とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    田尾安志

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     野球評論家の掛布雅之氏(65)が13日、カンテレのスポーツ番組「こやぶるSPORTS」に出演。今季のプロ野球開幕を直前に控え、矢野阪神の順位を予想した。

     掛布氏はレジェンド解説者として田尾安志氏、金本義明氏、片岡篤史氏とともに出演(田尾氏、片岡氏はリモート出演)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていたプロ野球の開幕が19日に決まったことで、それぞれ順位予想を行った。

     掛布氏の優勝予想は阪神、巨人、中日、DeNAの4チームが並立。「高橋遥人がローテーションに入っていれば阪神の優勝にしていたと思う」と、5月末にコンディション不良で離脱した左腕の不在をマイナス要因とした。「巨人は去年の覇者。キャンプ見た時にチームバランスが一番いいのは中日なんですよ。DeNAは新外国人がすごくいいバッターが入りました」と上位混戦を想定した。

     阪神を優勝としたのは田尾氏ただ1人。「去年、なぜ勝てなかったかというと打線。優勝できる投手陣はそろっていた。(今季は)打線がものすごく補強されたと思う。外国人選手は当然いいと思うし、日本人選手のレベルが高い。そうなると優勝しかない」と言い切った。

     金村氏と片岡氏は3位と予想。当初、優勝を予想していたという金村氏は「この3カ月にいろいろありましたよね。期待していた藤浪、高橋遥人。左右のエースになるべきと思っていたのが、どちらも使えない」と評価を下げた理由を説明。優勝へのキーマンには「藤浪」を挙げた。片岡氏は「巨人に勝ち越せば、順位は変わってくる。セ・リーグは、ヤクルト以外はどこが上位に来てもおかしくない戦力」とコメントした。




    優勝予想、ぶち上げてくださいよ皆さん! 掛布氏らレジェンド解説者が矢野阪神の順位予想 優勝断言は田尾氏ただ1人/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/13/0013421885.shtml  @Daily_Onlineより



    こやぶるスポーツで、 掛布が、開幕5カード連続ロードで不利 になるって聞いてたけど、 他の解説者がぶった斬ってくれて安心した。 確かにタニマチがないのはでかいな。


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

     20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-巨人戦』で解説を務めた田尾安志が、阪神・糸井嘉男の守備について言及した。

     初回、巨人・坂本勇人がライトへ放った浅い打球をヒットにしてしまうと、田尾氏は「糸井の第一歩の遅さ。ボーっと見てからスタートしています」と厳しく指摘。

     さらに、3回にヤングマンが放ったライトへのフライをスライディングキャッチした場面にも「ちょっと後ろに守りすぎ。今日の風は昨日の風と違って、どちらかというとライトからホーム方向へ風が吹いていきますから。それであんな後ろ守るというのは…」と糸井の守備位置に疑問に感じたようだ。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00186315-baseballk-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

    ● 阪神 0 - 2 巨人 ○ <5回戦・甲子園>

     阪神は巨人投手陣に抑え込まれ、0-2で敗れた。

     阪神は0-0の初回、1番・近本光司の内野安打と好走塁で無死三塁と先制の好機を作る。しかし、2番・糸原健斗が一ゴロ、3番・糸井嘉男が二ゴロ、4番・大山悠輔が三ゴロに倒れ無得点。

     直後の2回に先発・岩貞祐太が、石川慎吾に先制の2ランを浴びた。反撃したい阪神は、3回に一死二、三塁とするも糸原が投ゴロ、糸井が見逃し三振に打ち取られ得点することができず。0-2の9回は守護神・クックから先頭の大山悠輔がライト前ヒットを放つも、福留孝介が二併打、最後は中谷将大が遊ゴロに打ち取られ試合が終了した。

     20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏は「監督は打力が落ちるので、無死、一死で走者を置いた時には何でもありで、やらないといけないと言っていたんですけど、初回でしたからね。スクイズはやらないでしょうし、攻撃が裏目でしたね。中盤だったらスクイズもやったと思いますよ。初回でしたからね」と初回の攻撃を振り返り、「初回の無死三塁、3回の好機を上手くいかなかった。2回のチャンスをつぶしたことがこういう結果になってしまいましたよね」と話した。

    (ニッポン放送ショウアップナイター)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00186292-baseballk-base

    続きを読む