とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    梨田昌孝

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    <DeNA9-1阪神>◇28日◇横浜

    阪神が開幕ダッシュ失敗を象徴する惨敗だ。最終回は新外国人サンズがDeNAパットンに見逃し三振でゲームセット。チームは昨季8勝4敗と相性の良さを誇った横浜スタジアムでも負け越した。

    梨田 開幕カードの巨人に3連敗が効いたし、続くヤクルト戦では抑えに藤川をつぎ込んでサヨナラ負けを食らったのも響いている。ここまでの阪神は投打とも全体的に物足りない。戦う形が整っていないといえるだろう。若手に経験を積ませようとしても点をとられる。外国人枠の拡大が優位になるとみたが、これが働かない、故障するわでは、矢野監督としても計算外だろう。

    その矢野監督が「日本一になる」と堂々と公言するチームの懸案は得点力アップだった。しかし、開幕から3カードを終えた1試合平均得点は「2・1点」と低調な数字だ。

    梨田 どうしても外国人頼みになる。ボーア、サンズも一時期と比べると内容は良くなっているのは確かだ。でも、もっともっと振っていかないとダメ。そこはDeNAのソト、オースティンとは対照的だ。スイングしていけば相手に恐怖感も与えるが、見逃しでは何も生まれない。

    4回1死一、二塁。DeNA平良に対したサンズは3-2から外寄りのシンカーに見逃し三振だった。7回のボーアは苦手とする左腕の石田に3-2からバットを振らなかった。そして、9回2死一塁の場面でサンズがこれまた見逃し三振だった。

    梨田 最後のサンズが見逃したのは、外角のボールくさい球だ。あそこは日本で実績を重ねているとボールと判定してくれるかもしれないが、現状でそうは問屋が卸さない。日本のストライクゾーンに対応していくためにも、もっと積極的に振っていかないといけなかった。





    ボーアもサンズも見逃し三振ばっかしてるイメージなんやけど気のせい?



    9回表 糸井サード内野安打 ピッチャーエスコバー→パットン マルテ ショートゴロ ダブルプレー ボーア ライト前ヒット 2アウト1塁 サンズ 見逃し三振 試合終了#hanshin #tigers #阪神タイガース pic.twitter.com/s4Ungak2mH


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <巨人7-1阪神>◇21日◇東京ドーム

    コロナ禍で迎えた異例のシーズンで、矢野阪神がつまずいた。投打で巨人に圧倒され、20年ぶりとなる悪夢の開幕3連敗。巨人との開幕カードに限れば、球団史上初の屈辱だ。新型コロナウイルス感染から復帰した日刊スポーツ評論家の梨田昌孝氏(66)がリモート評論し、猛虎の現状を分析し、打開策を提言した。

      ◇    ◇    ◇

    まさかの開幕3連敗だった。打線の大幅改造に踏み切ったが、「スミ1」の完敗。巨人との3戦は「4対21」と力でねじ伏せられた。

    梨田 阪神にとっては痛すぎる3連敗だ。シーズン「120試合制」でスタートが大切なのはどのチームも同じだが、いきなりつまずいた。巨人のいいところばかりが目立ったのは、逆に阪神がスキをみせた結果ともいえるだろう。

    矢野監督はわずか2戦で早々と4番ボーアに見切りをつけた。新外国人を「6番」に降格、今季の“売り”だった2番近本を「1番」に起用。監督の意図と心理をどうだったのか。

    梨田 早い時期から「2番」「4番」は固定する姿勢をみせていたので驚いた。たった2試合だが、思ったように点がとれないと踏んだのだろう。おそらくコーチ会議でもボーアの4番起用に反対の声もあがったのではと想像する。走者をためてつなぎの野球ができない以上、早々と変更せざるを得なかったということだ。

    しかし指揮官の決断は勝利につながらなかった。ボーアが6回の満塁機に打席に立つと、左の高木を投入されて二ゴロ凡退。計12打数ノーヒットの惨めな姿をさらした。先発ガルシアも中盤につかまって、近本ソロ本塁打の1点のみで、投打にかみ合わない。

    梨田 ボーアはノータイミングだった。右投手にも左投手にもタイミングがとれていない。もう少し早くテークバックをとるようにアドバイスしているとは思うが修正が必要だろう。ガルシアはストライク、ボールがはっきりしていた。ただ4回の岡本に2ランを浴びたところまでは仕方がなかった。でもわたしがスキをみせたといったのは、その後の動きだ。

    4回。岡本の右越え本塁打の後、1死二塁からパーラに適時中前打を放たれた。続く小林への死球と犠打で、2死二、三塁から代打北村、坂本に連続タイムリーを浴びる。

    梨田 パーラの浅い中前打を処理した近本がホームに送球するが、中継プレーでカットマンは見当たらず、それが間に合わないと判断した(捕手の)坂本にしても、もっと前にでて打者走者(パーラ)の二進を防ぎたい。また小林に死球、サンチェスに簡単に犠打を成功された後で点を奪われたのは最少失点で乗り切りたかった。

