とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    矢野阪神が秋の収穫を手に、3年目となる来季に備えていく。秋季練習最終日。矢野燿大監督(51)は「若い選手がフェニックスに行っていますけど、中堅というか、そういう選手が残って、みんな課題をしっかり持ってやってくれました。いい練習ができました。来年に向けて楽しみな感じに全体的になっている」と総括した。

    今季も両リーグワーストの85失策を記録。この秋は投内連係や送球を含めた守備面に重点を置いた。指揮官は「チームとしてもエラーが多かったことで、午前中はだいたい守備でやってきた。実戦的なことはメンバー的にもできないので、ちょっと打撃フォームを変えるとか、そういうことはそれぞれできたと思う」。主力陣の打撃面でも、成長への手応えがある。

    来春キャンプでは第1クールからシート打撃や紅白戦などの実戦形式のメニューを組み込む予定。「(投手であれば)キャンプに入った時から試合で投げられる状態で来てもらわないと困る。『よーいドン』でふるいにかけていかないといけない」。キャンプインと同時に開幕する激しいチーム内バトルを、悲願Vへの助走とする。【松井周治】




    今日の阪神タイガース。
    「矢野監督「できたと思う」失策ワーストの守備手応え」
    ほんとですか⁉️
    とりあえず、ではなく。
    "手応え"ですかい。
    エラーもそうだが、外野の肩も鍛えてもらいたい。
    みんな肩弱すぎ。
    あと近本以外足遅いし、かなりハンデ。外野何とかしなきゃ。
    #阪神タイガース
    #矢野監督



    守備力向上、がこの秋のテーマでした。

    矢野阪神「できたと思う」失策ワーストの守備手応え  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011290000960.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神の矢野燿大監督(51)が29日、来春キャンプは第1クールから実戦形式の練習を行う計画を明らかにした。「紅白になるのか、シート(打撃)の形になるのかは分からないけど、第1クールから入れていくつもり」と話し、選手には逆算した調整を求めた。

     今秋ドラフトでは、ドラフト1位・佐藤輝(近大)ら即戦力を獲得。レギュラーが決まっていないポジションも多いため、来春は早い段階から選手を見極める方針だ。

     「ヨーイドンでふるいにかけていかないといけない。こっちとしては良ければ使うし、競争はより激しくなる」。テーマに掲げてきた「自主性」はチームに浸透しているが、選手は今まで以上に自覚が求められるオフとなる。




    レベルアップのためには、チーム内の競争が必要不可欠です。

    阪神 来春キャンプ第1クールから実戦形式練習へ 矢野監督「競争はより激しくなる」/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/11/30/0013902505.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は29日、来季からチームキャプテンに大山悠輔内野手(25)、投手キャプテンに岩貞祐太投手(29)が就任すると発表した。大山は今季打撃3部門でキャリアハイの成績を残し、名実ともにチームの中心選手に成長を遂げた。新主将の自覚と責任感を口にし、チームの勝敗を背負うと力強く所信表明した。

     猛虎を背負う決意を固めていた男に驚きはなかった。主将は小学6年生時に務めて以来、15年ぶり。新たに「チームキャプテン」に就く大山はキリリと表情を引き締めた。

     「プロの世界でキャプテンというのはやろうと思ってもできないですし、そういうところを任せてもらったのは意気に感じてやっていきたい。チームの勝敗を全て背負うというか、そういうような覚悟と責任感、今年以上にもっともっと強く持ってやっていきたいなと思っています」

     普段通り冷静な口調も、言葉は熱くほとばしった。28日に矢野監督から直々に新主将の指名を受け、この日の練習開始前、ナインの円陣で発表された。来季はプロ5年目、27歳のシーズン。チーム内での年齢、立場を見ても機は熟している。

     「やっぱり福留さんであったり、ベテランの方がいた時は最終的に頼っていた部分があったと思う。来年からは頼れない。自分たちの世代が引っ張っていかないといけない。カバーし合いながら、チームを強くするためにはどうしたらいいか考えてやっていきたい」

     昨年の鳥谷に続いて今年は福留、能見、藤川が抜け、チームは転換期にある。大山の世代は近本、木浪、藤浪ら主力選手が顔をそろえる。大山自身、今季116試合に出場し、打率・288、28本塁打、85打点。開幕ベンチから4番の座を奪い、矢野監督の信頼を不動のものとした。

