とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    甲子園

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神の注目は糸井。故障の影響で出遅れていたが、この試合では3番・ライトでのスタメン出場が予定されている。チームの中心選手として期待されるベテランは、攻守で万全の状態を披露できるか。対する西武は秋山に注目。ここまでオープン戦全8試合で安打を記録するなど、好調を維持している。獅子のヒットメーカーは、今日も快音を響かせることができるか。

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019031605/top

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     「選抜高校野球・抽選会」(15日、大阪・オーバルホール)

     優勝候補の智弁和歌山(和歌山)は第6日第1試合で21世紀枠の熊本西(熊本)と対戦が決まった。

     指揮するのは、自らも主将として夏の甲子園優勝経験があり、プロでは阪神、楽天、巨人でプレーした中谷仁監督。6日目という日程について「何か意味があるととらえて、前向きに調整したい。抽選はワクワクしながら見ていました」と話した。

     高嶋仁名誉監督が昨年8月に退任。“中谷体制”で初の甲子園について聞かれると「そう言われて緊張してきました。新鮮な気持ちで選手たちをどう躍動させられるか」と表情を引き締めた。高嶋名誉監督からは「思い切りやったらええ」と力強い言葉をもらったという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000063-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1


    阪神矢野燿大監督(50)や西勇輝投手(28)ら17人の選手がプロデュースするコラボグルメが14日、発表された。

    西がプロデュースしたのは「西勇輝の東海ご当地尽くし弁当」(1300円)。三重出身の西にちなみ「みそカツ」や「松阪の鶏焼肉」などご当地の名物グルメを詰め込んだ一品。西は「自分の好きな味が詰まった弁当なので、食べやすいですね」と笑顔で話した。高校時代には、自宅から持参する弁当に加え、近くの弁当屋さんでみそカツを作ってもらっていたといい「食べる機会が多かったし、好きな味」という。「自分が投げる中で、いい展開でおいしくたべてもらえるよう頑張ります」とシーズンでの活躍を誓った。

    同メニューはほかに「矢野監督の豪華ハラミ焼肉スペシャル」(1500円)や「糸井嘉男の超人チャーハン弁当」(1300円)など計18人30種類以上とラインアップは豊富。4月9日からシーズン終了まで甲子園球場で販売する。一部のメニューは3月16、17日のオープン戦で先行販売される。購入すると監督、選手のピンバッジがプレゼントされるメニューもある。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903140000321.html 

    ▼監督・選手コラボグルメ2019
    https://www.hanshin.co.jp/koshien/shop/gourmet_player2019/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


     (オープン戦、阪神1-3巨人、10日、甲子園)阪神のD1位・近本光司外野手(大阪ガス)は4打数無安打も、五回に併殺崩れで一走に残ると二盗に成功した。甲子園で初めて自慢の快足を披露し「走れたのはよかった」と振り返る一方で、2番で先発し続けた3連戦を11打数無安打で終えたことに反省。「まだシーズンには入ってない。調子が悪いときにどうやってチームの役に立つかというのをやっていかないと」と課題を口にした。

    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190310/tig19031020210018-n1.html

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1
    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019031003/top


    897: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/03/10(日) 15:46:48.19 ID:03Iu5lLg0
    また負けたでー

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1552198164/

    続きを読む

    このページのトップヘ