とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    真弓明信

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2
    <広島7-2阪神>◇1日◇マツダスタジアム

    阪神が広島に敗れ、同カード6連敗。直接対決で悔しい黒星を味わい、首位を走るカープとの差は5ゲームとなった。日刊スポーツ評論家の真弓明信氏は、鯉倒へのカギに打線の奮起を挙げた。

       ◇   ◇   ◇

    またしても広島に勝てなかった。この6連敗で対戦成績は4勝7敗。サヨナラ負けから一夜明け、この日は中盤から終盤にかけて突き放された。

    真弓 このまま広島に独走を許してしまうとペナントレースが面白みを失ってしまう。特に2位につけている阪神は、絶対に広島を走らせてはいけない。結局は点をとらないと勝てないことに突き当たる。

    阪神の対戦カード別成績をみると、広島戦の平均3・2得点は最少。本塁打に関しては広島の11本に対し、阪神は4本(中谷、福留、マルテ、長坂)にとどまっているのも大きい。

    真弓 ゲーム前の打撃練習をずっとみていたが、技術的なことをいうと、大山、中谷ら右打者が軸足を引きながら打っているのが目につく。本来は右足を軸に、右腰をボールにぶつけていくイメージで打ちにいくものだが、どうして右足を引いて打ちにいくから、速いボールに対応できないのではないか。もはやそういう打ち方しかできないのだろうが、今後大きく育てていくには修正の必要性を感じる。

    5回は小窪、6回はバティスタに効果的な本塁打を浴びた。今シーズンの広島戦では、四球、失策などのミスにつけ込まれ、つながれ、たたみかけられるケースが目立つ。

    真弓 5回の小窪の左越え本塁打は、その前の2回に見逃し三振にとった同じような内角寄りの真っすぐだった。つまり広島には“1球”で仕留められているといえる。ちょっとした逆球、少し甘く入ったりするとやられるケースをみてきた。交流戦を前に、ここは踏ん張りたい。【取材・構成=寺尾博和編集委員】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-06010891-nksports-base



    大山ら阪神右打者の右足引き打ち修正を/真弓明信  https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/201906010000891.html?utm_source=twitter%26utm_medium=social%26utm_campaign=nikkansports_ogp  これは何だろうw 大山もそうだけれど、ずっと前から北條くん中谷くんはそうだし。崩されたタイミングで軸足を引いて壁を作るために生まれた技術だと思うんだけれど、、、良いか悪いかは僕にはわからないw



    真弓さん、解説せんでええから今直ぐ大山に助言しに行ってきてくれ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/29(月) 19:30:49.96 ID:QiVT+b6x9
    <中日0-2阪神>◇29日◇ナゴヤドーム

    阪神のジェフリー・マルテ内野手(27)が「6番一塁」で1軍デビューを果たした。
    右ふくらはぎの張りを訴え、2軍で調整を進めていたが、29日にようやく1軍に昇格。
    9回の打席で来日初安打を記録した。打線の起爆剤になるか。日刊スポーツ評論家の真弓明信氏が解説した。

       ◇   ◇   ◇

    遅まきながら1軍デビューした新外国人マルテが来日初安打を放った。「6番一塁」で初出場。
    第4打席目の9回、中日小熊が苦しまぎれに投じたストレートに三遊間を割るヒット1本に終わった。

    真弓 まだまだ本来のバッティングができていないように映ったね。打つポイントが近すぎて、ほとんどのストレートに差し込まれていた。
    最終打席も3-2から直球を投げられているようでは恐怖感をもたれていない証拠だろう。

    試合前練習は26スイング中、フェンス越え2本。初打席は遊飛で、打球が上がったのはここだけ。続く打席の遊ゴロも中日阿知羅のストレートを打ちにいった。
    7回の3打席目はボールになる変化球に空振り三振を喫した。

    真弓 1打席目は間違ったら本塁打になるようなスイングだったが、それでも迫力は感じなかった。 スカウティングにあたった時はいい時を見ているのだろうから、ここから調子を上げてくるのかもしれない。でも基本的にどの球種にもタイミングが合っていなかった。

    開幕2軍スタートで、チーム27戦目の合流。この助っ人が本物なら得点力アップが望めるはずだが…。

    真弓 あれだけインコースを突かれているということは、すでに怖がられていないということ。中日ビシエドとは大違いだ。現状ではとてもクリーンアップに据えるようなタイプには見えなかった。

    30日からのチームは、広島、DeNA、ヤクルトと9連戦が続く。

    真弓 今は中谷、陽川ら若手との併用でいくべきだろう。また中日戦にカード勝ち越しを決めたチームでは新人近本の働きが目立った。ここはさらに相手に警戒されるような選手に育ててほしい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-04290669-nksports-base
    4/29(月) 19:14配信

    47: 名無しさん@\(^o^)/ 2019/04/29(月) 21:49:58.84 ID:HJPv1US30
    >>1
    ロサリオは迫力あったけど駄目だったぞ

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556533849/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    <野球塾:第3回 真弓明信氏>

