とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    甲子園球場

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    14


    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/22(金) 01:05:21.69 ID:bgQmY0sH0
    オコエ瑠偉


    8: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/22(金) 01:09:16.29 ID:Xvdvt+KH0
    ハンカチ

    34: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/22(金) 01:17:41.78 ID:DGg57BQd0
    大和はどんでんがテレビで見て獲得

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590077121/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/18(月) 22:37:43.40 ID:m7mujfH30
    投手 松坂大輔
    捕手 森友哉
    一塁 武内晋一
    二塁 町田友潤
    三塁 松井秀喜
    遊撃 浅村栄斗
    左翼 川上竜平
    中堅  藤原恭大
    右翼 松尾昇

    異論ある?

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1589809063/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     甲子園歴史館は18日、「~おうちで映像を楽しもう!企画第2弾~『甲子園球場 空中散歩』映像」を公開した。4月27日に投球体験映像をホームページ上で公開したが、今回は第2弾として、球場をドローンに特設した360度カメラで撮影した映像をアップした。

     球場のマウンドから見た風景や、スコアボードに接近した様子など、臨場感あふれる映像が確認できる。甲子園歴史館のホームページでは「甲子園球場の上空を飛び回っているような体感をお楽しみ下さい」と呼びかけている。






    うぉー、これはすごいぞ‼️めちゃくちゃ気持ちいい空中散歩😆 #甲子園 #阪神タイガース #空中散歩 #絶景  https://twitter.com/toraho/status/1262338494220824577 



    これ3150(最高)👍 【公式】「甲子園球場 空中散歩」360度VR映像  https://youtu.be/w2Fi5LwKtok  @YouTubeより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/12(火) 02:08:28.07 ID:Wi+8ZoZV9
    5月5日に韓国でプロ野球が開幕。すでに4月12日から公式戦を開催している台湾プロ野球では、5月8日に約1000人の観客を入れた。

    海の向こうでメジャー・リーグも夏場の開幕を模索する中、プロ野球とJリーグによる新型コロナウイルス対策連絡会議が5月11日に実施。緊急事態宣言が5月31日まで延長されているという現状も考慮され、開幕日の確定は見送りとなった。
    今後、一部の県で規制の緩和や解除が行なわれた結果も踏まえ、設定を検討するという方向性のようだ。

    プロ野球の開幕時期がいつになるかは、高校野球にも大きく影響するだろう。第92回選抜高校野球大会の中止は、出場が決まっていた32校はもちろん、ファンや報道を含めた関係者にも計り知れないショックを与えた。
    「野球バカ」と言われても、夏は何とか開催に漕ぎ着けてほしいというのが、野球に関わる人間の偽らざる心情だろう。

    ただ、都道府県大会で代表校を決めた上で夏の甲子園が開催されるというプロセスを考えれば、8月10日から16日間という日程は、すでに時間的猶予がない。
    まずは、9月から10月になっても開催できるのか、という点がカギを握っていると思う。

    もし、時期を後ろ倒ししてでも第102回全国高校野球選手権大会を開催しようとすれば、次に課題となってくるのは“甲子園球場”である。
    プロが開幕していれば阪神タイガースの本拠地であり、そう簡単に16日間プラスアルファの日程を動かすことはできない。

    こうして、第102回全国高校野球選手権大会を現実的に考えていくと、9月より先に甲子園以外の球場でも開催するのかという点がポイントになる。
    メジャー・リーグのスカウトでも、日本の高校野球大会と言えば「コーシエン」と呼ぶように、春と夏の甲子園は、野球に関わる者にとって特別な存在だ。

    甲子園のみで開催し、それをNHKが全国に完全生中継する特別感が、日本に野球という競技を根づかせ、世界に誇る競技力の土台となってきたことは疑いようがない。
    ゆえに、「甲子園でやるからこそ意義がある」という意見を否定するつもりもない。

    今回のような不測の事態を乗り切る際のプライオリティは何か

    一方で、1995年に野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースに入団したのをきっかけに、25年間で多くの日本人選手が海を渡り、野球の本場から技術、トレーニング、指導法、コンディショニングなど、あらゆる情報や考え方が入ってきた。

    それにより、高校時代の厳しい練習を乗り越えてこそ、という日本古来の考え方には、いかに将来の可能性を潰さないかという合理性が採り入れられるようになる。
    甲子園のマウンドは背番号1がひとりで守り切るものではなくなり、休養日が設けられ、投球数や登板間隔などを制限する必要性も議論されている。

    そうやって選手の健康を第一に考えれば、まず見直されるべきは単一会場での開催だろう。他の競技のように全国大会を複数の会場で開催すれば、16日間という長期の日程も連戦もなくすことができる。

    いや、それは随分前からわかり切ったことなのだが、野球界では高校球児の健康について議論が交わされても、単一会場開催の是非を問う声は聞かれない。先も書いたが、「甲子園だからこそ」を否定するつもりはない。

    けれど、今回のような不測の事態で高校球児の夢が奪われ、将来への影響も避けられない事態に直面した時、何とかプレーする舞台を整えようとする中でのプラリオリティは何なのか。

    例えば、ほっともっとフィールド神戸、明石トーカロ球場など甲子園の近隣にある複数の野球場を使用すれば、大会日程は短縮できる。あるいは、今回の場合は感染者数が少ない地域で開催するほうがリスクは少ないと思える。
    しかし、それでは第102回全国高校野球選手権大会として意味がないものになってしまうのか。

    日本の高校野球の歴史も伝統も、甲子園という存在も素晴らしいものだ。それでも、教育の一環たる高校野球で最も大切なのが、選手たちが思い切りプレーすることならば、この苦難の機会に議論すべきことはいくつかあると考えている

    https://news.yahoo.co.jp/byline/yokoohirokazu/20200512-00178009/
    5/12(火) 0:30

    2: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/12(火) 02:10:01.43 ID:HAdHA6Qf0
    そもそも高校野球を教育の一環と考えるのが間違い

    4: 名無しさん@\(^o^)/ 2020/05/12(火) 02:10:07.00 ID:AltSkAK90
    結局何が言いたいんだ

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1589216908/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神・守屋功輝投手(26)が8日、甲子園での自主練習後に球団広報を通した取材に応じた。球場のマウンドで投球練習を行った右腕は、甲子園で投げられる喜びを再確認し、再び超満員の舞台で投げる日を待ち望んだ。

     2カ月ぶりに立った甲子園のマウンド。3月8日のオープン戦・巨人戦以来で、原口を相手に35球を投じた。「自然と気分も高まりますし、やっぱり気持ちいい」と久々の“本拠地登板”を終え、充実感が漂った。

     投げられる喜びを実感すると同時に芽生えたのは、ファンの前で投げたいという思い。昨季は中継ぎで自己最多の57試合に登板。初めて1軍に定着したシーズンで、大声援を送ってくれる虎党の姿が力になっていた。

     「あれだけの大観衆を前に投げられていたありがたさを改めて感じました」。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、無観客での開幕が濃厚だが、終息を信じ「また早くファンの方々の前で投げたい」と力を込めた。

     投球練習は継続しており「骨盤を意識し、体重移動がスムーズにできるように心掛けていて、力感なく投げることも意識しています」とテーマを明かした右腕。甲子園の大観衆の前でマウンドに立てる時を信じ、この期間でレベルアップを図る。







    シーズン、フル回転する準備はできています。

    阪神・守屋 甲子園のマウンドで投球練習「自然と気分高まるし、やっぱり気持ちいい」― スポニチ Sponichi Annex 野球  https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/05/09/kiji/20200509s00001173063000c.html 


    続きを読む