とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    植田海

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     高知・安芸での秋季キャンプに参加する阪神・植田海内野手(23)が6日、来季の開幕遊撃に名乗りを上げた。5年目の今季は外野で12試合を数えるなど出場の幅を広げた中で本職を熱望。首脳陣にも認められ、今秋は外野練習には加わらず内野専念の日々だ。木浪、北條ら実績で勝る先輩たちを向こうに回して開幕スタメン奪取を期した。

     植田は言い切った。「内野だけで勝負しているつもり。今は守備でも捕球の際のステップに重点を置いてやっている。このキャンプでは1回も外野の練習はしていないし、(外野のことは)意識はしていない」。高卒6年目を迎える来季へ方向性は定まった。

     キャンプでは初日から外野には一度も就かず、遊撃に軸足を置き、補足的に二塁での練習に励んできた。内野専念の意思は固く強い。18年途中から外野に挑戦し、今季も12試合で出場。出場できる幅をさらに広げるのではなく、遊撃での勝負に照準を合わせた。

     周りからやらされるのではなく、自分が何をやりたいか――。自主性を尊重する方針に沿い、植田の思いは首脳陣にも認められた。久慈内野守備走塁コーチは「海自身も内野で勝負していこうと思っているはず。守備は一級品だし、このキャンプも内野しかやってないから専念する形になる」と明かした。

     今季のポジション別で見れば、最も失策が多かったのが遊撃だった。木浪が15、北條が11を数えるなど計31失策。内野の要でありながら12球団でもワーストの“穴”だった。今季限りで退団する鳥谷も含めて6人が守り、実は唯一の無失策を誇ったのが植田だ。

     12盗塁を決めて成功率86%だった走塁を合わせた2部門は既に木浪、北條に勝る能力を持ち、矢野監督にも「守備範囲にしても、トスなどボール離れの速さにしても、人が持ってないものを持っている。守備範囲などでは海が現状一番」と認められてきた。今季は得点力向上のため打力重視で木浪や北條が優先された。求められる基準が変われば、来季の開幕遊撃も決して夢物語ではない。

     先輩たちとの競争に挑む上での弱点は自覚する。「守備だけではなく、打撃も下半身の粘りを意識して取り組んでいる」。今季は打率・242ながら6月12日のソフトバンク戦ではプロ初本塁打を記録。伸びしろはある。2年目から左打席に挑戦してきた両打ちの特性も武器になり得るだけに「振る力が必要」と力を込める。実りの秋、そして冬を越えた先に勝負の春を見据えた。(長谷川 凡記)




    海くん 矢野監督からめちゃくちゃ評価されてる‼️👍 矢野監督「守備範囲、トス等ボール離れの速さ、人が持ってないものを持っている。守備範囲等では海が現状一番」 阪神・植田、開幕遊撃名乗り 秋季キャンプ内野専念「1回も外野の練習していない」(スポニチアネックス)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000050-spnannex-base 



    @teru_hanshin やっと やる気になりましたか 😁👌



    阪神首脳陣おそらく守備指標の数値知ってるな。矢野監督自身が植田が一番レンジ広いって言ってるくらいだから


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     セ界最速コンビの結成あるぞ! 矢野監督が植田について言及。来季、遊撃レギュラーの有力候補であることを明かした。「誰にでも可能性はある」。キャンプイン前から全選手にチャンスがあることを強調してきたが、伏兵を大抜てきする可能性を示唆した。

     「今は打つこと頑張ってるんだけど、守備ももちろん頑張らないとあかんしね。でも、バッティング頑張ったらスタメンで出る可能性は十分あると思う」

     期待度の高さを象徴する行動だった。午後からのフリー打撃では背番号62に熱視線を送った。定位置獲得への課題は打率・242に終わった打撃力。本人も自覚しており、今キャンプでは打力向上に取り組んでいる。

     「振る力がないので、振る力をつけるのが一番。そうじゃないとスタメンで試合に出れない。やっぱり多く試合に出たい」

     最大の武器は球界屈指を誇る足の速さだ。今季は主に代走要員として12盗塁を記録。成功率86%もさることながら、その大半が接戦での成功だったことに価値がある。

     「守備範囲にしても、トスとかボール離れの速さにしても、人が持ってないものを持っている。現状、守備範囲とかでは海が1番だと思う」

     矢野監督が改めて能力の高さを評価したように、内外野とも守れる守備力も魅力だ。「走・守」の2項目を見れば、堂々のレギュラー選手とも言える。

     結果的には今季も遊撃手は固定できなかった。木浪の98試合が最多で、次点は北條の46試合。途中出場の選手を含むと6選手が守った。植田が競争に勝てば自ずと、機動力を生かした打線を組むことが可能となる。

     「海もチカ(近本)も元気に出たらすごくおもしろい。相手にすごく嫌なものになる」

     近本、植田の1、2番コンビの結成に胸を膨らませていた。課題克服の先には、指揮官が描く遊撃固定と理想の打線がある。 (山本 浩之)




    矢野監督の海くん評価 「現状、二遊間の守備範囲では海が1番。バッティングを頑張ったらスタメンで出る可能性はある。海も出てチカも出たら、凄く面白い。相手に嫌なものになる」 小幡よ植田よ奪え 阪神・矢野監督猛ゲキ!鳥谷最後に固定できない遊撃レギュラー(デイリー  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000021-dal-base 



    @teru_hanshin 植田の打撃が覚醒したら近本、植田の超高速1、2番が形成できるんやけどな…



    阪神・矢野監督、植田は遊撃レギュラー候補! 「バッティング頑張ったら可能性十分ある」 (スポニチアネックス) 👊🏼🤨レギュラー掴め‼️⤴︎  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00000018-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    阪神の秋季安芸キャンプで新風を吹き込む若手がいる。18年ドラフト2位の小幡。俊足と高い守備力を武器とし、今季81試合出場の植田。2日に野手陣を重点的にチェックした矢野燿大監督(50)も熱い視線を送った。

