とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    淡路島

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1



    淡路市役所に訪問させて頂きました😊 職員の皆様全員が拍手で迎えて下さり、とても嬉しかったです! 淡路島は自然が豊かで美味しい食材も沢山あるので、僕という存在を通じて、少しでも魅力を伝えていけたら嬉しいです😉 また、同郷の村西君がバファローズに入団するので今後注目して下さい👏 pic.twitter.com/9JQjUFxa9j



    @mi_me_m 淡路島の希望近本さん


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     【球界ここだけの話】怒とうの6連勝で3位フィニッシュし、逆転でクライマックスシリーズ(CS)に進出した2019年の矢野阪神。そんな躍進を見せたチームの中心にいたのは、1年目を終えた近本光司外野手(24)=大阪ガス=だ。

     開幕スタメンを勝ち取ると、コツコツと安打を量産。夏場にスランプに陥った時期もあったが、再び息を吹き返し、高山俊が持つ球団新人最多安打記録、長嶋茂雄のセ・リーグ新人最多安打記録など次々と記録を更新し、159本のヒットを積み上げた。さらに自慢の快足を生かし、36盗塁。入団時に目標に掲げていた盗塁王も獲得した。

     大車輪の活躍を見せるなかで、地元の兵庫・淡路島は大盛り上がりだった。生まれ育った東浦市からほど近い、淡路佐野運動公園の野球場で6月8日、ウエスタン・リーグ、広島戦が行われた。その球場は、近本も「(学生時代に)よく行っていましたね」と話す思い出の地。当日は1軍にいたため“凱旋試合”とはならなかったが、近くにある売店では「郷土の誇り 近本ガンバレ」と書かれた手作りの張り紙で淡路のスターを応援。近本の幼少期から知る同売店のオーナーの妻、鈴木恭子さん(76)が地元を盛り上げるため、近本を応援するために用意したものだった。

     その盛り上がりぶりに本人は「(地元の人たちから応援されていることを)感じていますね」と話す。シーズン中に時間を見つけて地元に足を運んだ際には「昔行っていた散髪屋さんにも『近本頑張れ』って書いてありました」と、身をもって周りの人から応援されていることを実感した。

     地元の人たちの応援が近本の背中を押し、近本の活躍が地元の人たちの活力になる。そんな最高の関係性を垣間見ることができた2019年シーズン。淡路島が生んだスピードスターの2年目に早くも目が離せない。(織原祥平)



    毎年フィーバーで頼んます。 ー 阪神・近本の活躍で起こった 地元・淡路島での“チカモトフィーバー”  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000527-sanspo-base 



    @koji_speed5 こないだ淡路島行ったらとある定食屋さんでめっちゃ 近本くん応援してはったわ~^^



    @koji_speed5 私も淡路島出身です。 今は、広島でカープファンしてますが、地元出身の近本くんは応援してます‼️ 甥っ子が近本くんの後輩になるんですよ~


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    <阪神8-0DeNA>◇22日◇京セラドーム大阪

    阪神近本光司外野手が地元の声援に応えた。この日は、出身地の兵庫・淡路島から、出身中学の生徒など100人超の応援団がかけつけた。その前で3回に右二塁打。4試合ぶりのヒットで出塁すると、木浪の適時打で先制のホームイン。


    近本は「タイミングだけを意識してボールにしっかり合わせることができた。(地元の)子どもたちの前で、先制のベースを踏めた。いいところを見せられましたね」と笑顔で話した。




    @yakyuragu なんか泣けますこれ、、( ´:ω:` )



    @yakyuragu 凄い💐😭💕



    @yakyuragu 地元の声援が飛ぶ‼️



    近本くんの淡路島応援団いいなあ。嬉しいだろうなあ。



    【阪神】 近本 地元・淡路島からの応援団に魅せた! 「タイミングだけを意識してボールにしっかり合わせることができた。(地元の)子どもたちの前で、先制のベースを踏めた。いいところを見せられましたね」 (ニッカン) pic.twitter.com/MtL2arM8nm


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2018/12/29(土)15:43:53 ID:GTT
    1

     阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が28日、兵庫県淡路市内のホテルで行われた東浦中学校野球部OB有志による入団激励会に出席した。誓うのは地元への恩返し。淡路島の野球振興へ、1年目から活躍して来オフにも野球教室を開催するプランを明かした。

     生まれ育った地の声援は心地良かった。恩師やOB、同級生から熱いエールを送られた近本。プロへと導いてくれた淡路島への恩は、野球で返す。後輩らへ還元していく計画を掲げた。

     「今でも覚えていますし、印象に残っている。思い出の深い一日でした。今度は僕が子どもたちに夢とか希望を与えられるようにしたい」

     思い描くプランは、小学校高学年時に参加した野球教室。元近鉄、阪神で現在は天理高監督の中村良二氏から指導を受けた。元プロ野球選手からのアドバイス。あこがれだった選手のように、これからは自分が伝えていく考えだ。

     この日の激励会でもミニ野球教室を開催。小学校時代に在籍した仮屋クラブや東浦中野球部など3チームの選手を壇上で指導した。小学生とのキャッチボールではサインの入ったボールをプレゼント。自らバットを持って身ぶり手ぶりを交えながら打撃のアドバイスも送った。

     間もなく始まるプロの世界。「たくさんの人に来てもらえるとは思っていなかった。恩返しできるようにどういった形でもいいので、淡路島をしっかりPRできるように頑張りたい」と気持ちを引き締めた。地元の声援を力に変え、ルーキーイヤーへと踏み出していく。
    https://www.daily.co.jp/tigers/2018/12/29/0011941996.shtml

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546065833/

    続きを読む

    このページのトップヘ