とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    横田慎太郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     阪神・金本知憲監督(47)が28日、開幕2カード目・ヤクルト戦の舞台、神宮球場で野手のナイター練習に参加した。フレッシュな新1、2番コンビに言及し、高山俊外野手(22)と横田慎太郎外野手(20)には、互いの長所を「見習ってほしい」と要求。対照的な2選手がミックスされれば、コンビの魅力は倍増するはずだ。

     金本監督は「新1、2番」にリクエストがある。カクテル光線まばゆい神宮球場で練習に励む2人を眺めながら、「互いにもう少し中和してくれたらいいのに…」と言った。開幕して3試合。高山と横田には確かに対照的な雰囲気が漂っている。冷静沈着な22歳とガムシャラな20歳。フレッシュなユニットに、互いのストロングポイントを学び合いなさいと、指揮官は言うのだ。

     「あの2人は面白いよね。高山はちょっと若年寄みたいだけどな…。外野手はなかなか泥にまみれないんだけど、プレーはもっと泥んこになってやっていかないとね。走塁にも興味を持ってね。泥くさく、汗臭く。横田は高山を見習ってほしいし、高山は横田を見習ってほしい」

     両チルドレンが躍動すれば、船出したてのチームは活気づく。中でもやはり横田を放っておけないのか…。初勝利を挙げた日に「早くどうでもいい場面でやらかしてほしい。大事な場面だけは本当に勘弁して」と笑っていたが、確かな成長も感じ取っている。

     「進歩はしているんだよ。状況判断は米粒一つくらいはできるようになってきた。君たちも何をやらかすか分からない部下がいたら怖いだろ?会社で問題になるからさ。でも、それを少し楽しみにしている…俺もコーチも。一番焦っているのは中村豊コーチ。顔をひきつらせて、すみません!と謝りにくる(笑)。でも、やらかすことも計算に入っているから。その上でのイケイケだからね」

     既にベテランの風情が漂う高山には「落ち着きすぎても、若さがなくなってくるでしょ」。足して2で割ったくらいがちょうどいい?「そうそう。2人でいい競争すればいいんじゃないかな」。つまり…金本監督が求める理想は高山俊と横田慎太郎を中和させて“高田俊太郎”といったところか…。

     外野守備を担当する中村コーチは「2人ともポジションを与えられたわけじゃない。自分たちで奪い取ったんだから、思いきってやってほしい」と話した。指揮官が粋なハードルを設定するのは、類いまれなポテンシャルが備わっているからこそ。互いの魅力がミックスされれば、1、2番の形容に「最強」がつく日も近い。



    http://www.daily.co.jp/tigers/2016/03/29/0008937322.shtml

    2:2016/03/29(火)13:11:11 ID:
    ??「藤浪くんとミックスしたいなあ」
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2016/03/28(月)14:05:48 ID:
    カルビー1987 プロ野球チップス No.142 横田真之
    カルビー1987 プロ野球チップス No.142 横田真之

    image-32

    917試合出場
    2931打席 2609打数 727安打 38本塁打 239打点 打率.279

     

    2:2016/03/28(月)14:07:23 ID:
    見えない
    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    <阪神5-4中日>◇27日◇京セラドーム大阪

     金本チルドレンの活躍で阪神が、中日との開幕カード勝ち越しを決めた。2番で起用される横田慎太郎外野手(20)が2回1死三塁、たたきつけた打球で左前にプロ初適時打。元ロッテ外野手の父真之さん(53)ら観戦する家族の前で、2試合連続マルチも決めた。金本監督が掲げる「超変革」のシンボルが、虎の推進力となっている。

     全身泥まみれのユニホームが、横田のがむしゃらさを物語っていた。2回1死三塁。2球で追い込まれた後の3球目。外角高め直球をたたきつけた。ワンバウンドし高く跳ね上がった打球は、前進守備のサードの頭上を越えた。プロ初打点となる適時打は、オープン戦から見せ続けてきた泥くさく、らしい一打だった。

     横田 高山さんが前で打ったので、自分もなんとしても打とうという気持ちしかなかったです。追い込まれたので三振せずに必死に食らいつくことだけを考えてやりました。

     連日のマルチ安打。背番号24のワンプレーごとに阪神ファンが大きく沸く。ストライクゾーンに来ればとにかくフルスイング。2回の適時打後には盗塁も試みた。失敗したが、無我夢中の全力プレーに指揮官も目を細める。

     金本監督 まだまだひたすら一直線。まっしぐらのスタイル。今はあれでうまくいっている。あれが彼らしい。

     この日は地元・鹿児島から父真之さん、母まなみさん(53)、姉真子さん(21)の家族全員が応援に駆けつけていた。真之さんは、かつてロッテの外野手として活躍。ベストナインを2度獲得したこともある名選手だ。グラウンドで躍動する息子に「親子ベストナイン? いいですね。いつかそのくらいの活躍をしてくれれば。でも、今はとにかくがむしゃらにやって欲しいですね」とエールを送った。前日26日にはプロ初安打のボールを紛失。この日の試合前に、鳥谷とともにボールケースの中を再捜索したが見つからず、「これでいいです」と適当な1球をポケットにしまった。特別なこだわりはない。これから数々の安打を積み上げるつもりだからだ。

     新外国人ヘイグの決勝打に高山も2安打。4番に座る福留も豪快な本塁打を放った。開幕黒星から2連勝のカード勝ち越しは、リーグ優勝を果たした03、05年と同じ星取という吉兆。好調な新生猛虎打線。その中核に、間違いなく横田の名も刻まれている

     ◆横田慎太郎(よこた・しんたろう)1995年(平7)6月9日、鹿児島県生まれ。鹿児島実から、13年ドラフト2位で阪神入団。高校通算29本塁打。垂直跳びは、球界でも屈指の80センチ。走攻守そろった逸材。過去2年は1軍出場なし。推定年俸720万円。186センチ、92キロ。左投げ左打ち。

     ◆横田真之(よこた・まさし)1962年(昭37)11月26日、高知県生まれ。明徳(現・明徳義塾)-駒大を経て、84年ドラフト4位でロッテ入り。1年目から外野の定位置を獲得し、85年(3割)、翌86年(3割4厘)と新人年から2年連続3割以上。これは長嶋茂雄(巨人)に続きプロ野球史上2人目の快挙だった。この2年間ベストナインを獲得。87年にはパ5位の26盗塁。中日、西武でもプレーし95年引退。現役時代は173センチ、78キロ。右投げ左打ち。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000013-nksports-base


    続きを読む

    このページのトップヘ