とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    甲子園

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     デイリースポーツ独占取材に“猛虎愛”を語った-。阪神は15日、29日のヤクルト戦(京セラドーム)で行われる開幕セレモニーに、ゲストDJとして音楽ユニット『globe』のマーク・パンサー(49)を迎えることを発表した。マーク作成の『六甲おろしリミックス』が年間を通して試合中のイベントで流されることも決定。実はこの異色コラボ、デイリースポーツの記事がきっかけで実現したものだった。

     デイリースポーツの記事がきっかけだった。『マーク・パンサー矢野新監督に期待!「六甲おろし」リミックスバージョン作りたい!!』-そんな見出しとともに、マークが子供の頃から虎党だったことが紹介された昨年10月の記事だ。

     まず球団のファンサービス担当職員の目に留まった。新たな企画を模索していた球団、昨年から本格的に芸能活動を再開し、関西に移住したマーク。両者の思惑が一致。プロジェクトが動きだした。

     そもそもフランス出身のハーフで、幼少期から関東で過ごしていたマークがなぜ阪神ファンなのか?

     「湘南に住んでいた子供の頃、ボクだけ阪神帽をかぶってた。ロゴが一番好きで、ファッション的にも黄色と黒で“虎”っていうのもかっこよくて。周りはジャイアンツ帽ばかりだったけどね」

     そんなマーク少年が「どっぷりハマッた」きっかけが、1985年の日本一に導いた最強助っ人バースの存在だ。「ボクも半分、外国人なんで。外国人の活躍が妙にかっこよくて。でも、クロマティじゃなかったんですよね」と笑う。

     新生矢野阪神への期待も大きい。デシャン監督に代わり、2大会連続予選敗退からベスト8を経て昨年、W杯で優勝したフランスのサッカー代表にイメージをだぶらせる。

     「それが矢野監督のやり方にオーバーラップして。キャンプとかを見ていてもみんなの団結をすごい感じる」

     今回作成した『六甲おろしリミックス』は甲子園、京セラドームでの試合で五回終了時に行われる『ムチャぶりダンスタイム』で流される。「さあ後半、勝つぞ!みたいなムードになってくれれば。例えば夏はレゲエ調にしたり、今後も少しずつアレンジしていくつもり」と意気込む。

     リミックスの出来栄えに「原曲よりスピードアップしてますよ。自信作ですね」と胸を張った。初お披露目は開幕戦の五回終了時。アップテンポな六甲おろしが、矢野阪神の開幕ダッシュを後押しする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000019-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神の注目は糸井。故障の影響で出遅れていたが、この試合では3番・ライトでのスタメン出場が予定されている。チームの中心選手として期待されるベテランは、攻守で万全の状態を披露できるか。対する西武は秋山に注目。ここまでオープン戦全8試合で安打を記録するなど、好調を維持している。獅子のヒットメーカーは、今日も快音を響かせることができるか。

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019031605/top

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「選抜高校野球・抽選会」(15日、大阪・オーバルホール)

     優勝候補の智弁和歌山(和歌山)は第6日第1試合で21世紀枠の熊本西(熊本)と対戦が決まった。

     指揮するのは、自らも主将として夏の甲子園優勝経験があり、プロでは阪神、楽天、巨人でプレーした中谷仁監督。6日目という日程について「何か意味があるととらえて、前向きに調整したい。抽選はワクワクしながら見ていました」と話した。

     高嶋仁名誉監督が昨年8月に退任。“中谷体制”で初の甲子園について聞かれると「そう言われて緊張してきました。新鮮な気持ちで選手たちをどう躍動させられるか」と表情を引き締めた。高嶋名誉監督からは「思い切りやったらええ」と力強い言葉をもらったという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000063-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神矢野燿大監督(50)や西勇輝投手(28)ら17人の選手がプロデュースするコラボグルメが14日、発表された。

    西がプロデュースしたのは「西勇輝の東海ご当地尽くし弁当」(1300円)。三重出身の西にちなみ「みそカツ」や「松阪の鶏焼肉」などご当地の名物グルメを詰め込んだ一品。西は「自分の好きな味が詰まった弁当なので、食べやすいですね」と笑顔で話した。高校時代には、自宅から持参する弁当に加え、近くの弁当屋さんでみそカツを作ってもらっていたといい「食べる機会が多かったし、好きな味」という。「自分が投げる中で、いい展開でおいしくたべてもらえるよう頑張ります」とシーズンでの活躍を誓った。

    同メニューはほかに「矢野監督の豪華ハラミ焼肉スペシャル」(1500円)や「糸井嘉男の超人チャーハン弁当」(1300円)など計18人30種類以上とラインアップは豊富。4月9日からシーズン終了まで甲子園球場で販売する。一部のメニューは3月16、17日のオープン戦で先行販売される。購入すると監督、選手のピンバッジがプレゼントされるメニューもある。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903140000321.html 

    ▼監督・選手コラボグルメ2019
    https://www.hanshin.co.jp/koshien/shop/gourmet_player2019/

    続きを読む

    このページのトップヘ