    また、この開幕カードは梅野、原口、坂本と、3戦ともスタメン捕手を替えた。チームは23日からのヤクルト戦(神宮)で巻き返しを図りたい。

    梨田 神宮、横浜と狭い球場が続くから、ボーアは使いたい。全体的に振れていないのは確かだが、チームとして「つなぐ」という意識も再確認したい。また投手との相性も理解はできるが、レギュラー捕手の梅野を固定すべきだろう。責任を持たせて、(控えで)逃げ道をつくってはいけない。22日はゲームがないから、うまく気持ちを切り替えたいものだ。

    【取材・構成=寺尾博和編集委員】

    ▼阪神は開幕から、先発捕手を第(1)戦=梅野、第(2)戦=原口、第(3)戦=坂本と3選手起用。2リーグ分立後では球団初となった。




    投手との相性も理解はできるが、レギュラー捕手の梅野を固定すべきだろう。責任を持たせて、(控えで)逃げ道をつくってはいけない。22日はゲームがないから、うまく気持ちを切り替えたいものだ。  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202006210000935.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  梨田さんは、最後に聞かれたから答えたって感じなのに、この見出しにするの…



    そう、同感だ。正捕手は梅ちゃんなんだ! 3連敗の阪神は捕手梅野を固定すべきだ/梨田昌孝  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202006210000935.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  @nikkansportsより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    日刊スポーツ評論家の梨田昌孝氏(66)が14日、NHKの「サンデースポーツ」にリモートで生出演した。

    コロナウイルスの感染から復帰し「一時期15キロやせたけど、今体調はすごくいい。リハビリも順調です」と笑顔で明かした。今季のセ・リーグについては「DeNAはラミレス監督の采配が面白いし、外国人が強力なので得点力も上がりそう。外国人の登録枠が5に増えるので、阪神は矢野監督が外国人をうまく使えば優勝も考えられる」と分析していた。




    梨田氏、阪神Vある「監督が外国人うまく使えば」 - プロ野球 : 日刊スポーツ ってか、外国人選手多過ぎ。髙山とか出した方がいい。  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006140000927.html 



    梨田さん復活よかった!!!!!! (順位予想はヤクルト6位!!!) コロナから回復の梨田昌孝氏、順位予想を披露 セはDeNA優勝、阪神2位  https://news.yahoo.co.jp/articles/53183d317caac95d0e80321723866526d53d8b80 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/11(木) 19:27:54.83 ID:ccGjlemP9
    梨田さん、開幕間に合った--。新型コロナウイルス感染から奇跡的に回復した元近鉄、日本ハム、楽天監督の梨田昌孝氏(66=日刊スポーツ評論家)が11日、大阪府内の病院で精密検査を受け、完全に回復したと診断を受けた。体力も順調に回復し、外出も許可されるなど、評論家活動などを含めて社会復帰することになった。
      ◇    ◇    ◇

    梨田氏はこの日、退院後2度目の精密検査を受けた。CT、心電図、採血、採尿など、あらゆる角度からのチェックが徹底的に実施された結果、主治医から「異常なし」と診断された。

    「医師から『問題なしだ』とお墨付きをいただき、安心しました。外食、電車利用など外出も、人混みを避けることに注意すれば大丈夫ということでした。(プロ野球の)開幕にも間に合うことがかなってうれしいです」

    また、ウイルスの再活性化により再陽性が出る可能性にも「医師からは『梨田さんに限ってはないと思います』と説明を受けました」と語った。退院から23日が経過し、この日の検査結果によって社会復帰が認められた形だ。

    4月1日に新型コロナウイルス感染が判明して以来、5月6日にPCR検査で2度の陰性結果がでるまで約1カ月を要した。その後退院にこぎつけたのは5月20日だった。

    本人が「97、98、99%危なかったようです」と告白するほど生命の危険度が高く集中治療室(ICU)での治療が続いたが、50日間の闘病生活を経て、奇跡的回復を遂げた。

    この日も自宅で約5000歩のウオーキング、ダンベルを使ってトレーニングをこなすなど、健康観察が続けられた。「自分で抑えるぐらい」というほどの食欲で体重は約1・5キロ増。すっかり体力、健康を取り戻した様子だ

    今回区切りがついたことから梨田氏は「改めて医療従事者の方々に感謝します」と語った。新型コロナウイルス感染からの完全回復で、今後は現場での活動再開を目指す

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200611-26110585-nksports-base

    26: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/06/11(木) 20:13:24.49 ID:fcmqE+i50
    >>1
    絶口調

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591871274/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 20/06/01(月)23:18:16 ID:tDZ
    no title



    良くこれで帰ってこれたな

    3: 名無しさん@\(^o^)/ 20/06/01(月)23:19:08 ID:HsB
    無じゃん

    5: 名無しさん@\(^o^)/ 20/06/01(月)23:20:35 ID:tDZ
    no title



    リハビリの映像もあったが元気そうやった

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591021096/

    続きを読む