とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/11/21(水) 11:02:37.62 ID:2eq9Px3Lp
    え、マジ!? 阪神・矢野燿大監督(49)が20日、選手たちに「冬休みの宿題」を出さないことを明言した。 一見、超優しく見えるが、来年2月の春季キャンプでは早期に実戦を行うことも宣言。 2004年、中日監督1年目でリーグ優勝に導いた落合博満氏(64)ばりの静かな圧力-。選手たちよ、手を抜いてたら痛い目にあいまっせ!
    あえて、口を酸っぱくしない。マスコミを介して、伝えることもない。12月以降のオフシーズンは選手に任せる。矢野監督からの宿題は…なし!

    「オフやん。俺ら関わったらアカンやん。『やれ』っていうのはないというか、宿題って楽しくないでしょ(笑)。自主勉強、自主研究の方が楽しいでしょ」 

     首脳陣は選手会との約束で12、1月は指導できない。しかし、金本政権下では11月中に選手たちの課題をあぶり出し、それを克服するためのメニューを手渡してきた。 
    スクワットで「体重×2」の重量を上げるよう若手に指示し、年明けにテストしていた。自分で考えてやる課題ではないだけに、やらされている感は否めなかった。

     だが、矢野政権では宿題はない。自主研究だけ。そう宣言したうえで、指揮官は「(来春は)早い段階で実戦は入れていくよ。 
    紅白戦もやれるような人数を連れて行きたいと思っているし、コーチともそういう話をしている。春はすぐに実戦になる」と宣言。オフの成果を第2クールにも行う実戦でチェックし、開幕に向けて戦力の見極めをしようというわけだ。 
    選手は課題を克服し、伸びしろをつけた状態で春を迎えなければならない。ここも“自ら考え、自ら動く”という矢野流を徹底。やらされるオフよりも、キツい。 

     思い出されるのが2004年の中日だ。落合監督就任1年目。いきなり2月1日に紅白戦をすることを宣言し、選手らに動ける体でキャンプインすることを要求した。 
    結果、リーグ優勝。静かな圧力の効果で選手らはキャンプインにはきちんと仕上がって、おかげで充実のキャンプを送れた。濃密な時間を、そのままシーズンにつなげた。

    3


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000501-sanspo-base

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542765757/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    347: 名無しさん 2018/11/20(火) 05:17:01.62 ID:j2KNoKrs0
    矢野虎に“例外”なし! 阪神・矢野燿大監督(49)が19日、来季のスタメンについて完全白紙を明言した。福留孝介外野手(41)、糸井嘉男外野手(37)の実績十分のベテランコンビにすら当確ランプを灯さない徹底ぶり。

    競争を煽って、煽って、開幕直前まで競わせて、決める。自分で奪い獲ってみろ!! 新監督の熱きメッセージだ。 すっかりお馴染みになった“逆質問”で、矢野監督が報道陣に問いかけてきた。

    「来年のスタメン予想してよ! 誰が当たるか。俺も分からない」

    あくまで白紙、あくまで横一線での競争からレギュラーを争う。常識的には実績十分の福留、糸井は“身分保障”されそうなものだが、新監督はその特権すら、やんわりと否定した。

    「実績と結果は認めるし。尊重するから一番(スタメンに)近いところにはいる。でも、理想は競争の形がチームにとっても、ベテランにとっても刺激になる。今は決めない方がいいなと」 シーズン終盤は左肩腱板の部分損傷で離脱した糸井に関しては「大丈夫じゃないの。鉄人だよ」と強調も、それでもレギュラーをハイどうぞ、というつもりはない。


    3



    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181120/tig18112005030002-n1.html

    引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1542634136/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    858: 名無しさん 2018/11/19(月)17:21:19 ID:dGb
    今季最下位の阪神が18日、高知・安芸での秋季キャンプを打ち上げた。
    チーム再建を託された矢野燿大監督(49)は「90点ぐらい。コーチの人もいろんなアイデアを出してくれたり、選手も皆でこうやっていこうという雰囲気と練習方法でやってこれたのはすごく良かった」と総括。
    金本前監督体制のスパルタ路線から一転し、選手に「何をすべきか」を考えさせる“野球脳”のレベルアップを目指してきたことにも「浸透している」と手応えは十分だった。

     そんな指揮官は、毎年恒例の「キャンプMVP」に投手陣こそ望月、才木、浜地の若手3選手を挙げ、来春キャンプの一軍入りまで約束したほどだったが、野手についてはナゼか「全員」…。

    「絶対聞かれると思って考えてたけど、申し訳ないが、全員だと思っている。来年はどのポジションも誰が出てくるのか楽しみ。短い3週間で結果を求めすぎるのもよくない。
    やれることをしっかりやっている、と(今は)認めてあげることの方が大事。まだここから続く」などと説明した。

    1

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000020-tospoweb-base


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542282668/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/18(日) 06:11:24.19 ID:O0D1pFs60
    <練習試合:阪神15-5韓国・LG>◇17日◇安芸 秋の大収穫祭は怒とうの盗塁ラッシュ!!

