とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    甲子園

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の新助っ人、ジャスティン・ボーア内野手(31)が1日、甲子園球場での残留組練習に合流。屋外での約30分のフリー打撃では、バックスクリーン弾を含む75スイングで18本の柵越えを放った。

     「(日本の投手に)少しずつ慣れてきたとは思っています。だからこそ基本にかえって、センター方向にライナー性の打球を打つことに集中して、あとはどんどん打席を増やしていって、どんどんピッチャーに慣れていきたいと思います」

     前日のソフトバンク戦では3打数無安打に終わったものの、まだまだこれから。この日も力強い打球を連発したように、開幕に向けて状態を上げていくだけだ。

     同じく新加入のサンズが前日に2本の本塁打を放ったことには「彼にとってはいいホームランでしたし、同じようにシーズンが近付くにつれて、彼のようにしっかり打てるようになって、同じように貢献できればなと思います」と笑顔。仲間の活躍も励みに、調整を続けていく。




    入念に打撃練習したサンズ、ボーア。この日も甲子園に柵越え連発でした。#阪神タイガース #サンズ #甲子園 pic.twitter.com/fQioegKr7Z



    @NikkanNaruohama ホームランを打ってくれボールをいくら打っても、褒められる時期では無い。特にパリーグのOP戦は全試合打席に立たせる事で経験と配球を読ませる、実績を積ませる時期だろう?


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title


    ◆秋季近畿大会 ▽準々決勝 履正社10―3京都翔英=8回コールド=(27日・佐藤薬品スタジアム)

     来春の第92回センバツ高校野球大会の出場校を決めるための重要な参考資料となる秋季近畿大会の準々決勝が行われた。今夏の甲子園で初優勝した履正社(大阪2位)が、京都翔英(京都1位)を破り、同校初となる3季連続の甲子園出場が有力となった。

     履正社は初回、関本勇輔捕手(2年)の右前適時打で先制。2回は中原雄也遊撃手(2年)の適時二塁打、池田凜二塁手(2年)の左前タイムリー、小深田大地三塁手(2年)と関本の連続中前適時打、大西蓮右翼手(2年)の左前タイムリー、両井大貴左翼手(2年)の適時二塁打で6点を追加した。8回は小深田の右越え3ランでコールド勝ちを決めた。「この大会に入って調子が良かった。真っすぐ一本に絞っていた」と、小深田は高校通算26号に会心の笑みを浮かべた。

     元阪神内野手の関本賢太郎氏の長男・勇輔は、準決勝で父の母校・天理と対戦する。自身も中学時代にあこがれた学校で進学を検討したこともあったという。「お父さんから、僕の弱点を天理ベンチの上から言う」と冗談交じりに言われたことを明かした。




    履正社・関本選手 センター前タイムリーヒット https://t.co/UHzDNeClnQ



    自動本塁打製造機・小深田、汚名返上のサヨナラコールド3ランwww 履正社ベスト4進出で、来春の選抜甲子園出場当確!⚾️ https://t.co/qxVkqFFIwM



    センバツの6枠 智辯学園 大阪桐蔭 天理 履正社 智弁和歌山 明石商業 の6校とか全校甲子園で名の知れた学校やしマジで近畿のレベルが高いわ😳


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    <阪神-巨人>◇30日◇甲子園

    阪神が4回裏終了後に、人文字イベントを開催し、左翼と右翼の両アルプス席に黄色い「虎」の文字を浮かび上がらせた。

    「3、2、1、ガオー!」のかけ声とともに、観客が黄色、黒のタオル掲げてきれいな人文字を作り、伝統の一戦に挑む阪神にエールを送った。




    『8/30 巨人 × 阪神 〜甲子園〜』 ー 伝統の一戦 3連戦初日 ー アルプススタンドに 『 虎 』 #甲子園球場 #伝統の一戦 #ジャイアンツ #giants #Tigers https://t.co/rfr7laAMx4