     指揮官は「ノーはないぞ、やるぞ」と主将を託したという。「苦しい時にキャプテンというところが重荷になることもあるけど、逆にそれがあるから悠輔自身も成長できると思う」。来季も4番の筆頭候補だ。チームの軸として、さらなる成長に期待している。

     「来年のスタートは始まっている。オフに入るのでここからは自分自身やるしかない。(キャンプインの)2月1日、すぐにできるように気持ちを入れ替えてやっていきたいと思います」

     甲子園での秋季練習を終えた新主将の言葉が頼もしい。来季は名実ともに虎の顔になる。




    【決意】大山 新キャプテン就任「全責任を背負う」スポニチ虎報

    大山くんかわいいね🎵
    左胸にCのユニフォームが楽しみ😊

     https://sponichi.page.link/news  pic.twitter.com/hDJQsafznC



    大山が新キャプテン、ちょっとビックリ。
    けれどもこれからは91年生まれの梅野世代から、94年
    の大山、藤浪、近本世代がタイガースの中心。
    4番を守ることも大事だしいろいろあるかもやけど、
    重圧を感じることなくこなしていってくれるといいな😊


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は29日、15日から甲子園球場で行っていた秋季練習を打ち上げた。来季が契約最終年の就任3年目となる矢野監督は手応えを口にした。

     「若い選手がフェニックスに行っていますけど、中堅というか、そういう選手が残ってみんな課題をしっかり持ってやってくれましたし、いい練習ができました」

     2年連続で12球団ワーストの失策数を記録しているだけに「チームとしてもちろんエラーが多かったということで、午前中はだいたい守備でやるということをやってきた」と守備力強化に重きを置いた。

     手締め後の午後からは、全員参加で異例の「甲子園大掃除」を実施予定。「学校じゃないけど。汚れている部分もあるんでね。そういうところをみんなでキレイにして。何か掃除したら気持ちもスッキリするやん。1年間、お世話になった場所なんでね」と本拠地への感謝の気持ちを強調した。




    今日の秋季練習終了後、選手・監督・コーチ・スタッフで毎日使ってきたロッカーやブルペン、室内練習場、通路などを感謝の気持ちを込めて大掃除をしました。 https://t.co/PBsEfFgpH9



    @TigersDreamlink 皆さん🐯大掃除お疲れ様でした🐯 寒さとコロナ流行中…体調にはお気をつけ下さい🍀


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     「阪神秋季練習」(28日、甲子園球場)

     阪神の矢野燿大監督(51)が28日、『左腕ストッパーもあり』という考えを示した。長年抑えを務めてきた藤川が引退し、今季のセーブ王・スアレスの残留も微妙な状況。新外国人などの補強がうまく進まなかった場合には、岩崎、岩貞ら左腕に、守護神を任せる可能性が出てきた。

     スアレスが保有者名簿から外れ、交渉の長期化は避けられない状況。メジャーの複数球団が調査を進めており、流出を食い止められるかは微妙だ。「計算通りにいくっていうのもなかなか少ないから、ある程度人数っていうのは必要」。指揮官は外国人最多8人で開幕を迎えた今季同様の助っ人補強を球団に希望していることを示唆したが、世界中がコロナ禍に見舞われている状況で、それもうまく進むか分からない。

     来季の守護神は?そんな虎党の不安に矢野監督は一つの考えを示した。ストッパーは右腕が務めることが多いが、「固定観念はないよ、全然。岩瀬(元中日)もやってたし、大野さん(元広島)もやってたし。別に左がダメってことは何もない」と力説した。

     そこで浮上するのが岩崎だ。4年続けて40試合以上に登板。「中継ぎとして絶対的な地位を築いた」と絶大な信頼を寄せているだけに、セットアッパーから転換させる可能性は大いにある。

     岩貞も候補の一人だが「考え方としては、いる選手の中でどうするかが一番大事」と矢野監督。スアレスがいなくなり、補強がうまくいかなかった場合でも柔軟に“適材適所”でピースを埋めていく。




    スアレスが退団になるなら、藤浪の守護神を見てみたいけど、先発かな。 阪神・岩崎が守護神も 矢野監督、スアレス残留微妙で“有事の備え”(デイリースポーツ) #Yahooニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/328959acefd91c2ec3328d9dfacc936e934c0a1e 



    スアレス退団したら岩崎が守護神で、枚数減った左の中継ぎに石井将希が入って覚醒。それが見たい。スアレス残留報道の方が断然見たいけど。


    続きを読む

    このページのトップヘ