    阪神矢野燿大監督(49)が17日、就任後初の対外試合となる韓国・LG戦(安芸)に臨み、大勝を飾った。1回に4盗塁を決めて9点を奪ったほか、その後も走り続け、1試合8盗塁をマーク。今季、2軍監督としてファーム日本一に導いた「超積極野球」を見せつけた。

    大砲候補の中谷&大山が本塁打を放つなど、大技小技満載。秋季キャンプの総仕上げでイキのいいプレーが目立ち、来季に向けて好スタートや!!

    常識破りの猛攻撃こそ、矢野阪神のシンボルだ。新体制の初陣。韓国・LG戦は1回から足攻め連発で、あっさり勝負を決めた。鮮やかな速攻だ。先頭江越が左前打で出塁。2度のけん制で帰塁した直後だ。猛然とダッシュし、悠々と二盗に成功。中前打の高山も初球に仕掛け、再び二盗を決めた。早々に無死二、三塁の好機を築くと猛打爆発。4連打や、さらに中谷の3ランで一気に9点を奪った。 足が生んだ猛攻だ。なんと、初回から1イニング4盗塁。相手投手が19歳の若手とはいえ、威勢のいい攻めっぷりだ。

    ノーサインで戦った矢野監督は平然と言い放った。「あれは普通やで」。さらに続けた。「2軍でやってきているメンバーやし、可能性を広げるために、みんなこうやってやるぞと、今年、2軍でやってきていた」。2軍監督だった今季、ウエスタン・リーグ新記録のチーム163盗塁に導き、ファーム日本一に輝いた。矢野チルドレンが同様の戦法で快勝だ。

    今年、指揮官が言い続けた言葉がある。「当たり前のレベルを上げよう」。アイツが走れるなら俺も走れる。心のリミッターを外し、相乗効果が盗塁ラッシュにつなげた。2回以降も攻め手を緩めず、1試合8盗塁。指揮官が褒めちぎったのは6回2死でディレードスチールを決めた一塁走者熊谷だ。「警戒されているなかで、どこで走るかをずっと見ていた。マークされたなかで、ああいう手段もある。あれをやっと。シーズンでもあまりできていなかった」と成長を認めた。


    3


    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811180000311.html

    3: 名無しさん 2018/11/18(日) 06:12:39.24 ID:hLXXC/v7M
    ノーサインで8盗塁全成功wwwwwwwww

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542489084/

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2018/11/18(日) 06:09:46.38 ID:BnbJeAvLp
    「練習試合、阪神15-5LGツインズ」(17日、安芸市営球場)

    阪神が17日、安芸市営球場で韓国・LGツインズと練習試合を行い、15-5で勝利した。矢野燿大監督(49)にとっては1軍で初の対外試合となった中、初陣から「超積極的」な野球を披露しての大勝発進だ。
    ノーサインでも初回から選手個々の判断による4盗塁を絡めて一挙9得点を記録するなど、鮮やかな攻撃でファンの声援に応えた。18日のキャンプ最終日を前に、「矢野イズム」の浸透が見て取れた充実の船出となった。

    2軍監督時代からの継続であり、キャンプで改めて訴えたイズムは、見事に浸透されていた。初の対外試合の初回からいきなり足を絡めた9得点。
    矢野監督も「今年2軍でやってきたことができているかなと思う」と合格点を与えた戦いに、ファンも拍手喝采で盛り上がった。快晴の安芸で「超積極的」な矢野野球が披露された。

    「2軍でもずっと言ってきてた。『当たり前のレベルを上げような』と。サイン出な走れへんで、というところから、このピッチャー走れますやんとか、走れますよというのが、今の選手の当たり前の基準がグッと上がっているから」

    予告通りのノーサインの中、選手それぞれが個々の考えで躍動した。スキあらば走る。失敗を恐れず自身の判断で次の塁を狙う。初回、先頭の江越の左前打でスイッチオン。
    すぐに二盗を決め、続く高山も中前打から二盗に成功。その後大山、植田も二盗成功で初回に4盗塁を記録した。

    二回以降は熊谷が2つと、島田と植田も決め、この日の盗塁数は矢野監督の背番号88のように8度試みて8度成功。「みんなの中でこれやったらオレは走れるというのはだいぶ分かってきてくれたと思うから」。
    15安打15得点。安打の積み重ねに、足も絡めた攻撃に観客の心も躍る。期待は数字にも表れている。

    この日4300人の観客が集まったことで、最終日を残して、観客数の総数が昨年の秋季キャンプ(今年と同じ18日間)の2万6300人を抜き、2万6600人に。細かなファンサービスも実り、ファンの心もわしづかみの好発進だ。

    「相手にはちょっとアレだけど、あれぐらいのクイックとかタイミングだったら走るよというのは今の選手は持ち合わせているから、狙ったわけでないけど163個やったっけ?ウエスタン記録を塗り替えたと思う」

    個々の意識改革が実った結果のウエスタン記録。「(今日は)いいところは多かったんじゃない?(多くて)忘れたわ」。表情に充実の笑みが浮かぶ。個々の成長が結集すれば大きな夢につながる。18日で充実の秋季キャンプ打ち上げ。来季への確かな光が見えた。

    1


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000015-dal-base

    2: 風吹けば名無し 2018/11/18(日) 06:11:03.22 ID:VH49IZBIa
    阪神が一番強い時期やね

    引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542488986/

    続きを読む

    このページのトップヘ