大きいから捕れるわけではなく、(ミットが変わっても)同じところで捕ることを意識している」と改めて強いこだわりを説明した。

     扇の要として、これまでもチームを引っ張ってきた。「続けて取ることに意味がある」と求め続けていた2年連続のゴールデングラブ賞を獲得。今季は129試合に出場し、盗塁阻止率はリーグ2位の・370。ミットに変化をもたらすのは、梅野の挑戦だった。SSK社の才田亮氏は言う。「小さいことで操作性も上がるし、二塁送球のタイムがよくなったりする」。狙いは梅ちゃんバズーカ改良だ。

     今キャンプでは連日、投手陣のボールを受けにブルペンへ向かう。「(ミットを)これ以上小さくすることはないですね。リーグ優勝、日本一。チーム成績が付いてきてのゴールデングラブ賞は、ひと味違うと思う」。7年目を迎える来季。15年ぶりのリーグ優勝を飾り、リーグトップの盗塁阻止率を誇る正妻となる。




    捕球よりも送球重視の捕手はコンパクト&ポケット浅めのモデルがオススメ(炭谷と甲斐はこの系統)。ただし、捕球に相当のレベルが求められる。 阪神・梅野、極小ミットでバズーカ改良 軽量化で送球動作とタイム短縮へ  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000026-dal-base  #Yahooニュースアプリ



    岩本の阪神秋季キャンプリポート 正捕手・梅野選手に直撃‼︎ パート① https://t.co/xUVXL7Fwb7



    岩本の阪神秋季キャンプリポート 正捕手・梅野選手に直撃‼︎ パート② https://t.co/yde2EO1j7f



    盗塁阻止には良いかもしれないが 投手からしたら的が小さく感じるのでは?🤔 阪神梅野が新相棒の小ぶりミットでパワーアップや!(日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-11040471-nksports-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     ゴールデングラブ賞の受賞者が発表された。阪神からは西勇輝投手(28)と梅野隆太郎捕手(28)が選出された。阪神のバッテリーが同時受賞するのは72年の同賞制定以来、球団史上初となった。

     阪神の投手が受賞するのは、西が球団史上初。捕手では過去に田淵幸一、若菜嘉晴、木戸克彦、矢野輝弘、城島健司が受賞しているが、梅野の2年連続受賞は73、74年の田淵以来45年ぶり2人目の快挙となった。





    西と梅野、いいコンビになっていきそうだね。来年も頼みますよと。 #hanshin #ゴールデングラブ賞



    まあ梅野と西のゴールデングラブは文句なしよな、



    やったね阪神タイガース 西、梅野でバッテリーが ゴールデングラブ賞受賞



    @TigersDreamlink 「㊗西勇輝選手、梅野隆太郎選手、受賞おめでとうございます」~💐💐🎶。



    西投手、梅野捕手 ゴールデングラブおめでとう!


    続きを読む

    このページのトップヘ