とらほー速報

プロ野球・主に阪神タイガースがメインです。 オープン2ちゃんねるやツイッターやニュースサイトよりまとめてます

    矢野監督

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神は29日、藤浪晋太郎投手(26)が遅刻により、2軍再調整になったことを発表した。矢野監督は藤浪に関して「チームとしてひとつになろうとしているときにね。自分を見つめ直してほしい」とコメント。前日28日10時半からの練習に遅れ、グラウンドに出ることを許可されなかったという。

     矢野監督は「人なんでミスもあるし、失敗というか何かよくないこともあると思うんだけど、時間というのはみんなの信頼を失うことになってしまう」と説明。続けて「これが初めてじゃないんで。そういうところの野球人の前にやはり、社会人として、人とのつながりということを考えるとそういう判断をした」と語った。

     藤浪は3月26日にPCR検査で陽性と判定され、新型コロナウイルス感染が判明。入院、自宅待機を経て以降は、2軍施設の鳴尾浜で調整していた。今月19日から甲子園球場での全体練習に合流。24日にはシート打撃に登板すると、4者連続三振を奪うなど好調をアピールしていた。

     指揮官は本人とも話をしたという。「本人ももちろん反省している。だけど、これが初めてじゃないという部分で。あいつ自身が変わらないとダメな部分もある」と猛省を促し、再合流などの時期を含めた今後については「晋太郎が戻ってきてもひとつになれるであろうとなるんであれば戻るだろうし。時間がどれくらいというのは俺にも分からない」と語った。




    藤浪、遅刻が初めてじゃないってもう何らかの病気。 pic.twitter.com/UNWMoyqjAt



    遅刻常習犯ならプロ野球選手でも素行不良かもしれないな これが普通の会社ならなおさら非常識扱いされるわ



    藤浪さん。遅刻はアカンよ‼️😅 二軍行きは厳しいけど、でもこれは矢野監督の判断が正しい‼️😄 しっかりと自分を見つめ直しながら、コンディションを整えて、開幕後の一軍での勝利🐯に繋がる素晴らしいピッチングを魅せてくれれば、ウチ等は大丈夫やから‼️😄 #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル  https://twitter.com/livedoornews/status/1266261743128510464 


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     阪神が29日に甲子園で紅白戦を実施する。久々の“実戦”を翌日に控えた28日、矢野燿大監督(51)が球団広報を通じて代表取材に応じ、各選手の心身における現状把握を一番のポイントに挙げた。また「試合になれば勝手に出てくる部分もある」と、6月2日から始まる練習試合での“矢野ガッツ”を予告。レギュラー争いを演じる選手に負けじと、開幕へ向けて指揮官も熱くなる。

     いよいよ本格的なレギュラー争いが火ぶたを切る。コロナ禍の影響で休止期間、自主練期間、そして集合練習とステップを踏んで強度を上げてきた阪神の練習が、紅白戦実施の段階まで来た。

     「この時期に野球(の試合)をやっていないということだけでも変わったことなんで…。違和感はありますけど、紅白戦をできるところまで来たっていうところではうれしく思っています」

     通常ならシーズン真っ盛り、交流戦が始まっていたはずの5月末に行われる紅白戦。指揮官は戸惑いを感じつつも、開幕へと一歩ずつ動きだしている現状に喜びをかみしめる。

     久々に行われる実戦でのチェックポイントは、まず選手の現状を把握すること。「みんなの状態、また意識っていうのが試合形式になるとより見える。現状把握っていうところが一番僕の中のポイントかなと思っています」と体調面はもちろんのこと、前例のない期間を過ごしてきた選手の精神面の状態もつかんでいく。

     試合が始まっていくと、自然と矢野監督のテンションも上がっていきそうだ。「打者が打ち過ぎても投手陣が気になるし、投手が抑え過ぎても気になるし…紅白って難しい」。味方同士で行う紅白戦で飛び出すことはないかもしれないが、「試合になればみんなと一緒に戦う気持ちは勝手にあふれ出てくると思う。自分が一番楽しんでやるという思いでグラウンドに立ちます」と6月2日から始まる練習試合からいきなり“矢野ガッツ”が解禁されるかもしれない。

     敵地でのGT戦となる6・19開幕まで、あと3週間。「(2軍にいる選手も)チャンスは十分にある。はい上がってきてほしいなと思います」。思わず監督も熱くなるような、激しいアピール合戦が繰り広げられることを期待している。




    楽しいところに 楽しい人が集まってくる 矢野ガッツに 楽しい話題が集まってくる!



