とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    清水ヘッドコーチ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    阪神清水雅治ヘッドコーチが若手に「無休オフ」を説いた。この日はタイガース杯ゴルフに参加。

    ナインに対して今秋安芸キャンプからの継続で「『オフなし』くらいのつもりでやってもらわないと。誰も(定位置が)決まっているところはない。特に若いヤツはね」と強調した。オフの鍛錬が来季の土台になり、自主トレでの自覚を求めた。来季加入が決定的なボアについて「外国人が働くとチームとして上にいるはず。期待しています」と話した。




    定位置はだれも決まっていない。 阪神清水ヘッド、若手飛躍へ「無休オフ」のすすめ  https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911280000859.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



    阪神 木浪 無休宣言! 「来年は全試合」ファン感フレッシュ大賞受賞✨ (デイリースポーツ) 頑張りや〜 👊🏼😁  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000030-dal-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


     「プレミア12」で世界一の座に就いた日本代表に、名前を連ねられなかった阪神勢。12球団中、阪神とロッテの2球団が選出ゼロだった。

     関係者の話を総合すると、阪神には代表入りを検討された投手もいたが、結局稲葉篤紀監督のお眼鏡にかなわず。ただ、清水雅治ヘッドコーチ(55)が外野守備・走塁コーチとして招集され、嘉勢敏弘打撃投手(43)も代表に帯同していた。

     10月のCSファイナルステージ終了後即、代表に合流した清水コーチは「ずっと休みもないし大変やぞ」と苦笑する一方、「いろいろ勉強になることは多い」。代表選手の性格や練習への取り組みに目をこらし、阪神に持ち帰る構えだ。

     侍ジャパンの4番を担い好調だった鈴木誠也=広島=は「意外だったけど、実はおとなしい性格で口数も少ない。だけど、練習はとにかくめちゃくちゃするし、試合ではドンドン振ってタイミングを合わせる。若い一流選手ってああいう子なんだなと教えられた」。成長過程の阪神の若手に「教材」として伝える。

     清水コーチは3月の強化試合の際も、メキシコ代表のベンチでの盛り上げ方を矢野燿大監督(50)に報告、「矢野ガッツ」が生まれるきっかけをつくった。今大会は「空気を変える男」の必要性を感じたという。

     「松田宜浩(36)=ソフトバンク=はどこからでも、あらゆる形で空気を変えられる力がある。ああいう選手がうちにもいたら大きい」と絶賛する。

     一方、嘉勢打撃投手も「俺は指導者とちゃうで!」と断りつつ、「(鈴木)誠也と同い年の大山悠輔(24)、北條史也(25)はどうすればこの舞台に近づけるのか。練習法もそう、立ち居振る舞いもそう。雰囲気を含め、俺が持ち合わせているものであれば、惜しみなく伝えたい。他の選手を含め『どんなことをやっていましたか?』と聞いてくれれば」と“質問攻め”は大歓迎だ。

     2人は今週、大阪市内で開かれる球団納会でチームに再合流予定。侍の「マル秘情報」を来季の躍進につなげる。(山戸英州)






    ㊗️清水ヘッドコーチ㊗️ ㊗️侍ジャパンを世界一に導く㊗️ ㊗️コーチング‼️👍㊗️



    阪神では今日、紅白戦あったが、課題はやはり守備。 侍ジャパンで外野守備走塁コーチを務める清水雅治ヘッドコーチも、頭痛い話だろうが、そこはコーチ担当があるため、容易に口出しできないと思う。 しかし、「矢野ガッツ」を提案した様に、今回も得たものは、チームに還元されるはず。



    阪神タイガースからは侍JAPANに一人も召集なかったけれど、清水ヘッドコーチが阪神から出てた😅😆🐯⚾



    阪神の清水ヘッドコーチが侍のコーチも兼任してて、それがOKなら井端さんも中日のコーチになれば良いのに、って思ったけど、大人の事情があるんか知れんね



    日本代表に阪神選手いないのに阪神ユニ着てるファンいるけど、そうか、侍ジャパンの外野守備コーチが阪神の清水ヘッドコーチか。 #プレミア12 #侍ジャパン


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    <日本生命セ・パ交流戦:阪神3-5楽天>◇18日◇倉敷

    矢野阪神は球運にも見放された!? 3-3で迎えた8回1死二、三塁の守りの場面だ。

    楽天ウィーラーが守屋の初球を捉えると、打球は右翼方向に舞い上がった。ボールを追った右翼手糸井は、ファウルゾーンに1メートルほど入ったところでキャッチ。結果的にこれが決勝の犠飛になった。

    試合後にこのシーンについて問われた清水ヘッドコーチは、複雑な表情を浮かべた。「(ファウルの場合は)捕るなの指示はあった。でもライン際なので難しい。捕ったことは仕方がない。結果論なので。なんで捕った? と言われればそれまでだけど難しい」。そう言って舞台裏の一端を明かした。

