とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    江越大賀

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/02(水) 15:42:23.16 ID:6qnIb8GKd
    no title


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000049-dal-base
    >秋季キャンプではスピードを生かすため、コンパクトな打撃フォームへ大改造中。江越は「今もう一度、新たに打撃を一からやっているので、しっかり続けて、根気よくやっていきたいです」と力を込めた。

    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1478068943/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/31(月) 10:05:53.76 ID:Uq+XZ8MMM
    江越、ミート中心へ打撃スタイル一新 柵越え減少も「いい形で打つと飛ぶ」
    http://sp.daily.co.jp/tigers/2016/10/31/0009625838.shtml

    no title



    「阪神秋季キャンプ」(30日、安芸)

     阪神・江越大賀外野手(23)が、生き残りを懸けて、打撃スタイルの大改造に着手した。長打を武器とする右の大砲候補がミート中心のスイングで快音を連発した。
     前日29日のフリー打撃では80スイング中、12本の柵越えを放っていたが、この日は91スイングで7本に減少。特打でも178スイングでわずか3発。これまでの背番号25とはまるで別人だった。

    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1477875953/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/28(金)09:43:38 ID:L4K
    阪神・江越が、29日から始まる安芸秋季キャンプに向けて27日、意気込んだ。
    「片岡コーチから『今のままじゃダメ。何か探りながらやりなさい』と言われています。
    練習ではうまくできるけれど(球への)対応とか、そういう形を意識したい」。
    この秋はボールの見極めを課題に取り組んでいるといい「危機感をもってキャンプに入りたい」と表情を引き締めた。

    ss1


    http://www.sanspo.com/baseball/news/20161028/tig16102805010007-n1.html

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1477615418/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)21:41:16 ID:z0N
    江越、不振の原因を分析…フェニックスL打率・111

    no title

    http://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/26/0009611739.shtml

    フェニックスリーグ中に修正できんのかな?
    ペナントでもシーズン終わるまで分析できんの?

    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1477485676/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/26(水) 07:27:21.78 ID:qt9TFggYp
    秋季練習(25日、甲子園)来季3年目の阪神・江越は秋季キャンプの打撃練習で実戦を想定して打ち込むことを誓った。「しっかりボールを見極めることを意識したい。昨年、今年と2年間、全然ダメだった。来年もダメなら下(の選手)からの突き上げがあると思うので…」。
    宮崎フェニックス・リーグでは11試合で打率・091(33打数3安打)と結果を残せなかった。課題の克服へ、バットを振るしかない。 

    no title


    引用元: ・http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1477434441/

    続きを読む

    このページのトップヘ