    『矢野ガッツ』早く見たいですね! 阪神・矢野監督 29日紅白戦で現状チェック 待望の実戦へ“矢野ガッツ”予告/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/05/29/0013378891.shtml  @Daily_Onlineより


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


     セ・リーグ公式戦のタイトルパートナー・株式会社JERAとセ6球団は28日、開幕日が6月19日に決まったことを受け、「セ・リーグ6球団監督のテレビ電話会議」の第2弾を動画配信した。

     巨人・原辰徳監督、DeNA・アレックス・ラミレス監督、阪神・矢野燿大監督、広島・佐々岡真司監督、中日・与田剛監督、ヤクルト・高津臣吾監督がテレビ電話会議で集結。撮影は全ての行程がテレビ会議アプリによるリモートで行われた。

     ラミレス監督が「優勝します!」と宣言すれば、矢野監督が“矢野ガッツ”とともに「こっちの台詞です」と返す。与田監督の「みんな、準備はいいか?」との呼びかけには、原監督が「とっくにできているぜ」と力強く答える内容となっている。


    セ・リーグ特設サイト





    セ・リーグ公式戦タイトルパートナー・株式会社JERAとセ・リーグ6球団は、6人の監督が満を持してのメッセージを発し合うスペシャル動画「セ・リーグ6球団監督のテレビ電話会議」第2弾を発信いたします。  http://npb.jp/news/detail/20200528_01.html  #EnergyForTomorrow #JERAセ・リーグ #6球団監督のテレビ電話会議 #NPB https://t.co/nAadrmejho



    @npb @TigersDreamlink 矢野ちゃん我がタイガースを優勝させて御堂筋パレードしてや〜🙌



    @npb @TigersDreamlink 矢野監督 バンザイ🙌 タイガース バンザイ🙌


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


    阪神矢野燿大監督が練習試合全てでDH制を使う可能性を示した。「現状の予定では最後の3試合くらいだけ、投手が(打席に)立ってやっていこうかなと思っています」。

    現状では終盤の数試合でシーズン同様に投手を打席に立たせる予定だが、野手の状況によっては臨機応変にDH制も継続する方向。「もう少し野手が打席に立ちたいというのがあれば、DHで最後までいくというのも考えています」と、打席数確保を優先する考えも話した。




    阪神だけDH制、ありありのあり それくらいのハンデ欲しい打線()



    阪神だけDH制にしたら解決するぞ


    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2


     阪神の矢野燿大監督(51)が27日、球団を通して取材対応し、今季の象徴の一つ「2番・近本」プランを継続することを明かした。6月2日から14日までの練習試合の日程も発表され、近日中には紅白戦も実施される見込み。万全の準備で6・19へ向かい、開幕ダッシュをめざす。

     攻撃的な打順を組む――。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕は当初の3・20から6・19日へ大幅に延期となっているが、阪神・矢野監督の打線構想にブレはない。球団を通して不変の決意を示した。

     「現状は2番・近本にしたいなと思っています。シーズンが進む中で変わっていくのは、もちろんある。ただ、今の段階ではそれでやっていきたいと思っている」

     指揮官の肝いりのプラン。理想と描く打順を今の時点で変更するつもりはない。近本は入団1年目の昨季は主に1番でリーグの新人記録を更新する159安打を放ち、タイトル奪取となる36盗塁を決めた。今季もそのまま1番でも機能はするだろうが、より発展させるために今季は2番に指名。すでに実戦18試合で先発出場して54打数16安打(・296)、3本塁打、11打点と、打順が一つ下がっても一定以上の手応えは得ていた。

     開幕が約3か月遅れたことで、今季の試合数も予定されていた143試合から120に減少。矢野監督は「(どこがヤマ場というよりも)1試合1試合、全力を尽くして戦っていくのが基本的な考え方。でも、120に減ったということは、より開幕ダッシュをしたいのはどこも思うこと」と1試合の重みをより大きく感じ、開幕ダッシュ失敗が致命傷にもなる可能性を覚悟もしていた。

     同じく球団を通じて対応した井上打撃コーチも同調する。「矢野監督の中では決意していると思うので、そこについてあれこれ提言するつもりは今のところないかな。基本的に2番・近本が軸になっていく」

     6月2日から4カード12試合の練習試合も正式に発表され、さらに近日中には紅白戦も実施される見込み。基本的に全ポジション競争を打ち出している矢野監督だが、改めて明言した「2番・近本」は残された準備期間で動かすつもりはない。(山本 浩之)




    今日の報知新聞の一面に.. 開幕戦予想オーダーというものが載っていた🙄 巨人寄りの報知新聞のため、これが正しいかどうかは不明。 1番糸井 2番近本 3番マルテ 4番ボーア 5番福留 6番梅野 7番糸原 8番木浪 投手西勇輝 糸井さん1番。理想ではあるけれど。 3番が5番は大山君でも良し🙂 pic.twitter.com/wigL8yJlDb



    @Taka87395102 北條くんは 勝負強いしバントもうまいから 控え的役割になっちゃうのかな(^_^;) ここぞとゆう場面に登場みたいな


    続きを読む