    ◆小幡 今季ルーキーイヤーを終えたばかりの19歳。2軍で99試合出場だった。矢野監督は「ウチのショートと考えても、総合力でもまだ」とするが、「若い選手は急に伸びる可能性を持っている」と語る。この日は指揮官の見守る中で打撃練習。パワー不足は否めない。だからこそ、走り込みと振り込みを重ねている。本人は「(20年中の1軍初昇格と)自分の中で思っています」と目標を掲げた。

    ◆植田 18年19盗塁、19年12盗塁。失策は18年9→19年0。23歳はすでに足と守備力では1軍で通用することを証明している。課題は打力アップ。矢野監督は「打撃を頑張ったらスタメンで出る可能性は十分ある」と言う。さらに「海(植田)も出たらチカ(近本)も元気に出たらすごくおもしろいね。相手もすごく嫌になる」。植田と近本による上位打線形成も夢ではない。打率は18年1割9分2厘、19年2割4分2厘。植田は「振る力をつけたい。打てないとなかなか試合に出られない。数多く試合に出たい」。この秋を飛躍への足がかりとすることを誓った。

    矢野監督は植田について「秋で自信をつけて来年に来てくれるか。そうすると他のメンバーもいい意味で火がつく」とも。戦力底上げを図る秋が続いている。【松井周治】




    11/2 秋季キャンプ 木浪聖也 小幡竜平 板山祐太郎 髙山俊 pic.twitter.com/fxQaYh4e1L


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神ドラフト3位の木浪聖也内野手はプロ1年目に学んだことに「準備力ですね。それが1番です」と挙げた。

    遊撃で開幕スタメンを勝ち取り、レギュラー定着目前まで迫った経験を生かすため、今後は植田、陽川、江越らとともにみやざきフェニックス・リーグに参加する。16日に宮崎入りして、17日の楽天戦(日向)にも出場する見通しだ。「打撃、守備、走塁のすべてで野球勘が必要になってくる。足りない部分も詰めてやれる。(課題は)自分で考えていきたい」。南国で来季に向けて牙を研ぐ。




    【阪神】 木浪、江越、陽川、植田 16(水)から フェニックスリーグ合流へ  https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20191015/tig19101505020011-s.html  (サンスポ)



    やっぱ木浪くんフェニックスなのねガンバレ〜〜👊🏻👊🏻


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「セCSファーストS・第3戦、DeNA1-2阪神」(7日、横浜スタジアム)

     激戦を制したナインの輪で、阪神・植田の笑顔がはじけていた。仲間のミスを帳消しにし、チームの流れを引き戻した“神走塁”。北條、木浪とラッキーボーイの活躍光ったCSファーストS。ファイナルS出場権を勝ち取ったのは、虎の韋駄天(いだてん)の意地だった。

     ハイライトは八回に訪れた。1死から高山がエスコバーに死球を受けた。矢野監督はここで迷わず代走・植田を送り出した。小走りで一塁に向かいながら、脳裏に前日の記憶がフラッシュバックした。代走で出塁した1点を追う七回、二盗に失敗。チャンスをつぶしていた。

     「監督が試合前に『今日も走っていいからな、思い切っていけ』と言ってくれた。ありがたいというか、楽な気持ちでスタートを切ることができました」

     指揮官の言葉に背中を押され、初球から攻めた。完璧なタイミングで二盗に成功。得点圏に進んだことで、相手バッテリーに焦りが見える。5球目、エスコバーが暴投し、三塁を陥れた。ここで梅野は中堅に飛球を打ち上げる。定位置やや前のフライになったが、快足を飛ばして悠々とホームに生還だ。

     プロ5年目。大卒の同級生が入団し、「勝負」と位置付けたシーズン。植田は西武・源田との自主トレを願い出た。37、34、30…と、3年連続30盗塁を記録した俊足巧打の内野手。一流プレーヤーのエキスを吸収したことで「自分がアピールするところは走塁です」と決意を新たにした。貴重な3日間の経験が大一番で生きた。

     指揮官も「ほんま頭が下がる。すごいやん」と賛辞を贈る。矢野監督が掲げる積極野球の申し子。切り札が接戦で勝利を運び、決意を新たにした。「終盤はいつでもいける準備をしているので。頑張ります」。23歳がこじ開けたファイナルSへの扉。さあ、下克上日本一へ。快足を飛ばして一気に駆け上がる。









    打撃があんていすればレギュラー狙ってほしい逸材。海くんの足はすげえよミスもあるけど。 阪神・植田 さすが虎の韋駄天“神走塁”でVホーム 矢野監督絶賛「頭下がる」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000033-dal-base 



    昨日の阪神タイガース、CSシリーズでの勝利に夢と希望をもらいました😆奇跡を起こす、それは不断の努力と勇気、決断力なんだと改めて思いました!元々5位フィニッシュと思っていた位なので。相手が誰であろうとチャレンジあるのみです😃 矢野監督の奇跡は植田海、ニュータイガースの象徴! pic.twitter.com/QvtMRUPGQc



    指導者目線的には,前日大事なところで盗塁死した植田くんをもう一度大事なところで使った矢野監督の采配がすごかったなと.ベンチの雰囲気も良くなるね(前監督だったら・・ #阪神



    阪神、植田!おめでとー、矢野監督今日は完璧な采配



    【阪神】矢野監督「こんな試合をしてくれてね。すごいな、ウチの選手」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース 植田海やなMVP。 あそこでいきなり走れるのは気合と根性と努力。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000004-sph-base 


    続きを読む