    糸井にとっては、そのままフェアゾーンに落ちるなら捕球しないわけにはいかない。「捕るな指令」は出ていたとはいえ、判断が難しい打球だった。しかし、このライン上に落ちそうかという打球が終盤の重すぎる1点につながったことは確かだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-06181069-nksports-base



    あんな微妙なとこに飛ばされたら糸井さんは取るしかないわな 最悪なのはフェアゾーンに落ちること



    @kuqu1428are @hanshintigersjp 北條の投げんでええやつと、 高山の守備と、 糸井のもしょーがないけど 現地の人は取るな!だった。(笑)


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
     令和に入って、好調な戦いが続く矢野阪神。シーズン序盤とはいえ、就任1年目ながら最下位に沈んだ昨季から、着実に巻き返しを見せている。

     そんな矢野燿大監督(50)の隣に常にいるのが、昨年オフに唯一外部から招へいされた清水雅治ヘッドコーチ(54)だ。2人の出会いは中日時代までさかのぼる。矢野監督は90年ドラフト2位。清水ヘッドは88年ドラフト6位。年齢もポジション違うが、とにかく気が合ったのだという。

     2人とも超がつくほどのマジメで、遠征先でもほとんど出歩くこともなく、よくコンビニに一緒に行っていた。本拠のナゴヤ球場でのナイターの日は、一緒に当時名古屋市・西区にあった室内練習場で打撃練習をしてから、試合に向かっていた。清水ヘッドいわく「指導すらしてもらえない。期待されていなかった」と苦笑いで当時を振り返る。

     そんな2人だが、清水ヘッドが95年オフに西武へトレードで移籍したことで、離ればなれになった。さらに矢野監督も、97年オフにトレードで阪神に移籍。阪神の正捕手として10年まで長く活躍した矢野監督と、02年限りで引退した清水ヘッド。「もう一度同じユニホームを着て戦いたい」という夢は、現役中は叶うことはなかった。

     その後、清水ヘッドは西武、日本ハム、ロッテ、楽天と指導者としてユニホームを着続けてきた。さらに17年からは侍JAPANの外野守備・走塁コーチも務めている。矢野監督も解説者を経て、15年オフに阪神の一軍作戦兼バッテリーコーチに就任し、18年は2軍監督としてチームを日本一に導いた。そして昨年10月、矢野監督の1軍監督就任に伴い、2人の野球人生が再び重なった。

     当時、今季も楽天でコーチを務めることがほとんど決まっていた清水ヘッド。そんなところに矢野監督から「清水さん、一緒にやりませんか?」と電話があった。「本気で言ってるの? 俺はやりたいけど…」と戸惑いながらも、やっぱり2人の夢を諦めきれなかった。楽天側の好意もあり、紆余曲折を経て、円満に阪神のコーチ就任となった。

     実は、この話にはオチがある。お互い、過程で役職の話をしていなかったのだ。全てが整った後、矢野監督が「すいません、言うのを忘れていました。ヘッド(コーチ)です」と“告白”。それに対し清水ヘッドは「無理だ。投手のことはわからないから」と固持した。それでも指揮官の「僕がやりますから」に押し切られてしまった。そして、「わかりました。ここから敬語を使わせてもらいます」と、ヘッドは腹をくくったという。

     疲労を考慮して試合前のシートノックを取りやめたり、出塁するとガッツポーズをさせたり、「清水流」の改革を徐々に推し進めている。ヘッドに就任したため「ずっと手にあったノックバットが持てないんだよ」と笑う盟友の背番号81が、これからも矢野監督を支えていく。

    (阪神担当・嶋田 直人)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000054-sph-base



    当時は損害だと思っていたが、それならやむを得ない 「忘れていました、ヘッドです」好調矢野阪神を支える、清水ヘッドコーチの就任秘話(スポーツ報知)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000054-sph-base 



    8回、糸井がツーベース打っても、今日は代走無し 矢野さんって、型にはめず、ほんとに試合の流れをよく理解してるなぁ、と お茶の間監督はそういう風に見れるんやけど、ベンチに居ながらこれができるのはすごいです 清水ヘッドも確実に有能


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2
    阪神清水雅治ヘッドコーチが悩める助っ人ジェフリー・マルテ内野手に手を差し伸べる。

    10日中日戦で2号2ランを放った後、11打席無安打で打率は1割8分6厘に落ちた。清水ヘッドは「見た感じインコースのストライクゾーンが把握出来てないような。日本のね。また話していい方向に持っていけるようにしたい」と説明。トンネル脱出のアシストをするとした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-05130765-nksports-base

    阪神清水ヘッド マルテ不振脱出へのアシスト誓う(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース ヘッドのあるべき姿 開幕から1ヶ月不振続きの新外国人4番に対して気温が上がれば打ち出すとか言ってた人がそういやヘッドやってたよね  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-05130765-nksports-base 


    続きを読む

    このページのトップヘ