とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    病院訪問

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     17年に患った脳腫瘍の影響で昨シーズン限りで現役を引退した元阪神の横田慎太郎氏(24)が29日、大阪市内の病院を訪問。サイン会や写真撮影などで患者たちと交流した。

     阪神と横田氏からのプレゼントとしてサイン入りの阪神のユニホームを患者たちへ手渡し。患者の中には涙を流して喜ぶ人も見受けられた。横田氏は「昨日手術が終わったという方もおられましたし、そういう苦しいこともありながら来てもらってすごくうれしい」と語り、「こういう活動を続けることによって苦しむ方の支えにもなると思う。継続してこのような活動は続けていきたい気持ちがあります」と今後も自身の経験を通じて、同じ病気の人々に勇気を与えることへの意欲を示した。




    横田慎太郎君、永遠推し♾ これからも誰かの勇気であれ  https://twitter.com/sponichi_endo/status/1222433562978160642 



    元阪神・横田慎太郎氏が病院訪問、脳腫瘍闘病 昨季で引退「継続していきたい」 (スポニチアネックス) ェェ子ゃ。。╰(*´︶`*)╯  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00000196-spnannex-base 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    超速仕上げから全試合出場!阪神鳥谷敬内野手(37)がキャンプ休日の4日、沖縄・南風原町の沖縄県立南部医療センター・こども医療センターを訪問した。約2時間にわたって病棟で子供たちと触れ合い、「元気になって甲子園に来てもらいたい。グラウンドに立っている姿を見せたい」と決意を新たにした。早期実戦出場から鉄人の称号を取り戻しにかかる。

    「目標は全試合に出ること。そのためにも、まずは開幕でグラウンドに立っていないと始まらない」

    再び遊撃で勝負する1年。北條らとの激しい遊撃争いが幕を開けた。37歳は第1クールから若手に交じって全メニューを消化し、矢野監督から「第1クールMVP」に指名された。現状は11日紅白戦で初実戦となる見込みだが、19年チーム初戦となる7日紅白戦に飛び入り出場する可能性もゼロではない。異例のハイペース調整に覚悟がにじむ。

    「自分は今、競争の中にいる。試合に出ていない間に、ライバルの選手が結果を出すかもしれない。ゆっくりしてはいられない」

    2年前の17年2月は実戦1打席しか立たなかった間、北條の打棒が爆発して遊撃の座を譲った。二塁転向を目指した18年春はオープン戦打率0割6分7厘と苦しみ、開幕直後から出番を減らした。19年は同じ轍(てつ)を踏まない。

    この日は11回目の同病院訪問。最後は子供たちから手作りメダルをプレゼントされ、気合を入れ直した。

    「今は自分のポジションがまったくない状況。まずはしっかりポジションをつかんで、優勝したい」

    14年ぶりのセ界頂点へ、グラウンドに立って虎を引っ張る。【佐井陽介】

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201902040001255.html

    続きを読む