とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    登録抹消

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
     阪神は4日、岩貞祐太投手(27)と、岩崎優投手(27)、筒井壮外野守備走塁コーチ(44)が、インフルエンザA型を発症したことを発表した。岩貞、岩崎の両選手は出場選手登録を抹消された。岩貞は5日のDeNA戦(甲子園)に先発予定で、貴重な左腕2人を当面欠くことになった。チームにとっては緊急事態となったが、代役として高橋遥人(23)が今季初登板初先発する予定だ。

     体調不良を訴えた3人は、この日朝、兵庫・西宮市内の病院で検査。「インフルエンザA型」と診断された。当面は自宅療養するという。

     開幕からローテ-ションを守ってきた岩貞は、ここまで5試合の登板で1勝3敗。防御率4・28の成績だった。登板前日の抹消で緊急事態となったが、首脳陣は5日のウエスタン・広島戦(由宇)に先発予定だった高橋遥を、急きょ帰阪させ、代役を託すことを決めた。

     また、岩崎は4月12日に1軍昇格。貴重な中継ぎ左腕として屋台骨を支え、ここまで8試合の登板で、防御率0・96と安定感が光っていた。代わって谷川昌希投手(26)が、試合前の練習から合流し、先発するランディ・メッセンジャー投手(37)とともに登録された。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000049-dal-base



    岩貞岩崎なにかあったのかと思ったらインフルエンザかー 最近流行ってるらしいし怖いなぁ これ以上の集団感染がないことを願うのみ



    【BREAKINGNEWS】 阪神・岩貞投手、岩崎投手がインフルエンザA型発症で登録抹消へ。筒井コーチも発症。中継ぎ要員で谷川投手が昇格。岩貞投手は明日の先発が濃厚でしたが、登板回避が決定。代役候補など詳細はアネックスで速報します。 #スポニチアネックス


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1

     阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が20日、1軍登録選手を抹消された。19日の試合で、右肘付近に打撃が直撃。その後、西宮市内の病院で検査を受け、球団は「右前腕の打撲」と診断されたことを発表した。

     19日の巨人戦(甲子園)だった。今季4度目の先発マウンドとなったが、4回0/3を投げ8安打6失点(自責4)で、今季最短降板。12日・中日戦(甲子園)の6失点に続き、2戦連続のKOで2敗目を喫した。二回、小林に先制3ランを浴びると、四回は北條の2失策で失点。五回には岡本に被弾後、亀井の打球が右肘付近に直撃。続くゲレーロに左前打を浴びたところで降板した。大事を取って試合中に球場を離れ、検査を受けていた。

     骨に異常はなし。それでも腫れがひどく、この日も試合前練習を外れた。甲子園の室内で別メニューを敢行。矢野監督も「思いとしては、最短で戻ってきてほしいというのはある。でも今日の時点では、まだ判断できない。10日で戻ってきてくれたら、1番うれしいし、ランディもそう思ってくれていると思う」とエースの早期復帰を願った。ゴールデン・ウィークの連戦前に、まさかの開幕投手の離脱。最短では30日の広島戦での登録が可能。メッセンジャーの軽傷を祈るばかりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000036-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

     「ヤクルト9-5阪神」(16日、坊っちゃんスタジアム)

     昨季中日でチームトップとなる13勝を挙げた巧みな投球術は、またしても戻ることはなかった。

     阪神先発のガルシアが7失点で、来日最短となる1回1/3で降板。今季初登板から3戦連続KOとなり、矢野監督が「今のまま投げても、いいものが出そうな感じがない。いったん抹消します」と2軍への降格を決定した。

     防御率がついに19・29となったガルシアは「チームに迷惑をかけて申し訳ない。自分をうまくコントロールできず、打たれてしまった。再び自信を持って投げられるように、しっかりやっていきたい」と力なくうなずき、球場から引き揚げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000147-dal-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    2
     ◇セ・リーグ 阪神3―10広島(2019年4月6日 マツダ)

     阪神・藤川が救援登板では初の1試合2被弾に沈み、再調整のため登録を外れることが決まった。2点差に詰め寄った直後の5回、先頭の鈴木を追い込んでから四球で出し、不振だった松山に直球を右翼席へ打ち込まれた。1死後は会沢にカーブを痛打されて左翼席へ。反撃の機運に水を差し、「特に何もないです。今日は…」と首をかしげながら帰りのバスに乗り込んだ。

     1試合2被弾は4度目、1回2被弾は2度目。いずれも02年10月6日のヤクルト戦(甲子園)以来の悪夢だ。当時は先発で、救援転向後は初めて味わう屈辱だった。開幕してから過去2度の登板は計2回無失点。本塁打どころか、出塁すら許さず計5三振を奪っていた。2軍での再調整は16年9月以来になる。

     ≪イニング2被弾は17年ぶり≫救援登板の藤川(神)が5回に松山2ランと会沢ソロの2被弾。ゲーム2被弾は16年5月7日のヤクルト戦で初回バレンティン3ラン、3回雄平2ランを浴びて以来3年ぶり4度目。過去3度は先発登板時で、救援では初めて。イニング2本は02年10月6日のヤクルト戦3回、稲葉と岩村のソロ以来17年ぶり2度目になる。松山と会沢にはこれが初被弾。会沢とは過去12度の対戦で8打数無安打だった。

    2




    続きを読む

    このページのトップヘ