1


1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/16(土) 15:44:17.97 0
声優交代、長寿アニメの難しさ バッシング受けた

電車内の声に身を縮めた「わさびドラ」

思い出す人が多いのは、
「ドラえもん」のケースだ。2005年に出演者を一新、ドラえもん役も、大山のぶ代さんから水田わさびさんにバトンタッチした。

だが国民的アニメだけに、視聴者の拒否反応は強かった。
水田さんは産経新聞(2010年3月7日付朝刊)の記事で、たまたま電車内で、乗り合わせた客が「わさびドラ」を批判するのを聞くという、
いたたまれない経験をしたと明かす。

バッシングの嵐を、「わさびさんのドラえもんが大好きです」というファンからの手紙を持ち歩き、なんとか持ちこたえていたという。
ドラえもんは交代から10年以上が経つ今でも、ネット上などでは「認めない」と息巻く人がいる。

https://www.j-cast.com/2018/06/01330268.html?p=all

2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/16(土) 15:45:13.68 0
未だに慣れない。
でも子どもたちはわさびのドラえもんが当たり前みたい

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1589611457/

続きを読む