    甲子園の人文字「虎」。






    雨は降らずでよかった☀️ 甲子園の人文字 漢字の『虎』 ええなー✨ さあ,あとは阪神が勝てばよし! そこが一番難しいか…(・ω・)👊 pic.twitter.com/LKEypqqwLL



    虎文字‼️‼️‼️ pic.twitter.com/QZRyYjFFHf


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2



     阪神の谷本球団本部長が22日、甲子園球場で行われた高校野球選手権大会決勝「履正社―星稜」戦を視察。プロ注目右腕の星稜・奥川恭伸投手に熱視線を送った。

     奥川は相手4番に3ランを被弾するなど9回11安打5失点で初優勝を逃したが「(連戦で)疲れもあったでしょうが、それでも最終回に150キロ台の球速が出るのはすごいですよね。馬力がありますね。縦のスライダーも素晴らしい。評価は極めて高いです」と手放しで称賛した。

     10月のドラフト会議における最重要な指名候補と位置づけており「全国に散っているスカウトたちの意見を集約して」今後最終的な指名選手の絞り込み作業に入っていく考えを明かした。




    1位奥川 2位井上ていうのが阪神は理想にしてそう  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-08220760-nksports-base 






    阪神、星稜・奥川恭伸投手をドラフト1位最有力に | ドラフト会議ホームページ2019 Draft home page  https://www.draft-kaigi.jp/draftnews/npb-draftnews/tigers-draftnews/48012/  #hanshin #kokoyakyu #高校野球 #ドラフト


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2

     2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(25)が26日のウエスタンリーグ・中日戦(甲子園)に先発した。今季公式戦初めての甲子園のマウンドで、6回78球を投げ6安打2失点。初対戦となった大阪桐蔭の後輩、根尾昂内野手(19)相手には、この日最速154キロを計測するなど2三振を奪った。四死球は1つも出さない安定した投球をみせ、アピールに成功した。

     初回は3番の根尾を相手にこの日最速の154キロを計測し、左飛に抑えるなど三者凡退の立ち上がり。4回は先頭打者に左前打を許すと、根尾をスライダーで三球三振に抑えたものの、続く石川駿の打席で盗塁と捕手の悪送球で一塁走者に3塁まで進まれると、前進守備の内野陣の後ろに落ちるポテンヒットで先制を許した。

     5回には1死から一塁強襲の二塁打を許すと、2死2塁から2番・伊藤康に右中間を破る適時三塁打を浴びた。それでも続く根尾は153キロの内角への直球で見逃し三振。大阪桐蔭の後輩を全く寄せ付けない投球をみせた。

     今季ウエスタンリーグ8戦目で初めて打席にも立つなど、1軍昇格に向け準備は整いつつある。6回を三者凡退に抑えると、直後の打席で代打を送られ降板となった。制球が乱れる場面もなく、無四球投球で安定感のある投球を披露した。





    今日17時から甲子園2軍戦、藤浪くん先発で絶対定時で上がって見に行こうと思ったのに色々予定変更で結局あがれんくて。あーーーてなってたら、生きてて1番綺麗な虹見れて、信じて残業して良かったと思ったし、やっぱり信じてついてきたらこうゆう素敵なもの見せてくれるんやなと思った(勤務の話わら) pic.twitter.com/XHDBE2QaIX



    藤浪くんもいいのか悪いのかよくわからない投球でしたね。1軍レベルの野手に通用するのか、、、



    藤浪くんお疲れさまでございました



    試合終了してから選手が整列してる時、「藤浪頑張れよ~!待ってるからな」とあちこちから聞こえてきましたよ。



    甲子園ウエスタン🏟️ 残念ながら小虎は負け😩 6回からの参戦でしたが、藤浪君ギリギリ見れたし、幻想的な虹が見れて楽しかった😊 pic.twitter.com/6fW2fcxSV0


    続きを読む