    評論家陣による阪神の戦いについての分析・提言や球界全体の話題、問題をプロの視点で語る日刊スポーツ「野球塾」。第3回は、元阪神監督・真弓明信氏(65)が16日からのヤクルト3連戦や4番で苦闘する大山について提言した。【取材・構成=寺尾博和】

      ◇    ◇    ◇

    開幕から2巡目に突入する阪神は、16日からヤクルト、巨人と対戦する。6勝9敗。開幕ダッシュできなかった阪神にとって上位チームとの戦いは、シーズン序盤の踏ん張りどころだ。 わたしにも経験があるが、カード一巡で「見えていたもの」「見えなかったもの」が掌握できてくる。新人は使えるか、期待の選手の成長度は、ベンチワークは? 外国人は? まったく想定していなかったこともでてくる。

    ここからはどのチームも多少のてこ入れをしながら戦いを変えてくる。阪神は開幕カードでヤクルトに2勝1敗、巨人に3連敗だった。今回はビジターの神宮(松山1試合)、ホームの甲子園で、なおさら戦い方が変わってくる。

    前回はヤクルト山田哲を3連戦で2安打、バレンティンを、たった1安打に封じた。しかし、現在ヤクルトの85得点はリーグトップで、青木もいて、その上、ビジターとなれば、眠っていた開幕からは変貌していると踏むべきだろう。

    ヤクルト戦は、先陣のガルシアをはじめ、いかに強力打線を抑えながら投手力を発揮できるか。なんとかカードの「頭」をとりたい。また、巨人戦ではホームで地の利を生かした戦いを繰り出したい。

    阪神は打てない、打てないといわれてきた。確かに打てなかった。一方、2桁失点が3試合も見受けられて投打の歯車が合わなかった。ただ、わたしに言わせれば打つほうは上昇の兆しをみせている。

    やはり「打」のキーになるのは大山だ。タイガースの「4番」が、結果が出ないとやかましくいわれるのは宿命でもある。長打力に乏しいチームで、もっともそのポジションにふさわしい素材であるのも事実で開花が待たれる。

    大山をみていて感じるのは、あまりに後ろに重心を残そうと思いすぎているのではないかという点だ。速いボールには残してもいいし、逆に少し体を移動するというか、突っ込んで打ちにいってもいいと思う。

    わたしは打撃フォームをいじるのは好ましくないと思っているほうだ。それより今の大山はいかに来たボールに対応するか、「反応力」を磨くのが先決。主軸が固まれば戦い方も、ペナントレースの風向きも変わってくる。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-04150390-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    真弓明信氏(65=日刊スポーツ評論家)が7日、阪神の紅白戦を視察し、ドラフト3位ルーキーの木浪聖也内野手(24=ホンダ)に注目した。

       ◇   ◇   ◇

    木浪はインコースの厳しいボールにうまく反応した。前の打席で内角高めを空振り三振していたので、そのイメージも残っていたことに加え、テークバックからのバットの出方がとてもスムーズだから、芯で捉え、本塁打となった。

    面白いルーキーが入ってきた。この試合では三塁に入り、守備機会もほぼなかったが、もともと守備力を評価されてドラフト指名されたと聞く。どのポジションにも対応できることがアピールポイントであるなら、そこに打撃力も加わればいきなり定位置争いというのも十分、ありえる。

    競争をあおる矢野監督にとっても木浪出現は大きいはずだ。競争、競争と言ってもこれまで同じチームで戦ってきた選手間では、一定の評価はできている。新人がこの時期にインパクトを与えてくれたことは真の競争激化を意味する。タイプとしてはいつの間にかポジションをとっていた糸原に近い。遊撃を中心とした内野争いが一気に過熱しそうだ。(日刊スポーツ評論)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474135-nksports-base

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2


    阪神新外国人のオネルキ・ガルシア投手(29=中日)が6日、沖縄・宜野座キャンプで初のブルペン投球を行った。阪神元監督で日刊スポーツ評論家の真弓明信氏(65)が投球をチェック。その期待度を解説した。

       ◇   ◇   ◇

    ガルシアの特徴は動くストレート。初ブルペンということで、この日の投球ではその片りんを見せて終わったが、調整は順調に進んでいるとみていいだろう。昨年、日本で実績を残した左腕だけに、調整面を不安視する必要はない。

    ただ、課題と言われる屋外球場対策は、これから経験を重ねることが必要だ。昨年、ドームで強かった理由のひとつに風の影響を受けない点があったと思う。ある程度、落ち方や曲がり方をコントロールできる部分が優位に働いたはずだ。

    甲子園のように、時に強い風が吹く球場では、ボールが変化し過ぎてリズムを崩すこともある。もちろん、マウンドの高さ、硬さといった部分も大きい。

    もっともマウンドさばきや、投球フォームを見ているとクレバーで器用なタイプと見る。いわばセンスのある投手。甲子園の特徴さえ把握すれば、十分対応できるだろう。(日刊スポーツ評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00473076-nksports-base

    続きを読む

    このページのトップヘ